くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

<   2013年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

平成26年は?!

a0156611_034210.jpg

公私ともに、土壌改良の年にしたい!
今より更に良いチームワーク創りを!!!
[PR]
by iepro | 2013-12-31 00:05 | 想い

来年も楽天知命!

生業。
生きていくため、家族を育てるため、生活をしていくための仕事。
その気持ちで、一生懸命働いた時代。

人には語らない、きつく、つらい日々は誰にだってあるはず。

でも、今は、楽しく自分らしくsumai建築プロデュースという仕事をしたいと、心底思う。
「もう、良いでしょう。
自分らしく、自分の想いのままに家創りに関わって。」
と、自分に問いかける。

そして、大きな組織の小さな歯車ではなく、大きな歯車で自分の目指す方向へ進む生き方をしたいと考えて、仲間達と家創りが出来ている今は幸せ。

でも、まだまだ完成形ではない。

小さな組織と言えば「器季家カフェ」は本当に中年女性の活き活きする場所として、私が望んだ頑張りたい人が集まる職場。

器季家カフェのモットーは
自分のやりたいこと、やれること、やらなければいけないことを、前向きにやる!
日々反省!日々進化!
a0156611_1117536.jpg

以前、私が書いたメッサージの下に、店長が貼った紙を昨日見つけた。
皆が休憩する机の前に貼ってある。

松下幸之助氏の言葉
何としても二階に上がりたい
どうしても二階に上がろう
この熱意がはしごを思いつかせ
階段をつくり上げる。
上がっても、上がらなくてもと
考えている人の頭からは
はしごは生まれない。

オーナーの指示でなく、自分達で楽しい仕事場にしたい!
の気持ちが伝わり嬉しかった。
たかが、カフェ、されどカフェ。

職業の内容に関係なく、「楽しく仕事をしたい」
この姿勢はとても大事で大切。

その裏の、努力や苦悩やつらさを乗り越える「自力」があって初めて、楽しめるはず。

論語の一説に
50才からは、自分に課せられた天からの使命を、真摯に受け止め、命の限り、楽しく全うする。
これが
「楽天知命」
[PR]
by iepro | 2013-12-29 11:28 | 想い

子育て真っ最中!の仕事人

私が、住宅会社で営業をしていた十数年前までは、建築業界の現場に女性はほとんどいませんでした。
展示場の案内係りか、事務職の仕事が主な女性の仕事。

我が家創りで不安な思いをいっぱいして、誰か私の近くでサポートしてくる人が欲しい!の想いから、現在の私の仕事がスタートしています。

でも、当時は男性社会。子育て真っ最中の私でも、職場で「子供の都合」は口に出来なかった。
そして
a0156611_11135377.jpg

先日の空楽ミーティング。
かわいい息子さんが手足口病で保育園に行けなくて、ママと同伴参加。
良い職場です。
空楽とは、共同で事務所をシェアして、チームをつくり家創りをしている仲間の集合体です。

ママの顔を持つ岩松さんも、お客様との打ち合わせでは、仕事人の表情に変身。
a0156611_11274314.jpg

見積書、図面、現場の写真、すべての情報、資料を説明しながら、打ち合わせを進めて行く姿に、頼もしさを感じます。
a0156611_113038100.jpg


人生経験のすべてが、家創りに活かされると私は思っています。
岩松さん!来年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by iepro | 2013-12-27 11:23 | 打合せ風景

クリスマスプレゼント

我が家用の屋外ベンチが欲しいな~!と思っていた。
でも、ハンズマンなどで売っているモノは、ちょっと綺麗すぎて、高い。
そして、クリスマスの今日
a0156611_16121875.jpg

レトロな感じで、雑木林に似合うベンチが見つかった!!!
大型ごみ置き場で。
これはクリスマスプレゼント!と思い、ひとりで抱えて車に乗せた。
とっさの馬鹿力。私って、凄い・・・。
[PR]
by iepro | 2013-12-25 16:13 | コーディネート

