くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

<   2014年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

空間を彩る陶芸家

築40年以上の家をリノベーションしたR邸。
一部の工事を左藤さんが手がけました。

その家の奥様、三早枝さんは、熊本で活躍する女性陶芸家。

私は三早枝さんのファンです。
美大出身で、学校で美術を教えていらした時期もありました。
熊本県伝統工芸館主催の工芸展で、グランプリ賞を受賞されても、威張ることなく、謙虚に普段と変わりなく、土と向かい合う姿勢に、人柄の良さと情熱を感じ、更に大ファンに。


家を創る時、建築家のこだわりのひとつが、壁の存在だと思います。
そして、空間演出。

日本人は「引き算の美学」で家を考える民族ではないでしょうか。

あれもこれもと、飾るのではなく、ひとつ存在感のあるものを床の間に置く。

シンプルと寂しいの違いが分かる空間演出。

今、三早枝さんの陶展を新市街のライゼギャラリーで開催中です。12月1日まで

a0156611_6413990.jpg

この大鉢。直径20センチぐらい。
かなりの存在感。
私なら、目線に入る位置に置きます。テレビ台の横や玄関の棚。
a0156611_6461333.jpg

動きのある花器は、トイレや手洗い台に。季節の花を一輪飾り。
そして
a0156611_648139.jpg

毎年サマーバケーションに帰る、ご主人の国アメリカのユーヨークの夕焼けの街並みをテーマにした
器。

これは、私ならどこに飾るか?

白い壁をバックにして、この器専用の台を探します。

陶芸作品を飾る場所も、床も間も無いし、子供がいるので割る心配も。

と考える方も、ご自分でつくる手洗い器はいかがですか?

サイズが分かれば、ローゼンクレイスタジオで、教えてくれます。
一日時間があれば。
仕上げは、もちろん三早枝先生の助けを借りて。(ほぼ先生作?!)
a0156611_774280.jpg

我が家のトイレの手洗い器も、先生の作品。


今回の陶展のテーマは「手仕事の軌跡・そして未来へ」

空楽でも、同じテーマで楽しいイベントが出来たら良いなと考えています。
家創りの写真や模型、そして完成した家の見学会。

等身大で、空楽メンバーと楽しく暮らしを考える。

2015年の計画に入れたい!
[PR]
by iepro | 2014-11-30 07:02 | コーディネート

喜業家の想い

若杉さんは自分のことを、建築職人と言われます。

私は?!と考えます。

道なき道を作り、風の強い先頭に立つ役割。
これまでの会社でも、新規事業の立ち上げに関わることが多かった。
新しい建築基準を周知させる検査機関の立ち上げ。
営業コンサルティング会社では、工務店の営業から設計、施工までのレベルアップサポート。
私は、上司である、建築士や営業の先生のアシスタント役でした。

今より明日!の家創りを!をテーマに。

空楽のメンバーになってからは、住宅会社では出来ない、自由な設計力と施工のバランスを考えた家創りを、どのようにして、伝えていこうか考えてきました。

宣伝広告費や立派な社屋や展示場にお金をかけるのではなく、
一軒の家創りの費用から出て行く経費を極力押せえて、暮らす人の家創りをどう充実させるか?

若杉さんが言うように、「職人意識」「現場重視」「暮らす人の心地よさ」
色々考えると、想いが膨らみ、自分力の限界を感じることもあります。

ここで、空楽力の威力を身に沁みて感じます。

メンバーは全員、家創りが大好きで集まっているので、大きな組織の小さな歯車ではありません。
やらされたり、指示待ち人間がいないのです。

私は、家創りのサポートを生業として、喜んでやってきました。

すなわち、喜業家です。

喜業家のこれからの想いは、主語が変わること。

分かりやすく表現すると、「私が」ではなく「私は」に移行することです。

メンバーはそれぞれ、家創り力のある人たち。
年長組の「私が」主導するのではなく、「私は」皆のサポート役で動くことが大切だと思っています。

勝手な理想は、イタリアの職人工房。(妄想ですが・・・)
イタリアに行ったことがないのですが、ものづくりへのこだわり集団。
そこで働く職人の皆は、ベテランから新人まで、各人ものづくりにプライドと情熱を注ぎ、自分力を日々磨いている。
伝統をしっかり守りながら、新しい形にも取り込む。

