くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

<   2013年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

薪ストーブの効果

我が家の今年初の薪ストーブの炎。
a0156611_21195728.jpg

炎の動きを見てると、ディズニーの世界を想像する。
炎に目と口があり、歌っているように。
小さい頃はディズニーの映画を見るのが大好きだった。
その影響かな?!
唄って踊る炎の紳士。

想像力があり過ぎかな?
[PR]
by iepro | 2013-10-30 21:23 | 楽しみ

女性が考えた家事椅子

インテリアプランナーの坂梨由紀子さんデザインの家事椅子。
a0156611_826556.jpg

家具作家の曽我さんに作成は依頼されました。
長く立ち続けるキッチン。ちょっとお尻をのせて楽な姿勢で、料理の準備をする。そして踏み台にもなる、そして、掃除する時は、テーブルにかけることもできる優れものです。
a0156611_8292979.jpg

実際に座ってもらいました。
a0156611_8303891.jpg

Mママ、いかがですか?
この椅子は、キッチンの高さ、使う方の身長、腰掛け方によって調整しながらオーダーメードする椅子です。
女性ならではのデザインだと思います。
[PR]
by iepro | 2013-10-29 08:32 | コーディネート

おとなの隠れ家料理店・K亭

とある住宅街の中に、粋な空間を設けた料理店、K亭。
知る人ぞ知る、料理人の味へのこだわり。
昨夜は大人の隠れ家へ仲間達と。
a0156611_1247579.jpg

密会の為、画像は荒くしています。(本当はカメラを車に忘れ、美味しい料理を食べながら携帯電話での撮影)
「手仕事」をキーワードに、建築家、大工の棟梁、書道家、インテリアプランナーと、建築会社の現場監督、そして私のメンバー。
料理人K氏の和洋折衷料理をいただく会。
a0156611_12515894.jpg

実際は、昨年完成したK邸での「完成一年後の食事会」でした。
ご主人の料理の手際の良さと、食材のこだわりに、皆感動していました。
あと一つ感動は、空間の心地よさ。
設計した若杉さんは、自我自賛で
「よか~!よか~!」の連発でした。
その真相は、棟梁の技と現場監督の動き、コーディネート―力も含めて。

みんなが笑顔の会でした。
Kご夫妻、Nちゃん、昨夜は本当に温かいおもてなし、ありがとうございました。
a0156611_18373185.jpg

一年前のK邸。
[PR]
by iepro | 2013-10-28 12:57 | お宅訪問

決断!

新築にしても、リフォームにしても、「決断」の連続。
a0156611_18175238.jpg

来月2,3,4日に見学会をするJ邸で、Y邸リフォーム工事の打ち合わせ。
実際の設備を見るのも「決断」の参考になります。
a0156611_18182993.jpg

各場所の設備機器を選ぶ時期になっています。
多くのショールームを見て回りました。
見積もり資料もかなりの枚数に。

さ~!Y様!
ご決断を!!!
[PR]
by iepro | 2013-10-26 18:20 | 打合せ風景

憧れの人の暮らし方

今は、デザイン活動家という名称で動いているナガオカケンメイさん。
以前、私は彼の追っかけファンでした。
追っかけというより、呼び寄せファン。

彼の書いたエッセイ本を読んで彼の「モノづくり」に関する考え方に共感して
「熊本に講演に来てください!」と事務所に電話しました。
もちろん最初は丁寧にお断り。広報部の方が
「熊本ですか?」と場所を知らない様子。
「はい。世界に誇る阿蘇のある熊本です」と力を込めて話しました。
結果、熱苦しい私の想いが伝わり、ナガオカケンメイさんの熊本講演は実現。
数年前のことです。

その講演がきっかけで、熊本の色んな方とのつながりが出来て、ケンメイさんの提唱する「ロングライフデザイン熊本」いう会まで発足。
その彼の静岡の家が「住む」という住宅雑誌に載っていました。
今秋号です。
写真と、文章を読んで「負けた!やっぱり、私が憧れた人だ!」と勝手に興奮。
a0156611_16301733.jpg

富士山が雄大に見える静岡に四千坪の土地を買って、二世帯住宅を建てたそうです。
私は、南阿蘇の久木野が見える八百坪の河陽の土地を購入。土地の規模が違う!負けた。
そして、なぜ彼が静岡に家を建てたかというと、依頼したい建築家が静岡にいたからだそうです。
これは、いつも私が思っていることと同じ。
地産地設。
その地に産まれ、その地を知っている人に設計は依頼した方が良い!の考え。
土地を読む取る力はその土地に住む人があるはず。

そして、ご両親は畑を耕し、ケンメイさんが経営しているカフェのスタッフが、収穫を手伝い、店でその新鮮な野菜を使うそうです。
まさしく、私が今計画していることと同じ。
感性をどこまで自然に委ねるか!、自然とバランスを取って暮らせるか!
やっぱり憧れた人です。
a0156611_16424861.jpg

彼は以前、器季家カフェにも来てくれました。
遠くて近い存在です。
[PR]
by iepro | 2013-10-25 16:38 | ひと

松橋・小川の家創り近況報告!