エンジェルシッター

K邸の改装工事の打ち合わせ。
この家のエンジェル。
そう!天使のようなR君の存在は、打ち合わせ中も皆を笑顔にします。
a0156611_20555966.jpg

パパと
a0156611_20573880.jpg

亜紀さんと
a0156611_20583617.jpg

佐藤さんと
R君の存在に癒されます。
でも
打ち合わせは、悩みが多い。
a0156611_210030.jpg

ママは、キッチン改装に色々検討中で表情は真剣!
この打ち合わせで、私に出来ることは
「エンジェルシッター」
天使のようなR君の子守りに専念しています。
[PR]
by iepro | 2013-12-23 21:02 | 打合せ風景

何を大切に接客していますか?

書店に行くのは好きです。
探す本のジャンルは、建築専門書、インテリア雑誌、そして、ビジネス書とエッセーなど。
小説は読みません。
物語は映画の方が好き。
ビジネス書もエッセーも、「著者との会話」として捉えています。
昨日買った曽野綾子氏の「人間にとっての成熟とは何か」
これは、曽野さんとの会話を楽しむ感じで読みます。

a0156611_20361284.jpg

ビジネスに成功している会社の社長が書いた本も多く並んでいます。

でも、その会社の店で何回も?の接客を体験しました。
「プレゼントにしてください」とお願いしてリボンをつけてもらった商品。
お祝いメッセージカードを入れたいと思い、リボンを解き中を見たら、プライスがついたまま。
クレームを店に入れようかと思いました。
スタッフの教育不足か、たまたまのことか。
何もしなかったら、あげた相手に失礼な結果でした。

そして、同じブランドの違う店で、またお祝いを買いました。
店のレジ担当の男性との会話、

「プレゼント用の袋は、無料のものと有料のものがございます。」

「無料のもので」

「プライスは、はずしておきますか?」

「もちろんでしょ!」

「承知しました」

まさか、この店でもプレゼントにプライスつけたまま???
接客のマニュアルはどうなっているの?
なぜこんな対応になるのだろう?と考えました。

本当に、お客様のことを考えて、個人の「考える力」で接客しているのか?

大きな組織の、末端の現場で働く人たちの想いはどうなんだろう?
トップは仕組みが9割と言っているけれど・・・。

と、自分の接客力は棚に上げて考えました。

実際、組織が大きくなると、企業理念の浸透、どこを見て、誰の為、の意識が現場まで本当に届いているか?と思うことがある。
高学歴の販売員を採用すれば、今後の海外進出にも大きな戦力となるであろう。
でも、そこには、「こころね」の部分は仕組みには出来ない。

十数年前、住宅会社の展示場の課長をしていた時期、
隣で、大手のハウスメーカーが大卒の新人を展示場接客担当させていた。
何も分からない、家に興味がなくても、家は売れていた。
その時、「ブランドと売る仕組み」の力を痛感させられました。

全国規模の組織で働いてきた私も、家創りが大好きな小さな組織で、「創る」をテーマに小回り利く動き、「四方良し」の仕事がベストと、今は思っています。

四方良しとは、施主・設計者・施工者・私が、みんな幸せになるカタチ。


孫もいるので、これからの社会に大切なのは「こころ」の教育。
当たり前のように、相手の立場で考える力。全体を読み取る力など「モラルとルールと思いやり」

これが受験社会に、机上の勉強とバランスよく培われているのかが疑問です。


小さな「プライス事件」から、ここまで考えてしまうのは、やはり職業病かもしれません。^0^
[PR]
by iepro | 2013-12-21 20:51 | プロデュース

家を買う=シアワセ?

