くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

<   2015年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

三世代で紡ぐ家づくり

娘さんご家族の家づくりを、棟梁最後の仕事にと頑張っているお父さんの表情。(右)
a0156611_9343079.jpg

真剣です。
設計監理を担当する、直理さん、若杉さんと現場で打ち合わせ。
a0156611_9355532.jpg

可愛い孫たちのためなら、えんやこら~!ですね。
a0156611_9365229.jpg

カタチがだんだん見えて来て、期待喜びも増すばかりのHママ。
a0156611_938124.jpg

「僕だって、打ち合わせに参加したい!・・・。
a0156611_9412924.jpg

H邸は片流れの屋根で、ご夫婦共にお仕事も忙しいので、家事や育児もご夫婦で協力し合える設計になっています。
a0156611_9432924.jpg

シャープにすっきりと設計した軒。
a0156611_9443471.jpg

外壁の面積も広い。
さて、色はどうする?
悩む、決める、カタチになる、色になる。
少しづつ夢が現実になっていく。

三世代で紡ぐ家づくり。
[PR]
by iepro | 2015-03-31 09:46 | 建築日和

家づくりへの想い

住宅会社に勤めるきっかけは、自分の家を建てた時の、不安な思いや気軽に相談できる人が、住宅会社の中にいなかったから。

暮らしを楽しく=家を建てる=設計センスの良さ=価格=建てた後のメンテナンスの相談

どんどんつながっていく想い。

今の私の想いは

「おおらかに暮らす小さな家づくり」のお手伝い。

きっと、子育ても終わり、家は広い方が良いと感じていないからでしょうか。

[小さく]とは、心地よさを感じる楽に移動できる広さ。

[窮屈]とは違います。

色々な家づくりがあって良いと思います。

私は、年を重ねて今、快適なひとり暮らしを体験しています。
風が通り、陽射しが差し込み、小さな空間に豊かさを感じる家。

a0156611_11591437.jpg

60代からの家づくり
空間創りは「おおらかに小さく」
[PR]
by iepro | 2015-03-30 11:59 | 想い

建築地の全面道路

不動産業者の売り出す分譲地や宅地は、色々な条件を事前に確認できるので、まあまあ安心。
業者の仕事の質にも大差はありますが。

一番、チェックが必要なのが、実家の敷地を分筆したり、親せきなどから譲ってもらう場合の土地と全面道路。

建築するためには、前面道路の条件がいろいろあります。

昨日はY様の依頼で、ご実家の確認と、法務局、市役所に行き、家を建てる為にクリアーしなくてはいけないものを確認してきました。
a0156611_16163050.jpg

ご実家の庭に桜が咲いていました。素敵です。
さくらの木々を挟んで、実家と関わる距離感。
a0156611_1618551.jpg

建築希望敷地に隣接した土地の件で、市役所へ確認に。
全面道路の問題は、建築確認や銀行の住宅ローンの審査にも深く関わってきます。

Yご夫妻へ
ひとつ、ひとつクリアーして進んでいきましょうね。
今度は住宅ローンの件で、銀行の方とも話をしましょう。

これからもよろしくお願い致します。
[PR]
by iepro | 2015-03-28 16:20 | プロデュース

自然を満喫する暮らし

家を設計する時、窓からの風景を意識しない設計者はいないと思います。
日本の四季の移ろいは素晴らしいです。
日本人が情緒豊かといわれるのも、この四季の風景を愛でる感受性があるからではないでしょうか。

南阿蘇の山小屋周辺は
a0156611_16123419.jpg

もう桜が咲いています。
(お隣さんですが)
a0156611_16133415.jpg

我が家の敷地は、野放しの、あるがまま状態です。菜の花や
a0156611_16144559.jpg

もう満開過ぎたふきのとう。
a0156611_1615361.jpg

実がなるかどうかは定かではないサクランボの新葉。
確実に「春」は来ました。
ですが、あっという間に雑草も青々と茂ってきます。戦いが始まります。

自然を満喫する暮らしには、「労働」はもれなくついてきます。
今年も、刈払機を肩に担ぐ日々が来るのです・・・。
[PR]
by iepro | 2015-03-25 16:19 | 楽しみ

とりあえず・・・。

とりあえず、ビール。のように、設計者は図面は書けない。
「とりあえず、プラン出してみてください。」
とても困る依頼である。
「とりあえず・・・」
コンペ、多数の設計事務所へ比較検討の設計依頼を出せば、多くのプランを見ることが出来る。

でも、とりあえずで図面を描くことは出来ないはず。
必死で考え、思案する。

とりあえず、空楽ではどんなプランが出てくるのかな?
の期待より、とことん設計者と暮らしについて話をする。

まずはこれが一番大事!
[PR]
by iepro | 2015-03-24 23:23 | 想い

素材のデザイン、質感と色

家は町中に建っています。
屋根と窓と壁、細かく言えば、軒天や雨どいに至るまでデザイン、質感、色はさまざま。
企画住宅だったら、簡単なのです。
もうすでに、決まったパターンの中からの選択。

