くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

<   2017年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

春の植木市

熊本市の植木市が、今回は震災の影響で、東区から西区ので開催。
西区役所の隣であっています。

室内の出窓に飾る「緑」
a0156611_1023098.jpg

苔玉とミニ盆栽を買いました。

植木市に行くと、もうすぐ春が来る!
と毎年、ちょっとわくわく気分です。
[PR]
by iepro | 2017-01-29 10:24 | 楽しみ

平屋の家・シニア世代のふたり暮らし

震災で、全壊だった家を解体して、建替えたT邸の棟上げの日の今日。
a0156611_1621051.jpg

久々に、温かい天候になりました。
a0156611_162323.jpg

本来は、寒さをしのぐために、棟上げした屋内で昼食をとる予定だったのですが、ポカポカ陽気に、皆さん屋外での祝宴。
a0156611_16233687.jpg

しっかり食べて、午後からの工事もよろしくお願い致しますね。
a0156611_16251875.jpg

ご夫妻それぞれに個室を設け、収納を充実させています。
シニア世代のふたり暮らしの、心地よさとは?!
快適さを凝縮した平屋の設計になっています。
a0156611_16284359.jpg

素敵なご夫妻の「ひとりとふたりの時間」
完成が楽しみですね。

設計施工 スペースラボ 佐藤健治
コーディネート グランマ 川端 亜紀
[PR]
by iepro | 2017-01-28 16:30 | 建築日和

立春

暦の上ではもう春が近い。
そろそろ玄関の飾りを変える時期。
a0156611_10353162.jpg

我が家の黄金のにわとりさんが、優しい赤鬼さんと可愛いお多福さんに、
「出番ですよ!」と、語りかけています。^0^
[PR]
by iepro | 2017-01-27 10:37 | 楽しみ

シニアのひとり暮らし・平屋のリノベーション全員集合!

a0156611_16325782.jpg

現場で全員集合の打ち合わせ。
さむか~~~!と言いながら、みんな表情は明るい。
a0156611_16364662.jpg

予算は決まっています。
リノベーション工事は、どうしても「ここを」「あれを」と小さな要望の積み重ねで、金額が加算していきます。
「ここは、クールに検討しましょう!」の設計監理の宮崎さん。
a0156611_16383564.jpg

既存の素材をどこまで活かすか?!
a0156611_16391536.jpg

この柱にちょっと工夫を。
こだわり指示に、笑顔で受け入れてくれる職人さん達に、感謝です。
a0156611_1640505.jpg

キッチン、トイレ、浴室、水回りは全部新しくなります。
a0156611_1642599.jpg

寒かった浴室もユニットバスで暖かくなります。

シニア世代の男性一人が生活する平屋。
近所に暮らす娘さんご夫妻も打ち合わせに参加して、蘇る空間に喜びの笑顔でした。

熊本地震は、とても怖い経験でした。
でも、私たちは生きています。

これからも寿命を全うするまで、楽しく日々を暮らしてほしい。
その気持ちで、工事は進んでいきます。
[PR]
by iepro | 2017-01-24 16:45 | 打合せ風景

横の細道を活かす家・完成後の訪問

引っ越しが年末にかかり、大変だったと思います。
K&S邸。
家具が入ってから、初めて伺いました。
お出迎えは、美人姉妹。^0^
a0156611_12514398.jpg

棟梁と現場監督、私に美味しい珈琲を淹れて下さいました。
室内は、シンプルに整っていました。
a0156611_1253449.jpg

キッチンの小さな窓からは明かりが入り、視線を遮りながら、外の気配も分かります。
a0156611_1254499.jpg

窓や、コーナーに、可愛い演出。
a0156611_12561269.jpg

そして、自分で出来ることは自分でハンドメイド!
a0156611_12565341.jpg

寝室のカーテンは手づくり。かわいい布のセレクトでした。
a0156611_12575962.jpg

ステージのような階段の踊り場は、息子さんのスタディーコーナー。
程よい距離感の親子関係って良いですよね。

K&S邸は、認定低炭素住宅です。

設計空間のこだわりと自由度を活かせる「性能」もこだわりながら家創りはサポートしていきます。

費用対効果も考えながら、心地よい家が完成しました。

これからは、ご家族の愛情で年を重ねながら「経年美の家」として自然素材の味わいが増していくことだと思います。
[PR]
by iepro | 2017-01-23 13:12 | お宅訪問

家創り大好き人間たち

a0156611_21215969.jpg

昨夜は、家創り関係者の新年会でした。
皆さん、熊本地震の後は大変な状況でした。
休みがちゃんと取れたのかな?!と心配する程の日々だったはず。
幸いにも、私たちが関わった家には、大きな被害はありませんでした。
でも、近隣や、相談に来れれた被災現場の修復工事が優先なの場合も。

