くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

折り合いをつける

家を建てよう!と考えてから実際に家のプランが出来上がるまでどの位の時間が経つのでしょうか?
1年のご家族もいれば、構想から5年も経ったという方もいらしゃるかもしれません。

時々私も考えます。
このご家族は最初どんなことを語り合っていたのだろうか?と。

夢の家づくりを語っている時は楽しかったはず。
どんな空間が良いのか?
構造は?
デザインは?
と、夢は膨らむばかりの楽しい会話ではなかったでしょうか。
そして、具体的に設計士と話が進むにつれて、現実の世界へ。
ご夫婦の感性が違う。
ご夫婦の金銭感覚が違う。
ご夫婦のインテリアの好みが違う。
ご夫婦のこだわりどころが違う。

そして、違いを確認することから、具体的なカタチに進んでいきます。

違いはあって当たり前です。

ではどのように折り合いをつけて家づくりをしたら良いのでしょうか?

設計士にもよく話をして下さい。
設計する人間は、全体のバランスの美を考えます。
これから先の暮らしの変化も考慮してプランをたてます。
全体の建築費も当然考えて仕様を絞り込みます。
ただ
建てたい方の100%言いなりの家は設計しないと思います。
そこにはプロとしてのこだわりもあります。

折り合いをつける家づくり。
ゆっくり考えてみましょう!
[PR]
# by iepro | 2010-02-19 20:55 | 想い

狭小住宅見学会

車4台停めて、家族3人が暮らす家が建てられる。
それも町のど真ん中。
土地代と建物建築費の合計が分譲マンションと同じくらいの価格だとしたら・・・。

完成しました。
a0156611_2013071.jpg

すっきりした外観からは想像もできない光と風を取り込んだ空間住宅。
2月20日21日 10:00~17:00

見学会詳細は今週末スパイスにも掲載されます。
当日は設計をした坂本氏が家づくりについて丁寧に説明して下さいます。

会場の問い合わせや土地探しからの方は私にご連絡を!
096-312-0783 東

設計:坂本達哉建築設計事務所

施工:WARAKU
[PR]
# by iepro | 2010-02-18 19:57 | イベント

業者の決め方

笑える本当の話。
先日聞いた話です。
建築関係の仕事をしている方が、自分の家を建てる時、他の業者はどんな営業の仕事をしているか、勉強のために数社に問合わせをしたそうです。
展示場を見に行ったり、資料を取り寄せたり。
そして、営業マンがどのように動くか?
私も興味深く聞きました。
私自身、家づくりプロデュースを独立してやり始めてから、私主動ではなく建てたい方が本気で相談に来られることに対して誠意を持って動く。というやり方をしています。
夜に訪問したり、しつこく電話をかけたリ、「今がチャンスです」的な急がせる手法もやりません。
でもこれは、会社の社員である営業マンは出来ないことです。
会社の利益を一番に考えないと、会社運営は成り立ちません。

話をもとに戻し
笑える本当の話

夜訪ねてきた、ある建築会社の社員の言葉
「今近くで上司が待っています。わが社に申し込んでくだされば、値引きも何とか上司に交渉してきます」
これを泣き頼みの営業?というのでしょうか?

他の業者も態度は様々だったそうです。
そして
お試しをしてきた彼の興味深い言葉。
この会社の家づくりは良さそうだ。と建築に関して興味深い会社の営業マン程、対応がしつこくない。
私はこれを「残像を残す」と表現しています。
きっと、会社や家づくりに誇りや自信のある方は「売りの営業」はしないのでしょう。

「認める」「惚れる」「期待する」」こんな感情が家創りには必要です。

「企画住宅を売る」会社の営業マンは家づくりの質より、自分の熱心さを表現するやり方を教育されているのでしょう。

どれが正しいとか、間違いというより
自分がどんな家を建てたいかをしっかりくみ取ってくれる設計・施工の「我が家づくりプロジェクトチーム」をつくりたいものです。
[PR]
# by iepro | 2010-02-17 08:25 | プロデュース

書庫のある家

ご夫婦合わせてかなりの本をお持ちのT様。
今後も増えることを見越して、ロフト付の書庫を設けます。その横にご主人の書斎。
a0156611_8304882.jpg

打合せの中で少しずつ動線を感じてくる瞬間、ご主人に微笑が。
2階の書庫から書斎はご主人の「個」の空間です。
そして、1階のリビングダイニング、和室と全てがご家族の「集」の空間です。
きっと奥様にとっても、居心地の良いキッチン周辺になると思いますよ。
設計する三浦さんの裏舞台をちょっと覗いてみると
a0156611_836292.jpg

すっきりと仕事のしやすそうな長い机。
この机で、お父さんが設計、お母さんが模型ずくり、お子さんが学校の宿題をしていることもあります。
とても素敵なご家族です。
a0156611_838058.jpg

フランクロイド・ライトの建築写真の隣にお子さんが書いた三浦さんの似顔絵。
微笑ましい雰囲気の中で「暮らしを楽しむ家」が出来上がっていきます。
[PR]
# by iepro | 2010-02-15 08:40 | 打合せ風景

幸せ気分

昨日のM邸新築打合せ。
いつも可愛い悠君がママと一緒につくったチョコをプレゼントしてくれました。
a0156611_7361812.jpg

その美味しさに幸せ気分で打合せは進みました。
a0156611_7372264.jpg

そして
最後に、ご主人から今年の秋、家族が増えます。
のご報告。
私もM邸を設計する西山さんも嬉しくなりました。まるで孫の誕生を喜ぶ気分。
西山さんはお子さんかな?
ご家族4人で暮らす家の幸せ気分の打合せがこれからも進んで行きます。
[PR]
# by iepro | 2010-02-14 07:40 | 打合せ風景