でも、白紙の状態から、適設適地でつくり上げた設計図面が、立体的に目の前に建つ過程には、色々と決めることがあります。

そうです。
提案から確認。そして悩んで考えて「決断」
設計者には、イメージした完成形のデザイン、質感、色があります。
a0156611_8242040.jpg

その建築イメージから、かけ離れないように、暮らし人の想いを確認します。
a0156611_8263383.jpg

小さなこだわりの積み重ねが「美しい空間」を創り上げます。
月日か流れて、味わい深い質感を更に感じることが出来る「経年美の家」になっていきます。

洋服の既製品をSMLのサイズだけを確認して「買う」ような家づくりではないので、
「一緒に創る」は、やはり時間はかかります。

その時間を、楽しく、わくわくどきどきして頂ければ、完成した家は「満足の家」になるはずです。
[PR]
by iepro | 2015-03-22 08:32 | 打合せ風景

桜の開花を待つ男

空楽の設計のボス、若杉さん。
最近の口癖。
「もうすぐ桜が開花する」
a0156611_20555716.jpg

湖畔のアトリエの前の桜の開花をすごく楽しみにしています。
そして、他にも楽しみが。
a0156611_2057444.jpg

作家ものの器。観賞用ではなく、実際に自分で料理をして好きな器で食べるのを楽しみにしています。
a0156611_2059416.jpg

今日はK邸新築工事の打ち合わせ。
a0156611_2101389.jpg

平屋の家。
風と光と風景と。
設計力は、土地を読む力、空間を創造する力、暮らし人の日々の快適性を大切にする力が必要です。

桜の開花をわくわく待っている若杉さん。
仕事もプライベートも、「楽しむ」を満喫されています。
[PR]
by iepro | 2015-03-21 21:03 | 打合せ風景

暮らしに沖縄のイロドリを!

私のルーツは沖縄にあります。
両親は熊本市内の島崎の墓に眠っています。
他の親族は全員、沖縄の南城市の海が見える山の上の大きな墓に眠っています。

ルーツを繋ぐ。
これも私がやりたいことのひとつ。
a0156611_7361251.jpg

コバルト色の海を見下ろしながら沖縄へ。
6月に器季家で開催する手仕事展の作家工房回りをしてきました。

住まいを創る。空間を創る。そしてイロドリを考える。
小さな手仕事から、日々の暮らしが豊かになる。

これも私の伝えたいことのひとつ。

今回、吹きガラス作家小野田郁子さんとお会いするのが楽しみでした。

嘉手納基地近くの外人住宅だったところに工房兼住宅があります。
a0156611_7412016.jpg

沖縄の吹きガラスは、再生ガラスを使っています。米軍兵たちが飲んだビール、コーラ、ワインの瓶などを再生して器を作成。観光客用に販売したのが始まり。
最初は色がかなりきつく、デザインも同じようなものばかり。
30年前に一軒目のギャラリ―ショップをしようと思い、沖縄に行った時、色のついていないガラスを探して歩きました。
当時は、職人が決まったものを作る作業的なものしかなかったのです。

生活小物も、デザイン、素材は大切。
今では、作家工房が増え、シンプルで、使いやすく、手作りの温かさが伝わる器が増えました。
a0156611_7422884.jpg

桜の花びらが、きらきら舞っているイメージのカップ。
a0156611_7502587.jpg

すべて、ひとつひとつ、小野田さんがひとりで作っているガラスたち。
a0156611_7531250.jpg

6月6日から、器季家で展示販売いたします。

日々の暮らしに沖縄のイロドリを!
ひと足早い夏を感じて頂ければ嬉しいです。

沖縄ライゼ展」の作家紹介は色字クリックで。
[PR]
by iepro | 2015-03-20 07:55 | 楽しみ

シニア世代の暮らし変え

結婚して、子供を育てる時代に家を建てる時は、ご家族が増えること、成長することが前提。
でも、その時代を経てご夫婦だけの暮らし、ひとり暮らしになるシニア世代になった時、今までの暮らし方を変える、家の中を変える時期が来ます。

建替えもあります。減築も。リノベーションも。
広さは要らないのです。
必要なのは、心地よく小さくておおらかな暮らしが出来る家。
a0156611_2134279.jpg


老後も考えて、資金計画を立て人生計画まで相談できるパートナーがいれば、暮らし変えは楽しく出来るはず。

きっと。
[PR]
by iepro | 2015-03-17 20:51 | プロデュース

我が家が一番!

不思議なことに、空楽で家を建てて頂いた方々も、見学会に遊びに来てくださいます。
もう一軒家を建てる?ではないと思いますが。
a0156611_731847.jpg

花立のIファミリーのご来場。
打ち合わせ中ははママのお腹にいた姫も
a0156611_745528.jpg

こんなに可愛く大きくなりました。
他の家を見学して、皆さん心で思われていると思います。
「我が家が一番!」と。

どの家も、自然素材と空間設計と光と風、そして窓からの緑への建築理念は同じです。
でも、どの家もそのご家族のためだけに設計施工していくので、それぞれ違います。

長い時間打ち合わせをして、自分サイズに皆で創り上げた我が家。

建てた後は、暮らすご家族が日々の暮らしの中で、快適な空間として愛おしく進化させてほしいと願っています。

日々お忙しいIご夫妻にとって、家ではゆっくりと暮らして頂けることを祈っています。
[PR]
by iepro | 2015-03-16 07:11 | お宅訪問