同時に新築工事も私には大切。
すぐの着工は望めませんが。

職人仲間の皆さんが被災修復や、全壊の家の建て替え現場に回っているので。

でも、ゆっくりでも、家創りの楽しい話は進めていきたいと思っています。
a0156611_21273993.jpg

最後の挨拶に立った、設計のボス若杉さんも私と同じような想いを語っていました。
「僕は、家の設計が大好きです。そして、僕の設計した家を建ててくれる職人の皆さんに感謝しています。」と。

職人の皆さんも、ベテランから2代目まで、長いお付き合いの家創り大好き人間ばかり。

好きなことを、生業にしている。
こんな幸せはないはず。

でも、若杉さんは最近設計依頼が多くて、少々お疲れにぎみです。

ゆっくり丁寧に、熱く、楽しく、設計監理を、なが~くしてもらいたい。

これは、いちファンでもある私の願いです。
[PR]
by iepro | 2017-01-22 21:40 | ひと

家創りへの覚悟!

明治維新への熱き獅子たちの話が好きな私です。
坂本龍馬と共に、海援隊で戦いたかったと思った。
過去にさかのぼって男性だったら・・・。

息子に貸していた本が、数年ぶりに戻ってきた。
吉田松陰の潔い生き方が好きです。
何回も読み直しています。
a0156611_12583075.jpg

吉田松陰が語った言葉や文章を、リーダシップ・行動心理学研究者が要約して編集している本。
編訳者 池田貴将  発行 サンクチュアリ出版

その一項一ページ目
a0156611_134446.jpg

たとえ手に入れたものが、どれだけ美しく広い家でも
住んでいる人がやさしい気持ちになれないのなら
それは貧しい人生です。

この言葉に、どきっとしました。

私がいつも言っている、「小さな家で、おおらかに心地良く暮らす」に繋がることば。

a0156611_13101976.jpg

昨日は、Gファミリーと一緒に人生のお金の話を聞きに行きました。
人生で最大のお金を必要とする「家創りのお金」
それ以外にも、可愛いお子さん達の成長と共に必要なお金、そしてご夫婦の定年後の暮らしに必要なお金のこと。

数字で見れば、ぎょっとしそうな金額が表示されます。

でも、そこは「覚悟」も必要です。

夢と現実の着地点を知り、楽しく前向きに我が家創りに挑む覚悟。
各分野のプロのチカラも借りながら、一歩づつ前進してもらいたいです。

笑顔が絶えない、心地よい我が家創りに。
[PR]
by iepro | 2017-01-21 13:34 | 想い

家創りへのこころざし

空楽は会社組織ではありません。
家創りへのこころざしが、同じ方向を目指している仲間が集まった集団です。
その中でも、家創りの現場に関して「誠意を現す」のが、ツブラホームの直理社長の想い。
a0156611_13384795.jpg

名は体を表す。
「直理正光」字の如く、曲がったことは嫌いです。
「こすかことは許さん!」の精神。
a0156611_1349224.jpg

今朝の早朝ミーティングも熱かった!

設計力、施工力も大事。
そして、人間力も大事です。

一生に何回も建てることのない、我が家創りのお手伝い。

利益追求だけの、流れ作業にはしたくない。

そんなもっこす集団のひとりが私です。
[PR]
by iepro | 2017-01-18 13:57 | 打合せ風景

キッチンステージへのリノベーション

a0156611_1019338.jpg

キチン周りをリノベーションして、人が集う場所に変える工事が始まります。
子育ても終わり、家族の食事をつくるだけの場所から、料理教室やワークショップが出来る場所に変えたい奥様。
打ち合わせに力が入り、立って発言中!
家事動線は、男性では分かりにくいこともあります。
女性目線のリノベーション。
a0156611_10222375.jpg

広さは変えず、快適性をプラスする。

ご近所には、友人でもあり畑仕事仲間でもある大工さんがいらっしゃいます。
今回は、設計のみでお手伝い。
あとは、頼れる棟梁とその職人仲間に工事は依頼されます。
現場監督は、奥様です。

限られた予算の中で、どれだけ快適性、機能性をプラスしたキッチンステージが出来るのか!!
完成が楽しみです。
料理上手な奥様のおもてなしを期待しています・・・。
[PR]
by iepro | 2017-01-13 10:27 | 打合せ風景

シニアのひとり暮らし・平屋のリノベーション

60代の男性が、一人で暮らす平屋。
熊本地震で大規模半壊。
初めてFさんにお会いした時は
「危険」の黄色い張り紙が玄関に痛々しく貼られていました。
そして、年が明けた今日。
a0156611_16504323.jpg

気持ちよ良い晴天の日。
a0156611_16572025.jpg

職人力で、再生工事は順調に進んでいます。
a0156611_16521011.jpg

雨漏りしていた室内も、屋根を金属屋根に張り替え、木材も乾いています。
a0156611_16532276.jpg

雨漏りで湿気で暗かった室内が、今は心地よい風が通り、小春日和の陽射しが差し込んでいます。

家が再生されていく流れの中で、Fさんの表情もどんどん明るくなっていく様子をみるのが、私も嬉しいです。
[PR]
by iepro | 2017-01-11 17:10 | 建築日和