くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

ログハウスのリノベーション

中古のログハウスを購入して、ご夫妻で手を入れながらご家族四人で楽しく暮らすM邸外観。
a0156611_9554698.jpg

見た目は2階建。
実際は地下室もあり、離れの小屋もあるのです。
仕事、子育ての合間に、奥様が作ったもの。
a0156611_956591.jpg

可愛いワンちゃんの部屋。ワイルド!
a0156611_9574310.jpg

何でもトライしてみたい!ご夫妻ですが、
a0156611_10474026.jpg

ガレージと、収納スペースと地下室と小屋に関しては、専門家に相談したいということで、伺いました。
a0156611_10252880.jpg

熊本地震の影響は、なかった場所です。
日々の暮らしを更に楽しくする、ログハウスのリノベーション。
a0156611_1026538.jpg

ご夫妻と趣味や嗜好が近いアルキデザインの宮崎さんに、設計デザインのご相談を受けてもらうことにしました。
a0156611_10282286.jpg


薪ストーブをみると、南阿蘇の山小屋を思い出します。
只今、私は被災して市内のみなし仮設アパートに住んでいます。
今年の梅雨と台風の通過後のようすをみて、またぼちぼち山暮らしの計画を立てたいな!と、
楽しく田舎暮らしをされているMご夫妻とお話しして思いました。
[PR]
# by iepro | 2017-03-06 10:45 | 打合せ風景

床の間風の飾りつけ

我が家は、床の間がありません。
なので、
季節の飾りは、楽しい工夫が必要です。

色々なサイズの高台盆が、活躍します。
解体する納屋から出てきた小さな高台盆は、捨てられる運命から、我が家へ。
a0156611_110283.jpg

「雪月花」の掛け軸は自分で書きました。
書道家稲田さんの指導で。

もう春の掛け軸に変えないといけませんね。

苔玉と、ガラスのひな人形。
渋いです。
a0156611_1122780.jpg

陶芸家味府さんの器。
塩田さんのステンドグラスの鳥。酉年にちなんで。
a0156611_114036.jpg

北海道旅行の時、小樽のガラス工房で購入した、可愛いひな人形。

我が家は、2月の中旬から3月末まで、ひな人形をあちこちに飾っています。

「春よ来い!」の床の間風の飾りつけ。

おとなになっても、楽しく!は大事。
[PR]
# by iepro | 2017-03-02 11:06 | コーディネート

シニアのひとり暮らし・平屋のリノベーション(クロス選び)

リノベーションの仕上げに入っていきます。
a0156611_721589.jpg

男性一人暮らしの平屋の家。
娘さんが、いつも一緒に打ち合わせに来て下さいます。
心強いですね。
a0156611_7232627.jpg

洗面所とトイレの床は掃除しやすい素材で。
a0156611_7243888.jpg

トイレの空間は、少々遊び心がある色でも楽しいはず。
a0156611_7291311.jpg

照明計画も最終確認。
a0156611_7382293.jpg

費用と効果。
リノベーションは新築と違って、施工しながら気になる部分が増えてきます。
ちょっと、ちょっとの追加が大きな金額になるので、楽しみながら冷静にもの選びをしていくのがポイントです。
[PR]
# by iepro | 2017-02-28 07:41 | 建築日和

家創り打ち合わせ、集中力は一時間!!!

三人のお子さん同伴の打ち合わせ。
ママは集中できません。

ご家族が、打ち合わせに集中できる時間は一時間位です。
a0156611_10323581.jpg

ご両親は、設計者の説明を聞く時間。
a0156611_1033175.jpg

お子さん達は、ママとパパを待つ時間。
そして、やっと打ち合わせが終わり、おもちゃのかたずけタイム。
ひとりでかたずけているのは、長女のお姉ちゃん。
a0156611_10343822.jpg

弟君をおんぶしたり、妹とケンカしても我慢している様子を、ば~ばはちゃんと見ていましたよ。
「お姉ちゃんが一番偉いね。良く頑張るね」
と、しっかり誉めました。

私の年齢になると、「家づくり」で色々な事を考えます。

家のデザインや広さや金額、設備機器や暮らしに必要なもの。

設計者や施工者の皆さんも、プロとしてカタチをつくり上げて下さいます。

そこで、私が大切にしていることは「家族の笑顔」です。

家族の誰かにとって、良い家でも、他の誰かにとって不自由な家では残念。

プロがお手伝い出来る家創りと、家族が「笑顔の暮らし」をつくる家。

どちらも大切です。

これから、お子さん達が成長していく家。

おおらかに、健やかに笑顔の絶えない「G家」創り。

ご家族の皆さんが、協力していくこともたくさん出てきますね。


次回は、重要な施工見積もり金額の説明になります。

集中力一時間を、お子さん達と、どう過ごすか?

私も作戦を立てて挑みます。^0^
[PR]
# by iepro | 2017-02-26 10:47 | 打合せ風景

そらくの小屋・照明配線の打ち合わせ

昨年の暮れに誕生したN家の第一子の女の子、Kちゃん。
a0156611_23541951.jpg

Kちゃんは、パパとママの良い所を受け継いだようです。日本美人さんです。
今日は奥様のご実家でお留守番。
後のひな人形は、ご実家の蔵の2階にずっと眠っていたそうです。
娘さん達が成人してからはずっと。
立派ですね。
お孫さんの誕生を喜び、ご両親が飾りつけしている様子が想像できます。

そして、ご実家から車で5分の場所にあるN邸現場。
今日は打ち合わせと、上棟の食事会。
a0156611_23575439.jpg

平屋なのに眺望は2階から見た風景の場所。
目の前の河川公園の菜の花は、奥様のお父様たちが植えたものです。
散歩コースとしても最高な場所の高台にN邸は建設中。
a0156611_004142.jpg

a0156611_013331.jpg

外観は、とてもシンプルなデザイン。
中では、
現場監督と棟梁が楽しそうに打ち合わせ?!
a0156611_051015.jpg

その横では
設計者とコーディネーターと施主のNさんと電気設備屋さんの打ち合わせがあっていました。
a0156611_074877.jpg

ご主人のこだわりで、古建具も一部に使用します。
これが白い塗り壁と上品に合うのです。きっと。

まだ大工工事の途中です。
柱が見えている状態。
これから、配線工事が始まり、壁が出来て、色と質が体感できるようになります。
建築素材の性能と色と質感。
少しづつ、カタチが見えてきます。

素材を楽しむ家。「そらくの小屋」の工事は順調に進んでいます。
[PR]
# by iepro | 2017-02-25 00:13 | 建築日和