くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

<   2017年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

そらくの小屋・完成!

素材の質感を楽しむ家創り。
そらくの小屋が完成しました。
木だけでなく、金属や塗壁や、和紙など。
その空間を楽しむ暮らし。
先日お引越し前に、伺いました。
a0156611_1531523.jpg

残工事と掃除が少し残っていました。
が、荷物はもうすぐ到着です。
a0156611_1543162.jpg

現場監督とプロデューサーも引き渡しの為に集合。
a0156611_1554073.jpg

白い壁がキーワード。
a0156611_1561988.jpg

最近廊下は作りませんが、N邸は、あえて薄暗い空間の光の陰影を楽しめるようにしました。
a0156611_1573840.jpg

玄関の土間とリビングから、出入りできる屋外。
広々と活用できそうですね。
a0156611_1585120.jpg

すっきりしたキッチン。
ステンレスのシルバーが、着色した木の棚をモダンにしています。
a0156611_15104699.jpg

すっきりした洗面所。
好きなアンティークの収納棚が、流しの下に来るのかな?

地震j前からご相談は受けていましたが、なかなか前に進まず、お待ちいただく日々でしたが、
やっと完成までにこぎつけました。

これからは、ご家族の想いが詰まった家と対話しながら、年を重ねるごとに心地よさを感じる暮らしをしていただければ、嬉しいです。
[PR]
by iepro | 2017-06-30 15:14 | 建築日和

風を感じる暮らし

私は日本の四季の移ろいが好きです。
春夏秋冬
それぞれの季節の風景と風と陽射し。

南阿蘇に家を建てたのは、自然の四季を楽しむため。

でも、敷地の広さと一軒家の広さ。

ひとり暮らしには、ちょっと厳しい現実もありました。

そして、今は築25年の3Kのアパート。
街中で、電車や車の音はしますが、河川の風景と風は心地良いです。

街中でも、自然を楽しむ暮らしは出来ます。
むし暑い今は「風鈴」の音を楽しんでいます。
a0156611_11193828.jpg

涼風を感じる!
a0156611_11152579.jpg

おひとりさまの賃貸アパート暮らしも快適です。

緑と風と光は、しっかり取り入れた暮らしなので・・・。
[PR]
by iepro | 2017-06-29 11:16 | 楽しみ

感性は磨くもの!

家づくりには、色々と「決める」場面がある。

私は、即決に近いスピードで自分の家づくりは進めてきた。
なぜなら
「好きなもの」がはっきりしているから。

でも、私みたいな人間ばかりではない。
やはり、考え悩み、そしてプロの意見を聞き、最後に納得して「決める」が良いと思う。

感性を磨く!
これが大事。

味覚と同じ。
食べ歩きが趣味の方は、屋台から高級レストランを食べ歩き、自分の味覚を磨いてる。

家に関して大事なのは、暮らしが豊かに感じる!を常に意識できるか?!
今だけではなく、3年後5年後、10年後の自分達の暮らしが変化する中で美しさが増していく家。
経年美の木の家。

小さく建てた家で、おおらかに暮らす!
これが、私の提案したい家。

色、素材、空間、家具、暮らしの道具など、日々の生活の中で感性を心地よく刺激してくれるのもを
セレクトする。

これは大変な作業ですが、楽しいですよね。

東京在住の学生時代からの親友Sさん。
先日、東京に遊びに行った時、久しぶりに会いました。
a0156611_6402523.jpg

今、浅草のマンション暮らし。
ご主人が賃貸ビルや賃貸店舗の運営をしています。
彼女自身は、ご主人の会社の事務担当でした。

でも、私が熊本で家づくりのプロ達と仕事をしている話をすると、とても興味を持ち詳しく質問してきました。
それは、10年前位でした。

そして、今は
a0156611_645945.jpg

自社経営のマンション賃貸店舗のインテリア担当をしています。
a0156611_6462518.jpg

とにかく、素材選びは足で探すのよ!語ってくれました。
a0156611_6473177.jpg

今、鎌倉の賃貸アパートのリノベーション工事中だそうです。

彼女は、インテリアコーディネーターの資格も建築士の資格も持たない主婦でした。

でも、センスが良いのです。
そして、暮らし方も素敵。

同じマンションにご主人と彼女と2室を使っています。
階が違います。
大人の愛ある距離感の暮らし方。

食事を済ませ、家事が終了したら、彼女は自分の部屋に戻って自由な時間を過ごしているのです。
仕事も自分の部屋で。

学生時代から、彼女の部屋のインテリアは違っていました。
ベットの横には、大小のキャンドルがあり、レースのカーテンの刺繍がきれいでした。

「暮らしのインテリアにこだわる感性」を10代の頃から磨いてきた彼女は
50代から感性がカタチを開花させて、活躍しています。

先日は彼女が手掛けた家の写真本が、出版されていました。
生活雑貨の女性オーナーの家を担当した家の本。

凄いな~!と思います。

でも、本人は、「好きなことが仕事になるなんて倖せ」と言っています。

それは、私も同感。

自分の家づくりの体験が、誰かのためになっていると思うと倖せです。

資格や肩書きも大切ですが、経験値と感性は「年の功」もありますよね・・・。


時間があれば、私は工芸館、美術館、ギャラリー、家具店、生活雑貨の店をみて歩きます。
これも感性磨きのひとつかもしれませんね。

好きな時間を過ごして楽しいことが、家創りに繋がっていく日々です。

[PR]
by iepro | 2017-06-28 06:58 | コーディネート

憧れのキッチンライフ!