「伝統やブランドは、改善や進化が無ければ、守り続けることは出来ない。」
と創業100年の老舗お茶屋の代表が語っているのを聞いたことがあります。

これからの「空楽」の家創りが、「空間を心地よく楽しむ」を、どう進化させていくのか?!
a0156611_96785.jpg

空楽創立者、若杉さんの想いや動きを、次に繋ぐことも、喜業家としての役目のひとつかな。
[PR]
by iepro | 2014-11-29 08:42 | プロデュース

現場勉強会

a0156611_818678.jpg

空楽の現場スタッフたちが、他の工務店の現場を見学する勉強会に行くと聞き、私も同行しました。
異業種交流会は聞きますが、こうやって、同業者の情報交換をしながら、より良い施工へと意識を持つことは大切ですね。
[PR]
by iepro | 2014-11-28 08:20 | 建築日和

ヒグラシカフェ

吉無田高原の何もない場所で30年前、Wご夫妻の暮らしが始まりました。
開拓民のような始まりです。
そして
a0156611_76357.jpg

月日の中で、家族で作り上げ、移築した家を増築しながら「蜩窯とカフェ」はとても心地よい空間になっています。
a0156611_79102.jpg

全てにおいて、おおらかで、自然体。
それは、W奥様の大きな大地のような愛情が源のような気がします。
a0156611_7105936.jpg

リノベーションのお客様からのご紹介で、W様のご自宅を御船に建てさせて頂きました。
そして、今回はカフェの一部改装のご相談。
a0156611_7133767.jpg

現在、カフェは二男ご夫妻が主に、美味しいピザを窯焼きで出されています。

そして、陶芸家のご主人の蜩窯の作品展が、現在伝統工芸館で30日まで開催。

2月には、私の大好きな奥様のイベントを街中で計画中。
器と料理の楽しく美味しい期間限定の企画。

また詳細はご案内いたします。

これから寒い時期に入りますが、遠くても、寒くても、美味しいピザは食べたくなります。

どうぞ、お出かけください。
ヒグラシカフェ 096-285-2426
事前に電話確認をお勧めします。
[PR]
by iepro | 2014-11-28 00:20

山都町ドライブ

山都町に新築計画の山都なでしこさん、おススメのレストランへを目的地にドライブへ。
その前に、通潤橋の放水を、グッドタイミングで見ることが出来ました。
a0156611_2244264.jpg

中学生の時、見学遠足で見た以来の放水でした。
なんか感激!
そして、なでしこさんススメの「山都茶尞」へ。
a0156611_22474587.jpg

柿を、こんなに上品に可愛いく盛り付けてあるのは、初めて。
a0156611_22492819.jpg

自家製ウインナー。凄いボリューム。
a0156611_22532510.jpg

花の演出も素敵。
創作フランス料理。
ウサギの肉と、鹿のジャーキーは、お初の味。
山の中のレストラン。
夜は、きっと迷いそう。

なでしこさん。
美味しい情報ありがとうございました。
おかげで、至福の時間を過ごすことが出来ました。
[PR]
by iepro | 2014-11-25 22:56 | 楽しみ

休日の現場

小川町からの帰り道、二か所現場を見て回りました。
休日なので、工事はお休みです。
a0156611_2332414.jpg

富合町のN邸。青空がきれいでした。
a0156611_2344289.jpg

サッシも入り、家の輪郭ができました。
分譲地の中のN邸。
自我自賛ですが、1番心地よい空間設計の家になる自信があります。(空楽力で)
サンサンと輝く太陽のエネルギーをいっぱい浴びる暮らしが出来るはずです。

そして、嘉島のN邸。
a0156611_23113055.jpg

こちらも、晴天の空の下に、凛と佇む感じです。
a0156611_2314722.jpg

外壁の色はどうなるのでしょうか?
a0156611_23165071.jpg

色見本を日光に当てて見ることも必要ですよね。

交通量の多い場所に建っているN邸は、目立ちます。
品の良さで。
静かな存在感が、通る人を引きつけるはず。

打ち合わせに同席出来ない時は、ひとり現場周りで、外から進捗状況を確認するのも楽しみです。
[PR]
by iepro | 2014-11-24 23:21 | 楽しみ

