くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

住まいは暮らし人に合わせて!

これからの時代は「住まい」に関しても、
少子高齢化が本当に深刻な問題になります。

家を新築しても20年後住む子供がそばにいないかも。
高齢者の住人が施設に入り、空き家となった家の活用法。
壊して新しく!より、中古住宅を減築などのリノベーションをする。
60代からの暮らし方に合わせた住まい選びは?

私は、「暮らし人」の年齢、家族環境、資産などをお聞きして「住いの選び方」のご相談にお答えしています。

熊本地震で家が全壊し、今後の暮らし方のご相談をされた方へアドバイス。

子供さんも自立したひとり暮らしの男性。
60歳。
家を建て直しても、誰かがその家を継いで守ってくれる確信は無し。
ということでした。

そこで、「マンションを買いませんか?!」の提案。

これからのシニア世代は、「自立した快適な暮らし」が必須。

親の介護は子供に、経済的にも精神的にも肉体的にも負担。

私も同じ環境だったので、話は弾みました。

そこでマンションをどう選ぶか、新築か?中古をリノベーションして住むか?

色々な諸条件を考慮して、かなり利便性の良い場所にもうすぐ完成する分譲マンションを選ばれました。
不動産資産価値の高い場所に
設計、建築の性能評価も第三者機関に受けた施工のマンションです。

10年先頃、自分の体調と相談しながらサポート付きのシニアマンションに入居することも考えて、貸す時、高い家賃設定ができるマンション。

まだ現役で仕事をされているので、ローンを組んだり保険の見直しからのサポートをしています。
室内のカーラ―セレクトからインテリア家具の選び方まで。
a0156611_11112318.jpg

マンションは「買う!」ですね。
購入までの時間が早い!

戸建ての家づくりとは全く異なり、あっという間に進んでいきます。

どこで、どんな暮らしをしていくか?!
世代によって考え方は違ってきますね。

ひとりとふたりとみんなと。

私の仕事は
「これからの人生を、どう楽しく暮らしていきたいですか?」
の質問からスタートする、

「住まいりんぐサポート」です。
[PR]
# by iepro | 2017-03-07 11:16 | プロデュース

ログハウスのリノベーション

中古のログハウスを購入して、ご夫妻で手を入れながらご家族四人で楽しく暮らすM邸外観。
a0156611_9554698.jpg

見た目は2階建。
実際は地下室もあり、離れの小屋もあるのです。
仕事、子育ての合間に、奥様が作ったもの。
a0156611_956591.jpg

可愛いワンちゃんの部屋。ワイルド!
a0156611_9574310.jpg

何でもトライしてみたい!ご夫妻ですが、
a0156611_10474026.jpg

ガレージと、収納スペースと地下室と小屋に関しては、専門家に相談したいということで、伺いました。
a0156611_10252880.jpg

熊本地震の影響は、なかった場所です。
日々の暮らしを更に楽しくする、ログハウスのリノベーション。
a0156611_1026538.jpg

ご夫妻と趣味や嗜好が近いアルキデザインの宮崎さんに、設計デザインのご相談を受けてもらうことにしました。
a0156611_10282286.jpg


薪ストーブをみると、南阿蘇の山小屋を思い出します。
只今、私は被災して市内のみなし仮設アパートに住んでいます。
今年の梅雨と台風の通過後のようすをみて、またぼちぼち山暮らしの計画を立てたいな!と、
楽しく田舎暮らしをされているMご夫妻とお話しして思いました。
[PR]
# by iepro | 2017-03-06 10:45 | 打合せ風景

床の間風の飾りつけ

我が家は、床の間がありません。
なので、
季節の飾りは、楽しい工夫が必要です。

色々なサイズの高台盆が、活躍します。
解体する納屋から出てきた小さな高台盆は、捨てられる運命から、我が家へ。
a0156611_110283.jpg

「雪月花」の掛け軸は自分で書きました。
書道家稲田さんの指導で。

もう春の掛け軸に変えないといけませんね。

苔玉と、ガラスのひな人形。
渋いです。
a0156611_1122780.jpg

陶芸家味府さんの器。
塩田さんのステンドグラスの鳥。酉年にちなんで。
a0156611_114036.jpg

北海道旅行の時、小樽のガラス工房で購入した、可愛いひな人形。

我が家は、2月の中旬から3月末まで、ひな人形をあちこちに飾っています。

「春よ来い!」の床の間風の飾りつけ。

おとなになっても、楽しく!は大事。
[PR]
# by iepro | 2017-03-02 11:06 | コーディネート

シニアのひとり暮らし・平屋のリノベーション(クロス選び)

リノベーションの仕上げに入っていきます。
a0156611_721589.jpg

男性一人暮らしの平屋の家。
娘さんが、いつも一緒に打ち合わせに来て下さいます。
心強いですね。
a0156611_7232627.jpg

洗面所とトイレの床は掃除しやすい素材で。
a0156611_7243888.jpg

トイレの空間は、少々遊び心がある色でも楽しいはず。
a0156611_7291311.jpg

照明計画も最終確認。
a0156611_7382293.jpg

費用と効果。
リノベーションは新築と違って、施工しながら気になる部分が増えてきます。
ちょっと、ちょっとの追加が大きな金額になるので、楽しみながら冷静にもの選びをしていくのがポイントです。
[PR]
# by iepro | 2017-02-28 07:41 | 建築日和

家創り打ち合わせ、集中力は一時間!!!

三人のお子さん同伴の打ち合わせ。
ママは集中できません。

ご家族が、打ち合わせに集中できる時間は一時間位です。
a0156611_10323581.jpg

ご両親は、設計者の説明を聞く時間。
a0156611_1033175.jpg

お子さん達は、ママとパパを待つ時間。
そして、やっと打ち合わせが終わり、おもちゃのかたずけタイム。
ひとりでかたずけているのは、長女のお姉ちゃん。
a0156611_10343822.jpg

弟君をおんぶしたり、妹とケンカしても我慢している様子を、ば~ばはちゃんと見ていましたよ。
「お姉ちゃんが一番偉いね。良く頑張るね」
と、しっかり誉めました。

私の年齢になると、「家づくり」で色々な事を考えます。

家のデザインや広さや金額、設備機器や暮らしに必要なもの。

設計者や施工者の皆さんも、プロとしてカタチをつくり上げて下さいます。

そこで、私が大切にしていることは「家族の笑顔」です。

家族の誰かにとって、良い家でも、他の誰かにとって不自由な家では残念。

プロがお手伝い出来る家創りと、家族が「笑顔の暮らし」をつくる家。

どちらも大切です。

これから、お子さん達が成長していく家。

おおらかに、健やかに笑顔の絶えない「G家」創り。

ご家族の皆さんが、協力していくこともたくさん出てきますね。


次回は、重要な施工見積もり金額の説明になります。

集中力一時間を、お子さん達と、どう過ごすか?

私も作戦を立てて挑みます。^0^
[PR]
# by iepro | 2017-02-26 10:47 | 打合せ風景