くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

家づくり・夢と現実の着地点

初めて家創り。
夢は広がり、わくわく。
でも、現実にどのくらいのお金がかかるのだろうか?
の不安も、どきどき。

私が、始めにご提案するのは「今」の生活を崩さず支払える住宅ローンの話から。
もちろん現金で払う!でもOKですが
住宅取得控除などの節税も利用しない手はありません。
「お金のプロ」の意見も聞いてもらいます。

そして
設計プランが確定したら、工事の見積もりをしてもらいます。
施工担当者に。

仕様設備や仕上げ材などは、設計者が予算を把握したうえで、大幅なずれがないように指示します。
a0156611_8514781.jpg

そして、設計プランを再度確認しながら工事金見積もりの説明に進みます。

全体的な資金計画を大幅にずれがない場合は、「請負契約」に進みます。
建てることを、依頼する、請けるの意思表示です。

これからが、また打ち合わせのセカンドステージ。
夢ではなく、現実的な細かい箇所までの確認、決定の繰り返し。

「何が何だかわからないうちに、家が完成していた!」という淋しい結果にならないように。

プロが提案する、設計施工。
最終的には、そこで暮らす施主が「決定者」として家創りは進めていきます。
「お任せの家」は、皆にとって淋しい事なのです。

自分達で、考え、悩み、決めていく過程で、愛着もわき、責任も感じ、末永い家族の棲家という意識が強まります。

それが、大事。
[PR]
# by iepro | 2017-07-09 08:57 | 想い

家族の笑顔が一番の家

a0156611_22145631.jpg

会うごとに、表情が豊かになるお子さん達。
a0156611_22162031.jpg

我が孫のように可愛い笑顔。
その賑やかな横では
a0156611_22175970.jpg

おとな達が、真剣な表情で、展開図とにらめっこ。
a0156611_2219474.jpg

平面図、立面図、展開図、そして、実際に同じ高さや幅をアトリエのキッチンなどで確認してみる。
今日の打ち合わせは、2時間半。
通常より、1時間も多い。
お子さんの集中力がなくなる時間は、屋外で遊んだ。
久しぶりの「だるまさんがころんだ」
まだこの位なら、私も動きについて行ける。
良かった!

家族五人の笑顔が絶えない暮らし。
のびのびのお子さんと、仲の良いご夫婦が、楽しく暮らす家。

これからは、具体的な仕様決めと設備決めに進みます。
予算とにらめっこしながら・・・。
[PR]
# by iepro | 2017-07-01 22:24 | 打合せ風景

そらくの小屋・完成!

素材の質感を楽しむ家創り。
そらくの小屋が完成しました。
木だけでなく、金属や塗壁や、和紙など。
その空間を楽しむ暮らし。
先日お引越し前に、伺いました。
a0156611_1531523.jpg

残工事と掃除が少し残っていました。
が、荷物はもうすぐ到着です。
a0156611_1543162.jpg

現場監督とプロデューサーも引き渡しの為に集合。
a0156611_1554073.jpg

白い壁がキーワード。
a0156611_1561988.jpg

最近廊下は作りませんが、N邸は、あえて薄暗い空間の光の陰影を楽しめるようにしました。
a0156611_1573840.jpg

玄関の土間とリビングから、出入りできる屋外。
広々と活用できそうですね。
a0156611_1585120.jpg

すっきりしたキッチン。
ステンレスのシルバーが、着色した木の棚をモダンにしています。
a0156611_15104699.jpg

すっきりした洗面所。
好きなアンティークの収納棚が、流しの下に来るのかな?

