くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

シニア世代の平屋・ひとり暮らしの再スタート

熊本地震で被災して、解体か?修復かと悩んで決めた結果は、
「修復して、暮らす!」のF邸。
a0156611_7352912.jpg

クロスも貼り終えて、昨日は大工さん達も道具のかたずけをしていました。
a0156611_7371873.jpg

床の養生をはがすと、まるで違う空間が出てくるはず。
a0156611_7383131.jpg

暗かった寝室。
窓を変えたわけではないのですが、明るくなった感じ。壁の色が変わったからでしょうね。
a0156611_7435755.jpg

お湯を沸かすだけでも楽しくなるキッチン。カウンターが使いやすそう。

これから、外壁の補修をして、室内清掃が終了したら、お引き渡しです。

まだ、工事も出来ないで、ブルーシートをかぶせた屋根の家もあります。
判断が出来ず、壊す選択をして、これからの事がまだ見えないご家族もいます。

その中で、F邸はとても良いタイミングで私達と縁がありました。
再生、復興。
家だけでなく、Fさんの暮らしの再スタート。

元気で長生きできる家の完成はもうすぐです。
[PR]
# by iepro | 2017-04-13 07:50 | 建築日和

つくるdeつなぐひと

私は、つくるdeつなぐひと。

「ひと・手しごと・空間」を繋ぎながら有形、無形のカタチを残していきたいと思っています。
a0156611_0332968.jpg

今日は食のつなぎびと。
いのししや鹿等の肉を加工してジビエ熊本ブランドとして売り出す計画のメンバーを繋ぎました。
レストランオーナー、料理研究家、デザイナー、そして販売者。
5年間、器季家カフェの女将をしていましたが、熊本地震後店内修復に1年かかり、今は町家全体の管理をする空間プロデュースの立場に。
店は、春陽食堂、AIR、芋屋長兵衛商店という三つのブースに分けて活かしてもらっています。
a0156611_039675.jpg

春陽食堂のコンセプトは、私がカフェを始める前に考えていたものと同じ。
地産知笑のものづくりを応援しています。
器も私が30年間集めてきたものも使ってもらっています。
作家の飾る器も、熊本地震後は「使う!」と意識を変えました。
a0156611_041970.jpg

つくり手の顔が見えるものを商品化して売る。
a0156611_0422163.jpg

日替わりで地元食材を使ったお昼ご飯も用意しています。
少し食べてから、写真を撮りました。もっと量は多かった・・・。
a0156611_0425575.jpg


器季家カフェだった店蔵は、「熊本ブランド発信町家・西村創庫」となり、復興へ一歩前進。

歴史的町家を活かしながら守りつなぐのも私の大切なライフワークです。

※私、地産知笑プロデューサーは、建物の管理を担当しております。
 普段は店にはおりません。
[PR]
# by iepro | 2017-04-12 00:46 | プロデュース

守りつなぐ人たち

唐人町の歴史的町家の修復工事。
店蔵の内部修復工事が終わり、町家再生と地産地笑復興プロジェクトがスタートました。

「熊本ブランド発信町家・西村創庫」
a0156611_1332879.jpg

これからは、外壁、煉瓦壁、奥屋敷の修復工事が始まります。
ここで、要になる人達。
a0156611_1344766.jpg

奥の方が、文化財ドクター、ヘリテージマネージャーの山川さん。
手前が、直理建築設計事務所の直理さん。
お二人とも、現場主義の頼れる存在。
a0156611_1381389.jpg

専門知識の情報を共有しながら、現場の修復工事を進めていきます。
[PR]
# by iepro | 2017-04-10 13:09 | 打合せ風景

華に活きる女性

愛犬と暮らす平屋の家をプロデュースさせてもらいました。
Nさんからのお便り。
京都で作品展です。Nさんは池坊の先生です。
a0156611_1014588.jpg

華に活きる女性です。
a0156611_1045698.jpg

池坊の作品が厳格に凛と並んでいます。
a0156611_1035127.jpg

伝統文化の風格を感じます。

鉄骨住宅の建替えかリフォームにするか?の家のご相談を受けたのです。
私も、建築家も「木造の平屋」をお勧めしました。

正解でした。
大満足で息子さん(ワンちゃん)と笑顔で暮らされています。
[PR]
# by iepro | 2017-04-09 10:07 | ひと

暮らしにアートを!

建築家、陶芸家、書道家、華道家、、、。
表現者として活躍するプロをつなぐのも私の楽しみ。

才能の化学反応で新しい作品が出来ます。

先日、くまもとの草心流の作品発表会準備の様子。
a0156611_7172237.jpg

いつもは、まっすぐにそびえたつ竹のアート作品が出来上がるのですが、今回は、少し違いがあります。
熊本城の表情だそうです。
傷つきながらも、崩れながらも凛と建つイメージだそうです。
素敵ですね。
草心流の家元は、蜩窯の渡辺さんとはコラボ作品展をする間柄。
渡邊さんは、私と家づくりの間柄。

そして
a0156611_7213114.jpg

本田草友先生は私のお花の先生で、陶芸家ローゼン三早枝さんとつなぎました。
a0156611_7225219.jpg

ローゼンさんの花器は、雪解けの早春のイメージがありますね。
野の花の春のいけばな。

プロの表現者を繋いでいくと、感動へと繋がっていきます。

家づくりをされる方へのおススメ。
好きな作家の作品を置くスペースを一か所でも作ると、季節を楽しむことが出来ますよ。

絵でも書でも陶器でも花でも。
我が家は
玄関に紙作家の坂本さんのタペストリー
a0156611_7373619.jpg

琉球紅型の作家、金城さんのフレーム。
a0156611_73989.jpg

友人の遺作の絵
a0156611_7394871.jpg

阿蘇坊窯の花器+季節の花
a0156611_7403574.jpg

稲田さんの書と山本さんの急須。
a0156611_7523714.jpg

ローゼンさんの線香器。ご自宅の改修工事もさせて頂きました。
a0156611_80714.jpg

後は塩田さんのステンドグラス。ドアや玄関に入れるサイズ。
好きな作家の作品だけに囲まれた暮らしです。

暮らしにアートを!
工房や作品展で作家にもお会いした時に購入した作品は、思い入れがあり眺めるだけでも楽しいものです。
[PR]
# by iepro | 2017-04-07 07:42 | プロデュース