くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

リノベーション

今2物件のリノベーション工事が進んでいます。
ひとつは家族構成は同じで、個室が欲しいお子さんの為の部屋をつくることと独立していた和室をリビングダイニングキッチンとつなげることで広々とした空間をつくる。
もう1件は、お父さんと息子さん家族が同居する為の新しい個室とミニリビングつくり。
どちらも、先々親の介護も見据えてのリノベーションも含まれています。
お父さんのひとり暮らしの家に部屋を創るN邸はリビングの吹き抜けを2階のミニリビングに。
a0156611_2041815.jpg

屋根裏を利用してお孫さんの部屋に。
a0156611_206020.jpg

なかなか面白い空間が出来そうです。

リノベーション工事をするとき、必ずお客様にお伝えすること。
テレビの「ビフォーアフター」で工事金額が出てきますが、あれはかなり安い提示金額だと思います。
テレビ番組はあくまでも見せるを意識したもの。どこかで金額を調整しているなずです。
もちろん設計費も含まれていません。

既存の建物を考慮しながらのリノベーション工事。
費用対効果は充分ある設計力、施工力に期待して、お客様と同じ心境で完成を楽しみにしています。
[PR]
# by iepro | 2010-01-27 20:12 | 建築日和

プロデューサーを育てる

建築プロデューサーと名刺の肩書きで名乗っている方が熊本にも増えたかもしれません。
でも、私が望んでいる動きとはちょっと違うのかも。
仲間達との会話で次世代へ繋ぐプロデューサーを育てたい。存在を知ってもらいたい。
想いを建築家と一緒に家というカタチに創りたい。
そんな住建築プロデューサーをどうやって育てるのかが、これからの私の課題。
資格があるから出来るものでもなく、住宅営業の経験がないから出来ないものでもない。
創り手と住み手の間で自分も歓びを感じる家づくりのまとめ役。
特に女性に頑張ってもらいたい。
建築家も現場も男性が多いので、女性の立場で、奥様や子供さんのことも考えるポジション。

私もここまで来るのに紆余曲折でした。
苦労も笑顔に変えられる女性プロデューサーが育つことを夢みています。
[PR]
# by iepro | 2010-01-26 19:20 | 想い

信頼

設計申込を頂き、次のステップとして本設計図面作成に入るT邸打合せ。
今回は家づくりのプロ集団「空楽」のメンバーで創り上げていきます。
プロデューサー、建築家、コーディネーター、施工店。最初からひとつのチームを創り「あうんの呼吸」でお客様と関わる家づくりです。
a0156611_647826.jpg

家づくりはご家族にとって人生初めての大きなお金を動かすプロジェクト。
最初は不安や心配の方が、期待や楽しみより多いかもしれません。
でも
最終的に「決断」してくださったお客様の期待を裏切らないように進めていくのがプロの仕事です。
Tご夫妻。安心して任せて下さいね。
「信頼して任せる心」が私達の力を何倍にも発揮させるエネルギーになります。
そして
私の役目は、お客様に一番近いところで流れを見守ることです。
何でも、遠慮なく相談して下さい。
(最近は人生相談も多いですが・・・)
a0156611_653402.jpg

Tご夫妻のスタイルブックに込められた感性が現実の家というカタチになって出来上がるまで、永いお付き合いをさせて下さい。
もちろん、完成した後も。これからも宜しくお願いいたします。
[PR]
# by iepro | 2010-01-25 06:54 | 打合せ風景

ブランド力

昨日、村尾隆介氏の著書「小さな会社のブランド戦略」を読んだ。
住建築プロデュースの会社をどう立ち上げるかを考えていた時、知人から紹介された本。
a0156611_817764.jpg

プロデュースという無形の動きでお金を頂き、どう会社として成り立たせるのか?
と考える。
その時、目標はどこに向かっているかというと、大きな組織にする。ではない。
1000人のうち100人の感動を作ることができる会社。
家づくりのスタートからゴールまでのお手伝い。
ひと対ひとの関係を重視する。
などなど、とりとめもなく考えていた。
ハウスメーカーやコンサル会社勤務時代の、流れの中の小さな歯車のひとつという動きはもうしたくない。

この本の中で
「生き方」と「働き方」が一致している人はとても幸せです。
とある。

そう私は幸せ者です。
家をつくりたいと考えるお客様と家を設計する建築家や施工会社を「つくるをつなぐ」仕事を本当に楽しくさせていただいています。

家づくりのプロデュースで関わった皆様との縁が私の宝物です。この縁は家が完成した後もずっと続いていきます。

私の目標とする会社のブランド力。
それは、私の家づくりに関してのミッション(使命感)を明確に伝えること。

家を建てたい方、建築家、施工店、職人さん達、関わるスタッフ。
家族の夢が家というカタチで出来上がるまでに関わる多くの方に私のミッションをきちんとお伝えすることがブランド力になると思っています。

私のミッション
「お客様を中心にして、家づくりに関わる全員が笑顔になり家の完成まで全力投球できる環境づくりをすること」
[PR]
# by iepro | 2010-01-24 08:31 | プロデュース

住宅を建てる

最近、建設会社のトップの方々と話しをする機会が増えた。
ある時は見積り依頼の席で、ある時はお酒の席で。
気がつけば、トップの方々と私の年齢はほぼ同じ。
同級生も多い。
皆凄いと思う。建築業界を生き抜いてきた方々。
でも私が関わるのは個人宅の建築。
集合住宅や収益物件より規模ははるかに小さい。
でも、私にとってはとても大きな想いを託す建物です。
建設会社の規模や経営状況も大切ですが、「建築家の設計した家」をきちんと設計図を読み取り
末端の職人さんにまで細かい仕事人のプライドがある会社にお願いしたいと思う。
当然金額は重要ポイントですが。

建築家の人柄と現場の人柄の織り成す集大成の家。
お客様を中心にそれぞれが満足する家づくりを期待している。
[PR]
# by iepro | 2010-01-22 17:28 | 想い