地震j前からご相談は受けていましたが、なかなか前に進まず、お待ちいただく日々でしたが、
やっと完成までにこぎつけました。

これからは、ご家族の想いが詰まった家と対話しながら、年を重ねるごとに心地よさを感じる暮らしをしていただければ、嬉しいです。
[PR]
# by iepro | 2017-06-30 15:14 | 建築日和

風を感じる暮らし

私は日本の四季の移ろいが好きです。
春夏秋冬
それぞれの季節の風景と風と陽射し。

南阿蘇に家を建てたのは、自然の四季を楽しむため。

でも、敷地の広さと一軒家の広さ。

ひとり暮らしには、ちょっと厳しい現実もありました。

そして、今は築25年の3Kのアパート。
街中で、電車や車の音はしますが、河川の風景と風は心地良いです。

街中でも、自然を楽しむ暮らしは出来ます。
むし暑い今は「風鈴」の音を楽しんでいます。
a0156611_11193828.jpg

涼風を感じる!
a0156611_11152579.jpg

おひとりさまの賃貸アパート暮らしも快適です。

緑と風と光は、しっかり取り入れた暮らしなので・・・。
[PR]
# by iepro | 2017-06-29 11:16 | 楽しみ

感性は磨くもの!

家づくりには、色々と「決める」場面がある。

私は、即決に近いスピードで自分の家づくりは進めてきた。
なぜなら
「好きなもの」がはっきりしているから。

でも、私みたいな人間ばかりではない。
やはり、考え悩み、そしてプロの意見を聞き、最後に納得して「決める」が良いと思う。

感性を磨く!
これが大事。

味覚と同じ。
食べ歩きが趣味の方は、屋台から高級レストランを食べ歩き、自分の味覚を磨いてる。

家に関して大事なのは、暮らしが豊かに感じる!を常に意識できるか?!
今だけではなく、3年後5年後、10年後の自分達の暮らしが変化する中で美しさが増していく家。
経年美の木の家。

小さく建てた家で、おおらかに暮らす!
これが、私の提案したい家。

色、素材、空間、家具、暮らしの道具など、日々の生活の中で感性を心地よく刺激してくれるのもを
セレクトする。

これは大変な作業ですが、楽しいですよね。

東京在住の学生時代からの親友Sさん。
先日、東京に遊びに行った時、久しぶりに会いました。
a0156611_6402523.jpg

今、浅草のマンション暮らし。
ご主人が賃貸ビルや賃貸店舗の運営をしています。
彼女自身は、ご主人の会社の事務担当でした。

でも、私が熊本で家づくりのプロ達と仕事をしている話をすると、とても興味を持ち詳しく質問してきました。
それは、10年前位でした。

そして、今は
a0156611_645945.jpg

自社経営のマンション賃貸店舗のインテリア担当をしています。
a0156611_6462518.jpg

とにかく、素材選びは足で探すのよ!語ってくれました。
a0156611_6473177.jpg

今、鎌倉の賃貸アパートのリノベーション工事中だそうです。

彼女は、インテリアコーディネーターの資格も建築士の資格も持たない主婦でした。

でも、センスが良いのです。
そして、暮らし方も素敵。

同じマンションにご主人と彼女と2室を使っています。
階が違います。
大人の愛ある距離感の暮らし方。

食事を済ませ、家事が終了したら、彼女は自分の部屋に戻って自由な時間を過ごしているのです。
仕事も自分の部屋で。

学生時代から、彼女の部屋のインテリアは違っていました。
ベットの横には、大小のキャンドルがあり、レースのカーテンの刺繍がきれいでした。

「暮らしのインテリアにこだわる感性」を10代の頃から磨いてきた彼女は
50代から感性がカタチを開花させて、活躍しています。

先日は彼女が手掛けた家の写真本が、出版されていました。
生活雑貨の女性オーナーの家を担当した家の本。

凄いな~!と思います。

でも、本人は、「好きなことが仕事になるなんて倖せ」と言っています。

それは、私も同感。

自分の家づくりの体験が、誰かのためになっていると思うと倖せです。

資格や肩書きも大切ですが、経験値と感性は「年の功」もありますよね・・・。


時間があれば、私は工芸館、美術館、ギャラリー、家具店、生活雑貨の店をみて歩きます。
これも感性磨きのひとつかもしれませんね。

好きな時間を過ごして楽しいことが、家創りに繋がっていく日々です。

[PR]
# by iepro | 2017-06-28 06:58 | コーディネート