くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

<   2015年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

私に出来ること?!

家創りは、「高額なお金と設計力と施工力」が必要です。

では、その家創りを、どこからスタートさせる?!
となったら、住宅展示場へ行く人が多いのでは。

私が初めて社会人になったのは、住宅会社。35歳の時です。
家を建て、色々あって、「私に出来ることは?!」と考えた時、
家を建てたい人の一番近くで、何か手伝いをしたいの気持ちからです。

不安や心配、夢や現実を、一歩前進させて具体的に家創りの「はじめのいっぽ」から完成までをサポートできれば幸せです。

でも、はじめのいっぽのお話だけでも、良いのです。

家創りにも、縁とタイミングは大切。
「今」じゃない方も、「私達」じゃない方もいて当然。選択肢は沢山あります。

私に出来るのことで、何かが動き始めたら、私も嬉しい。

そんな想いで、いつも初回面談を楽しみにしています。

もうすぐ、家が完成するN様からのご紹介で、昨日Yご夫妻と「はじめのいっぽのお茶会」をしました。

緊張することなく、色々雑談の中から、「自分たちの家創りへの想い」を語って頂くお茶会。

とても楽しかったです。
最近は、我が子と同じ年代の方々の相談も多いので、つい感情移入してしまい。
ご主人の仕事のこと、勉強のことなどお聞きして、母親のような気持ちで嬉しくなりました。

そして、家創りの夢と現実の話。

「お金」は大事で重要です。銀行の融資も確認をすることがあります。

もし、ご縁があり、次へ進むのなら、現実的なことでのサポートへと続きます。

「私に出来ること」

それは、ご家族の想い、家の創り方、そして新しい暮らしへの夢や不安をお聞きして、「はじめのいっぽ」をアドバイスすること。

決して、会社の決算が、今なら〇〇のプレゼント、わが社の性能は、などのこちら事情の話はしません。

昨日は
「目の前のご夫妻に私が今出来ることは何だろう」のわくわくの楽しい時間でした。


ご紹介頂いたNさんへ感謝いたします。ありがとうございました。
NさんとYさんと私。前向きに生きる引き寄せの法則があるような気がします。
[PR]
by iepro | 2015-02-28 09:25 | 想い

家創りの組織の大きさ

ニュースで、「アサリの産地偽装」と「大塚家具の経営紛争」をみた。
あまり詳細はわからないけど、私も小さな店の経営者として感じるものがあった。

組織が大きくなり、従業員の人数が増えるとどうなるか?!

見栄えは良い。社員何名の数で、大きな組織として、信頼性が高まる気がする。

でも、実情は?

水産会社の社長の言葉。
「従業員を養うために」
その気持ちはよく分かる。でも、偽装はいかん!嘘はいかん!信用が商いの命。

大塚家具の親子の議論は「経営指針の相違」

消費者の求めるもの、創立者の守りたいもの。今後の経営で必要な利益。
会社が大きくなると、個人の想いだけでは、どうにもならない、身動きの取れない経営となる。


以前、住宅会社勤務中に感じたこと。その後の大企業の中で働いて感じたこと。

「末端の社員の声が、上層部に届くまでに時間がかかる」

非常にもどかしかった。

今、改善したい。今何とかせんと。今皆で考えて前に進みたい。今、お客様がこう思っている、

の「今」の回答が数か月先。自然消滅もある。

現場の意見が、トップに届くまでの時間と感情のずれ。

県産材と偽り、外材の木材で家を建てた業者が、「従業員の給料を払うのにお金が必要だった」と言ったら?

同業者として悲しいことです。
その前に、職人や営業の気持ちや現状を考えて改善できることはなかったのか?


空楽、創立メンバーの若杉さんや、直理さんがいつも言っている言葉。

「社員を増やせば、その為に仕事を取る!の行為に走る。すると、量を意識して質が落ちる。納得する家創りをするためには、小さな組織で大きな視野を持ち、全力投球できる家創りをしたい」

直理さんの口癖は「こすかことは、したらいかん!」

空楽が15年位、各人が独立独歩で事務所をシェアしながら、各現場でチームをつくり家創りをやれているのは、この創立メンバーの理念のおかげ。

才人たちの小さな集まりなのです。空楽は。(私を除いて)

それぞれに、メンバーは、色んな仕事をしています。
クライアントは、「暮らし人」だけではありません。
店舗、リノベーションや個人対応の仕事も。


但し「空楽」というブランドで家創りをする時は、皆、志は同じ方向を向いて動きます。

商品化で薄利多売の家創りは今後もありません。

私には、ジャストサイズの組織です。
a0156611_20203039.jpg

やりたいこと
やれること
やらなければいけないこと

空楽チームは、自分達も、暮らし人も満足できるの家創りの為に、意識、技術も研鑚の日々です。
[PR]
by iepro | 2015-02-27 09:03 | プロデュース