βカロチンのおすそ分け

今日、M様宅に伺い、契約書にサインを頂き、今後の打ち合わせ段取をして帰る時、玄関先に野菜の入った袋が置いてありました。
「良いですね、ご近状さんからのおすそ分けですか」と話すと
「東さんへですよ」
と言って、人参、さつまいも、里芋を頂きました。
a0156611_19353386.jpg

ご親戚が、今お住まいの隣に畑を作っていらして、その収穫物だそうです。

野菜大好き人間なので、非常に嬉しいです。

M邸新築工事場所は、現在お住まいの場所ではなく、ご主人の実家の苺畑の隣。

収穫時期には、商品として出せない、ふぞろいのおいしい苺が頂けるかも・・・。
と、非常にいやしい期待をしています。^0^

Mご夫妻へ

ストロベリースマイルハウスの打ち合わせ。
次は、展開図の説明とショールーム巡りが、始まります。

設備機器は、あくまでもスタンダードなものを見積もりに入れています。
これから、本格的に見て、触れて、考えて、決めて下さいね。

色々検討しながら、金額も意識しながら、進めていきましょう。
よろしくお願い致します。
[PR]
by iepro | 2014-11-23 19:55

家創りのお金の話

家を建てたい!創りたい!と思い始めて、どのくらいの自己資金を貯めたら良いのでしょうか?
どの位のお金が、銀行から借りられるのでしょうか?
借りたら、返すの条件は?
生活全般の暮らしと、住宅ローンの金額のバランスは?

「家創りのお金」に関して、まったく不安がない!という人は、少ないと思います。

そこで、私の「住まいりんぐパーソナルサポート」のスタートです。
a0156611_20103523.jpg

今日は、ご主人の故郷である熊本に東京から戻り、家を建てる計画のM様のお金の話の時間でした。
奥様は、東京ご出身。熊本県人になって頂いたこと嬉しく思います。

夢の設計プランの話から、今日は超シビアなお金の話です。
a0156611_20135721.jpg

ファイナンシャルプランナーの万江さん登場で、年収、税金、控除の話。自己資金と借入金の割合の話へと進みます。
これから、土地をご購入です。土地代+建築費+諸経費の大枠をイメージして、暮らしのお金とローンの返済の割合を考えます。

そして、次に
a0156611_20193973.jpg

銀行のローン専門担当者、増田さんの話を聞きました。
各銀行で、融資条件が違います。金利の数字だけではなく、諸経費も違います。
a0156611_2020175.jpg

それぞれの家創りのお金の話は違います。
そのご家族に、一番有利になる銀行融資を探して、決めていきます。

でも、どなたへも共通してお伝えしたいのは
「借りたら返す」の借入金額を、プロのアドバイスも参考にしながら考えてもらいたい。

家を建てたので、家族旅行も、美味しいレストランへも行けない。
暮らしも、厳しく、楽しくない。
なんてことは、絶対に避けたいことです。

無理のない資金計画を一緒に考えていく事も、設計プラン同様に、とても大事なことです。
プラン打ち合わせのような、わくわく感はありませんが・・・。


M様

今日は大枠のお金のイメージが出来たでしょうか?!
次は、土地購入の具体的な交渉に進みますね。
何かご質問があれば、いつでもご連絡下さい。

これからも、楽しく、たまには美味しく?!打ち合わせを進めて行きましょうね。
[PR]
by iepro | 2014-11-22 20:25 | 打合せ風景

街中の終の棲家

新屋敷の真ん中にもう何十年も住んでいる、私の陶芸の先生で、友人としても素敵な女性ローゼン三早枝さんの陶展を、
11月28日から12月1日まで、新市街のライゼで開催します。
その準備の為、先日作品を預かりに行きました。
a0156611_281328.jpg

三早枝さんの作品は、造形的にも魅力的で、使わない時はオブジェとして飾っています。
そして、ユーモアも。
a0156611_2103126.jpg

陶器の鏡餅。みかんも陶器です。
美味しそう・・・。

そして、ローゼン家の庭&畑。
a0156611_215465.jpg

住宅街の真ん中に、土地を去年購入されました。今家が建っている真横の土地。
家が一軒建つ金額で。
月極め駐車場と、少しのスペースに家庭菜園を。
大根一本が土地代を考えるといくらになるのでしょうか?^0^
a0156611_219028.jpg