家づくりの中で、女性が大きな期待と夢を膨らませるのはキッチンかも?
あれこれ雑誌を見たり、友人知人のお宅を拝見したり。

でも、そこには「予算」が分かりませんね。

設計プランが確定して、予算内で収まるように工事見積もり金の調整をします。
そして、キッチンも予算を意識して提案します。

最初は・・・。

次は、奥様やご家族の想いをどれだけ取り入れたキッチンライフが出来るか?!
のステップへ進みます。
a0156611_1194982.jpg

ショールームは生活感がありません。
モノも置いてないので、具体的な参考にはなりませんね。
素材、高さ、幅、奥行き、色などを確認するための場所かな?!
a0156611_11115467.jpg

決断力!も必要かも。
a0156611_1112364.jpg

G様と二ヵ所のショールームへ行きました。
「ステンレスとフラットな調理スペース」というキーワードが決まったので。
a0156611_11145128.jpg

キッチンライフは、これから何十年も続いていきます。
今は奥様だけでも、お子様の成長やご主人の参加も考えていく事が大事。
家族みんなが楽しく使えるキッチンにしておけば、家事労働が楽になるはずです。

さて、依頼したキッチンの見積もり金額は?!
どきどきですね。

どこかにこだわれば、どこかをシンプルに低予算で考える。
これが重要。

何でもかんでも、初めての家づくりびとの言うことに[イエス」で、追加金を多額に増やすやり方はしたくありません。私は。

なので、たまにはクールダウンの言葉をかけます。

「優先順位を考えてみましょうか?」
と。

経験者は語る!で。
[PR]
by iepro | 2017-06-23 11:21 | コーディネート

窓の外に何が見えるか?!

設計の重要なポイント。
窓からの眺め。
a0156611_19571416.jpg

このコンクリートの集合建築物の窓から見えるものは?!
a0156611_19581872.jpg

世界遺産の富士山です。

所用で、山梨県へ行きました。
やはり富士山は偉大でした。

我が家から、富士山を見るのは無理です。
が、
やはり、借景や緑を窓からどれだけ取り入れて、心地良い暮らしが出来るか?!
は、大事ですね。
[PR]
by iepro | 2017-06-21 20:01 | 楽しみ

つくるdeつなぐ仲間(4)染物

のれん、和タオル、ハッピ、端午の節句のこいのぼり、タオル、日よけ・・・。
熊本に手染めの工場があります。
島崎の間林染物屋さん。
a0156611_1731713.jpg

後に干しているのは、祇園山笠の和タオル。
全国から注文が来るそうです。
a0156611_1745273.jpg

こちらはシルク印刷の工房。
a0156611_1753948.jpg

大物ののぼりや日よけなどもつくります。
a0156611_1763819.jpg

こちらはすべて手仕事の染工房。
a0156611_1773023.jpg

夏祭り用の和タオルの依頼に追われているそうです。
a0156611_1783089.jpg

書道家の稲田さんも一緒に見学に行きました。
彼女は、友人から依頼されたのぼりの発注も。
a0156611_17122684.jpg

熊本地震後閉店した器季家カフェの日よけも、稲田さんに文字を書いてもらい、間林さんに染めてもらいました。

熊本にも、染の手仕事工房が身近にあります。
記念品やオリジナルデザインの和タオルの作成なども相談にのって下さいますよ。
[PR]
by iepro | 2017-06-15 17:17 | ひと

我流リノベーション

私が尊敬する女性のひとり。
ヒグラシカフェの女将。もう嫁さんにバトンタッチしたから大女将かな?
熊本地震で、ご実家も店も、ご主人の陶芸工房も被災しました。
でも、早かった!復興が。
家族、地域、県外ボランティアの力で、一年後は店も営業して工房とオープンキッチンスタジオ(料理教室修復工事が終わりました。
a0156611_164512.jpg

ステンドグラス作家の塩田さんと遊びに伺いました。
a0156611_164492.jpg

築30年の家に倖せの黄色いキッチンが。
a0156611_165391.jpg

御船のご実家は全壊で解体したので、欄間を記念に活かしています。
a0156611_1672181.jpg

ご主人の器や、古伊万里の器も無造作に並べているのが素敵。
a0156611_1681630.jpg

トイレは読書ルームになるような広さに。

良く見れば、部材や仕様品は、ほとんどもらい物。
捨てずに活かす!で表情のある空間が出来ました。

私は、我流リノベーションの楽しさを知りました。
業者は、きっちり創り込みたがる。
でも、大女将はダイナミックにそして進化させるのが好きなようです。

でも、若杉設計事務所の図面があったから職人さん達も仕事がスムースに行ったはず。
皆様
お疲れ様でした。
[PR]
by iepro | 2017-06-12 16:11 | お宅訪問

メンテナンスは大事!

築9年目のH邸。
ご自宅で絵本空間カフェもされています。
a0156611_18424580.jpg

10年目にメンテナンスをする予定でしたが、地震もあったので1年早めの外壁メンテナンス工事をされました。
まめにメンテナンスすることで、家の寿命も延びるのです。
a0156611_18451798.jpg

新緑が小雨に打たれて、更に青々と感じます。
室内は
a0156611_1846289.jpg

昼間、大人の絵本ギャラリーカフェになります。
a0156611_18473148.jpg

読みだしたら、時間も忘れてしまいそうな本ばかりです。

自分の夢を現実の空間にしたHさん。
充実した日々を送られていました。
[PR]
by iepro | 2017-06-09 18:48 | お宅訪問

苔玉が好き!

雑草取りや庭の手入れは苦手。

手がかからず可愛い存在の苔玉。
a0156611_16414889.jpg

好きです。
[PR]
by iepro | 2017-06-03 16:41 | コーディネート