空を近くに感じる「僕たちの家」

3月3日ひな祭りの日に、棟上げ予定のN邸。

型枠をはずせば、きれいな基礎とご対面。
1階は、各人の寝室と大型クローゼット、浴室、トイレ。
2階は、キッチンリビング、和室に広いバルコニー。そして、隠れ空間?!
昨日も、陽射しが良く差し込んでいました。
a0156611_9401565.jpg

右手の植栽達は、すべて、お隣の方のもの。
a0156611_9411517.jpg

立派なお屋敷と庭。
その横に土地を買う、家を建てるを考えた時、「2階リビング」が良いな!と思いました。
目の前の道路には何も建ちません。
季節の変わりゆく空を、近くに感じる2階のバルコニーは、とても心地よい空間になるはず。
お隣さんの緑と、我が家のシンボルツリーの先端の緑を感じながら、日々の暮らしは近隣の視線を気にしない。
緑の借景を大いに取り込み、玄関先には、自分達で植えた季節の花々を楽しむ暮らし。
良いですね。
満月の夜は、月灯りで飲むビール。「僕たち」はジュースで。

今年の夏の終わりの夜の宴。

最高だと思います。

N家の皆様
もうすぐカタチが見えてきますよ。
お兄ちゃんは目の前の中学校から、我が家のカタチを毎日眺めることが出来ますね。
楽しいでしょうね。

日課は、「職人さんに挨拶して帰る」

手仕事の技は、施主からの笑顔で、何倍も力が入るはず。
a0156611_1045724.jpg

サブ現場監督、よろしくお願い致します。
[PR]
by iepro | 2015-02-26 09:45 | 建築日和

「窓」にこだわる設計

「窓」
家には必ず窓はあります。
その窓のとり方。
これは、快適な暮らしにとても大きな影響を与えるものです。

そして、窓の大きさ、窓から見える風景。開放感。

その土地を読み取らないと出来ないことです。
a0156611_215237.jpg

車の停め方、リビングの場所、眺望の良い場所はどこかを探す。
a0156611_2181766.jpg

敷地と道路幅、周辺の家の位置、借景をどう活かすのか?!どこを眺めるか?・・・。
色々と設計者は考えます。
a0156611_21101224.jpg

設計、施工、費用対効果。

既製品ではない窓の位置と意味。

快適に暮らす!には、「窓」は大きな存在です。
[PR]
by iepro | 2015-02-25 21:11 | 打合せ風景

家族で眺望を創る家

御船の小高い場所に昨日上棟したS邸。
a0156611_1062465.jpg

小春日和で大工さん達も動きやすかったはず。
a0156611_1073783.jpg

大工さん達の指揮をとるのが、神代棟梁。
イケメン職人としてミニコミ誌にも登場した男性。
若く見えても、仕事魂は先輩たちに負けません。
a0156611_1010476.jpg

着工まで、土地の件で色々ありましたが、無事棟上げまで進みました。
笑顔のSご夫妻。

Sご家族には、大きな役目があります。
ご自分達の家からの眺望をご家族で創って行くこと。
a0156611_10224728.jpg

竹林を伐採すると、見渡す限り、のどかな田園風景が一望できます。
横の畑との境はどういう外柵にしたら、視線を気にせず、ウッドデッキからの空や緑や風を楽しめるか?
今から、楽しく悩みましょう^0^

建物本体は、設計監理を直理さん、ツブラホームの現場監督坂本さん、インテリアコーディネートを坂梨さん、そして神代棟梁や職人の皆さん達、プロ集団で創り上げます。

眺望に関しては、日々の手入れが大切。
ご家族で、楽しみながら、創りあげて下さいね。

「眺望の良さ」は、暮らし人のこころを豊かにします。
[PR]
by iepro | 2015-02-24 10:20 | 建築日和

ストロベリースマイルハウス・祝上棟!

昨日までの不安定な天気が、どうにか曇り空に。
a0156611_1345211.jpg

ご主人のご実家の畑を宅地に変えて、いよいよ工事は棟上げまで進みました。
a0156611_13461525.jpg

大倉棟梁です。
ザ・職人。寡黙に、そして笑顔で、丁寧な仕事をして下さいます。
a0156611_14051.jpg

設計監理の佐藤さんが見守る中、カタチがだんだん見えてきます。
a0156611_1402894.jpg

柱が立ち並び、屋根ができ、そして壁ができていきます。

図面の世界から、現実のカタチになり、目の前に出来ていくのを、可愛いお子さん達はどう感じてくれるかな?