先日、家創りのご相談を受けて感じたこと。
家を買う!と表現してる状況をたずねてみると、住宅会社の営業者の方は「買えますよ!頭金0で」と言われたらしい。

確かに、「買う家」には建売住宅、中古住宅、分譲マンションなどがあるはず。
すでに建築されたもの。

「買えます」は嘘ではないと思うけど、私がお手伝いしたいのは、一緒に創る家。

設計デザインも、白紙の図面に、その土地を読み取ってつくりあげるもの。
そこにはお金も時間も必要です。

なので、私は簡単に「建てることが出来ますよ」とは言わない。

資金計画の話もするし、銀行の査定条件の話もします。今の暮らしより楽しくなければ建てる意味もありません。

住宅ローンだけに追われて、日々の暮らしが楽しくなければ、「建て時」を間違えたのでは?
と思います。

家族の倖せは「家を建てる時期を間違えないこと」が重要だと思います。

決して家を買えばシアワセになるわけではないと思います。

何十年も暮らす家について、ご自分達の立場を理解してくれて、色んな事を考え、話せるプロと出会ることが、シアワセのスタートかもしれません。
[PR]
by iepro | 2013-12-19 20:05 | 想い

敷地40坪弱の家

完成してもうすぐ一年が経つ、M邸へ伺いました。
建替え工事でした。
借り住いも大変だったと思います。
木造3階建ての家。
お母様と息子さんご家族、6人が暮らす家。
a0156611_18442111.jpg

2階ダイニングのソファー。お昼寝にもぴったりの大型サイズ。
a0156611_18461542.jpg

1階は、お母様の部屋と大型クローゼットにトイレ。
2階は、リビングダイニングキッチン、和のコーナー、ご夫婦の寝室。トイレに洗面、バス。
3階は、お子さん3人の部屋。
皆がくつろぐシンプルな掘りごたつ型の畳の間。落ち着く場所です。
a0156611_1850417.jpg

階段のクリスマスグッズが可愛かった。
a0156611_18524299.jpg

a0156611_18532232.jpg

a0156611_18541035.jpg

40坪弱の、限られた敷地を最大限に活かし、縦のゆとりと駐車スペース3台分のM邸。

「自宅にいる時間が幸せです。」とご主人の語る表情はニコニコでした。

M家のみなさま!
メリークリスマスそして、良いお年をお迎えくださいね!
[PR]
by iepro | 2013-12-18 18:56 | お宅訪問

ご縁に感謝!

熊本県内にどれだけの住宅会社、設計事務所、工務店があるだろうか?!
と考えると、今年、家創りの話を出来た方々とのご縁に感謝したい思いでいっぱいです。
a0156611_972580.jpg

一年の締めくくりとして、器季家カフェの店長と、出雲大社にお礼参りに行きました。
おごそかな宮内の空気感を感じ、気持ちを清める時間でした。

家を建てる。
家を創る。
家で暮らす。
家で育てる。
家を慈しむ。

器季家という名前の意味

作家の手仕事を伝え、四季の気候風土の恵みをいただき、家(建築)を継承する。

私の家創りへの想いは、短時間に簡単に機械的に売るものではありません。
その上、広告や宣伝をする機会もあまりありません。

その中で、「ご縁」があって今家創りのお手伝いが出来ています。
そこには、多くの仲間や職人、業者の集結した縁力があります。

すべてのご縁への感謝を、しっかりと出雲大社で参拝をしてまいりました。
[PR]
by iepro | 2013-12-17 09:19 | プロデュース

もう、初午???

a0156611_19492967.jpg

福男たちが威勢よく投げる福餅を、皆楽しそうに拾っています。
a0156611_19523952.jpg

初午の風景です。
と実況中継したくなるほど、集まった人達の数が多かった、H邸上棟、もち投げ。
a0156611_19541937.jpg

準備も大変だったと思いますが
a0156611_19554427.jpg

集まった大勢の方々の笑顔を見たら、Hご家族の疲れも吹っ飛んで行ったことでしょう。
a0156611_204446.jpg

祝宴の中、この家のおじい様が一番感激して、喜んだのは、大黒柱。
a0156611_20145923.jpg

解体した家を建てた時、おじい様が山から伐採して、製材所に、持ち込んだ思い出の柱です。
「三世代が繋ぐ家」を大切にしてくれた、設計者佐藤さんの計らいです。
祝!上棟ですが、もうお正月と、初午がダブルで来たような日でした。
めでたい!めでたい!
[PR]
by iepro | 2013-12-15 20:07 | イベント