とても落ち着く緑のスペースが出来ています。
ご自分達で植木市に行き、選び、植えた樹木たち。
親から譲り受けた築45年以上の木造住宅を、建替えようかと考えた時期もあったそうです。

でも、室内を何回かに分けてリノベーションし、庭と畑を作り、ご夫妻二人で終の棲家としての新しい暮らしが始まりました。
a0156611_2212454.jpg

土ろ光と風の通る暮らしが望みだったそうです。
家を手直しして、庭を創り、字の如く、「家庭」がまた出来て、とても穏やかな気持ちで暮らしている様に感じます。
大学教授だったご主人は、土いじりがとても楽しそう。収穫祭もやるそうです。

壊さず、活かす。
ローゼン家のリノベーションは、歳を重ねた暮らし方の選択肢として、成功事例だと思いました。
住み慣れた場所で、家を労わりながら、暮らし方に合わせて、間取りも変えていく。。

可変性を楽しむ家での暮らし。素敵な終の棲家です。
でも、まだまだ畑や庭は進化しそうです。
[PR]
by iepro | 2014-11-22 02:27 | 楽しみ

戦車のような家

空楽のメンバーになる前、住宅性能評価機関で仕事をしていました。
当時、性能評価という名前を世間一般の方は、知りません。
「あねは事件」後、国の政策として、性能を数値で表すということが現場に課せられたのです。
義務化ではありませんでした。

でも、地域の設計事務所や工務店には、その評価制度を理解して、設計を意識して、申請書類を作成する事は、かなりの時間と費用のかかること。

マンションや企画住宅のように、プランが決まっているものは、比較的早く作業が進められる制度。
そう言っても、何でも最初は大変。
会社は、性能評価の制度説明や、申請の仕方指導、設計評価、建設評価の検査の仕事をしていました。

以前にも書いたことのある話ですが、

今家を建てる計画で、設計事務所と打ち合わせをしているという男性の方が、平面図と立面図を持参して来られました。
私は、受付窓口として対応しました。

内容は、「自分の家の設計は、等級はいくつなのでしょうか?」

私は
「図面一枚では分かりません。仕様書等の書類が必要です。
簡単に説明すると、この南側のウッドデッキに面した広い窓を小さくすると気密性断熱性の性能は良くなるはずですよね。そこで等級の数字を意識すれば、窓の大きさを変えるということです。」
と、簡単な性能評価の資料を渡し、私のつたない説明をしました。

本来は、私の後ろに建築学者のようなメンバーがいて、詳しく説明するのですが、皆、講習会の講師や検査員として外出中でした。

その時、彼が言った一言。
「僕は性能武装した戦車のような家が欲しい訳ではありません。南側の開口部を広くして、太陽の光をいっぱい浴びて、心地よい風を入れたいだけ」

私も、同感でした。

なので、「建築確認申請を受理されたら家は建ちます。建築家の方と、よく話し合いながら、その想いをカタチにしてもらって下さいね。そして、施工現場をちゃんと監理してもらえれば、あなたの希望した家が建つと思いますよ。等級の数字を意識されなくても」
の言葉で見送りました。

あれから、10年程の月日が流れました。

住宅業界もどんどん進化してきていると思います。
壊さず活かす。建替えを意識せず、長持ちする家。高齢少子化の時代。中古住宅のストックは増える一方。産業廃棄物の環境汚染。などなど国が抱える問題は多い。

性能を上げ、長期に渡り、住み続けてもらう家。中古住宅の流通促進。

今、熊本のあちこちに「長期優良住宅対応」と書いたのぼりや広告を掲げた住宅会社が増えてきました。

戦車のように、性能武装だけの家ではなく、木をふんだんに使って、窓の開口部も広く、外部との繋がりを大切に、そし五感にひびき、
心地良い家。

長期優良住宅が義務化された時、空間設計力+性能+施工力=空楽の家。になるように、今メンバーも動いています。

私は、国土交通省指定住宅評価機関という「固い現場」にいたせいか、柔軟に自由な発想の設計力のある仲間達と、今仕事が出来ていることが楽しく幸せです。

政治家の動向ばかりに目を向けることより、消費者の近くで家を一緒に創る役目。

家創りのはじめのいっぽは大切です。
[PR]
by iepro | 2014-11-21 08:05 | 想い