人気ブログランキング |

ライゼ通信 

iepro.exblog.jp

<   2019年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

住民が守り残す原風景

熊本市内の繁華街に産まれ育った私には、故郷の原風景は残っていない。
家創りの仕事に25年間、関わってきて思う事。
壊して建てる!は歴史も壊す。
バブル時期に、街中もどんどんビルが建ち、そして、人の暮らしも変わった。
でも、唐人町界隈には、まだ少しの原風景が残っている。
町家が残っている。これが嬉しいし、魅かれる場所なのだ。
住民が守り残す原風景_a0156611_15115596.jpg
先ほど、熊本まちなみトラストの冨士川さんが持参されたチラシを眺めて思う。
私に出来る事は何か?
ひとつは、西村邸の管理人として、守り活かすこと。
そして、地域のイベントで出来るお手伝い。
少子高齢化が進むまちなかの暮らしの中で
原風景を守る。。。

by iepro | 2019-07-26 15:16 | 想い

書を飾る暮らし

熊本の女性書道家、稲田春逕さんの書。
古代文字の「虹」
書を飾る暮らし_a0156611_14360602.jpg
実際のサイズは50センチ角くらい。
最近の住宅事情は、壁面が少ない。
自宅に大きな絵やアートを飾るスペースは少ないはず。
あったとしても、何万もする書を飾るか?!

私は、個人的に彼女の書が好きで、店という大空間があるので飾れる。
では、身近に書を飾る、感じるものとして
虹の文字と詩人の英文をデザインして
和タオルをつくるお手伝いをしました。
器季家で販売しています。



by iepro | 2019-07-24 14:45 | コーディネート

熊本いきなり団子屋の器

器季家の器は陶芸家の器が大好きの器
季は、季節の美味しいもの美しいのもが好きの季
家は町家の管理人の家
で、器季家(ききや)
30年以上集めてきた器たちも熊本地震でかなり割れた。
残った器は、惜しみなく使う事に。
熊本いきなり団子を一個カフェで食べる方に使うお皿も
作家の器で。
贅沢なおもてなしの町家カフェです。

熊本いきなり団子屋の器_a0156611_17165572.jpg

by iepro | 2019-07-20 17:17 | コーディネート

アジサイの季節

アジサイの季節_a0156611_12412527.jpg
梅雨ももすぐ終わります。
終わって欲しいです。
奇麗に咲いてくれたアジサイもドライフラワーに。


by iepro | 2019-07-19 12:43 | コーディネート

やちむんのかたち

沖縄に行くたびに、やちむん工房を探して訪問する。
伝統民芸スタイルを貫く人
陶芸家として、新しいかたちを求めて土と向かい合う人。
想いはそれぞれ。
どちらにも魅かれる。
進化しているかたちに。
やちむんのかたち_a0156611_13301484.jpg

by iepro | 2019-07-18 13:24 | ひと

売れるものをつくるか!つくりたいものをつくるか!

長い間、ものづくりの作家さんと付き合ってくると、こちらまで胸が痛くなることがある。
創りたいものが評価されない時、売れない時。
作家、芸術家、アーティスト、表現者・・・。

消費者、一般大衆に媚びて合わせて生業を続ける。

私は、作家でもなくアーティストでもない。
でも、媚びてる作家に魅力は感じない。

もがき、苦しみ、葛藤しながら、カタチをつくる。
その過程を見守りながら、もし私自身がその作品や生きざまに魅かれたら
とことん、応援したい。

なので、
私も、そろばん勘定で動かない。




by iepro | 2019-07-17 19:22 | 想い

つくるdeつなぐ!は不動です。

つくるdeつなぐ!は不動です。_a0156611_12381905.jpg
つくるdeつなぐ!は不動です。_a0156611_12360963.jpg
好きな作家、好きな器を紹介する!
この気持ちは、一件目のショップをオープンした34年前と同じ。

熊本地震で、店も自宅も被災して、この3年間は少々気持ちが落ち着かない日々でした。
が、創作プロデュースをしたい!の気持ちは不動でした。

ライゼとは、スペイン語で「根」
私の心根を意味します。
本物、手仕事、風土、伝統、色々心惹かれるものを未来、来世までつなぐ!の気持ちで。
また再スタートです。

by iepro | 2019-07-13 13:12 | プロデュース