Mご夫妻へ
大安のめでたい上棟、おめでとうございます。
近くでご両親も見守って下さるので、安心ですね。

今後、現場での打ち合わせも、温かい季節なので気持ちが良いはず。
現場監督の岩松さんも、職人の皆さんも、みんな楽しく、そして安全、正確、丁寧に仕事を進めていきます。

これからも、よろしくお願い致します。


東久美子 

「家創りのはじめいっぽ」相談受付中!完全予約制 (色字クリック
[PR]
by iepro | 2015-02-23 13:55 | 建築日和

築6年、経ちました。(その2)

K邸のウッドデッキは広くてご夫婦の寝室とダイニングを屋外で繋ぐ役目もしています。
a0156611_9224280.jpg

でも、屋根が無いので、、傷みが出てきました。
無垢の木材を使用しています。
痛みは仕方ありません。
ご理解を頂き施工しました。
さて、これからの暮らしで、ウッドデッキとどう付き合っていくか?
痛んだところだけ変える?
全部施工し直す?
無垢材を止めて人工的な素材にする?
屋根をつけて、風化の時間を伸ばす?
a0156611_9352037.jpg

色々検討して、梅雨前に工事をする予定です。
家のメンテナンスは、早めにしておけば、費用も軽減できることがあります。
10年目に向けてKさんも色々チェックが始まりました。

この6年で大きく変わったK家の室内空間。
お子さんの結婚、出産で、二人のお孫さんが遊びに来るようになって、
家の雰囲気も変わりました。
a0156611_9295793.jpg

コンセントに色々詰めてしまうのでと、カバとイルカのカバーを。
a0156611_9361024.jpg

可愛い!。

K邸の外壁に、植栽の新緑が映える時期がもうすぐ訪れます。
a0156611_9433875.jpg

そして、中庭は日当たりも良く、お孫さん達が夏はビニールプールで、楽しそうに遊ぶ姿も想像できます。

暮らし方は、しばらく大人から子供中心になりそうですね。
[PR]
by iepro | 2015-02-22 09:31 | お宅訪問

築6年、経ちました。(その1)

閑静な住宅街の建替え工事をさせて頂いてから、6年が経ったK邸。
a0156611_87169.jpg

隠れ料亭のような外壁も月日と共に、色も落ち着いていました。
a0156611_882933.jpg

外玄関を横から見たところ。中は?
a0156611_895233.jpg

坪庭があります。
風や雨、そして季節の風など、和室から自然を感じることが出来る贅沢な空間。
[PR]
by iepro | 2015-02-21 08:14 | お宅訪問

熊本の家創り相談室

今までもやってきたことです。

家創りのはじめのいっぽ相談室

今春からは、
気持ちも新たに、熊本で家創りを考えてい方の想いを聞かせて下さい!
の立場で、相談室を開きます。
a0156611_1054295.jpg

名刺もシンプルに。
会社名や肩書きも関係ありません。
初めての家を建てる時、土地から探し不満足の経験から住宅会社に勤務し、そして、色々家創りの現場を経て25年の時が過ぎました。
その経験が、何か、お役に立てればの気持ちです。
a0156611_1055433.jpg

家を買う、建てる。創る。
色々な表現と想いがあるはず。
土地から探す場合は、不動産業者との対応も。
「はじめのいっぽ」が大切です。

お金のこと。
設計のこと。
施工のこと。

何でもご相談ください。話すことで、安心することもあるはず。

家創り相談室は完全予約制です。
場所は、御船町の空楽の事務所
一時間位お話しする中で、何かが見えてきたら嬉しいです。
相談料は不要です。
その後の電話や営業訪問は致しません。

空楽の家創りにご興味があれば、次のご縁へと繋ぎます。

[家創りのはじめのいっぽ]をどうしたら良いのか?!の入り口がご案内できたら嬉しいです。

予約は電話かメールで。
ファーレルオーゴ(色字クリック)
090- 9070- 8168 東まで
[PR]
by iepro | 2015-02-20 11:12 | プロデュース

建築家の想い

空楽の家創りは敷地を読み、そこに暮らすご家族の未来も想像して、設計プランを創っていきますます。
「今」だけではなく「未来」を見据えて。

設計プランに対する要望はお聞きします。

でも、その想いや言葉をすべて設計に反映させるわけではありません。

なぜなら、暮らしに大切な、空間、眺望、動線、・・・。
色々な経験値を図面に書き込んでいくから。

光と風と緑を取り込む家創り。

空楽のプロが考える設計プラン。

世界にひとつの「家」に、想いと未来と心地良さが詰まっています。
[PR]
by iepro | 2015-02-18 19:39 | 建築家