今年から来年にかけて、松橋、小川に3件の工事をプロデュースしています。
今年の夏に工事が始まったのは
「季節の支度を楽しむ平屋」
昨日、イケメン棟梁におやつの差し入れ。
a0156611_1682778.jpg

場所は松橋。小川町にとても近い場所。
a0156611_1693716.jpg

上品でおしゃれな、平屋。
きっとお仲間のたまり場になりそう。

リビングの大きな窓からの借景は
a0156611_16124311.jpg

武家屋敷のような、風格ある塀と歴史を感じる大木たちを眺めることができます。
悩んでいた外壁の色。
a0156611_161517.jpg

優しい色合いで品があります。
a0156611_16155958.jpg

段上がりの畳コーナー。
来年の今頃は、T様はこたつに入ってみかんを食べながら、編み物をしているのでしょうか?!
a0156611_1618921.jpg

ん???
あえて、施工状況が分からないように写した欄間。以前住んでいた家を解体する際に、きちんと取ってあった思い出のもの。
完成してからのお楽しみです。
a0156611_162084.jpg

T様は風水でクロスの色を選ばれていました。このピンクも風水?
きれいなローズピンクです。
入浴中に更に美しくなれる予感が・・・。

T邸が完成するのは年末。
内覧会も予定しています。

そして、小川に移動して
a0156611_16231894.jpg

M邸建築用地。
男のお子さん三人が、元気よくのびのび育つ家を建てます。
設計プランも決まり、今、役場へ出す書類等の準備をしているところ。
M邸のウッドデッキからはのどかな風景が。
a0156611_16264636.jpg

正面の風景
a0156611_16272042.jpg

左側の風景。
まさしく田園。少々お子さん達が騒いでもOKですね。
完成予定は来年5月。

そして、小川のリフォームは来年の1月から工事予定。
築30年の和風建築の家をリノベーション。生活しやすい家事動線への変更。
水回りの位置が全く変わります。
そして、畳のふたま続きの和室を使いやすいダイニングキッチンに。

小川周辺はとても良い環境です。

新しい町を探索するのも楽しみです。
[PR]
by iepro | 2013-10-23 16:34 | 建築日和

棟梁!おやつですよ!

工事が始まった現場へは時々おやつを持って、様子うかがい。

現場の状況、職人さんの様子。いろいろ短時間で感じてきます。

また台風も来ているようで、養生シートを張ったり、はずしたりと大変な現場。

a0156611_931797.jpg

I邸現場。
a0156611_931539.jpg

上棟から5日経ち、すっかり家の輪郭が出来ています。
a0156611_933128.jpg

無垢材が何だかたくましく見えました。
想いがいっぱいの家は、気も木も希もいっぱい!

終の暮らしを楽しく平屋のS邸。
a0156611_9363247.jpg

合成写真のような青空の元、工事は進んでいました。

a0156611_9374073.jpg

趣味のバイクを飾る、触る、楽しむ!ができる沼山津ベース。
棟梁は不在でしたが、隣に住んでいらっしゃるご両親におやつの差し入れ。
ゆっくりお話も出来て良かったです。

まだまだ、現場回りをしたかったのですが、昨日は「棟梁!おやつですよ!」は3邸で終わり。
今日は松橋へ行こうと思います。

季節の支度を楽しむ平屋。

来月末着工する「子供がのびのび育つ家」の現地を見に。

そして、9月にお引き渡ししたNさんと、久しぶりにランチを。
ご自分で育てた花々に囲まれた暮らしを楽しんでいらっしゃるようです。
新しい家での近況報告をお聞きします。
[PR]
by iepro | 2013-10-22 09:48 | 建築日和

暮らしを想像する。

土地探しからご相談を受けたN様。
初めての面談の時、奥様から
「主人は仕事が忙しくて、なかなか一緒に相談や打ち合わせに来れないかもしれません。
それでも大丈夫でしょうか?」のご相談も。

もちろん大丈夫です。

私と奥様で普段は打ち合わせをして、その結果や質問疑問や、それに対する回答をご主人に確認する。
このやり方で、大丈夫です。これまでも多くの「女子会打ち合わせ」の実績があります。
但し、ここは!という大切な契約や金額、などの意思確認はご夫婦の前でしていきます。

奥様からご相談を受けてから、一緒に土地探しドライブをしたり、「暮らし方の夢」を聞くランチをしていたら、土地が見つかりました。

見つかったというより以前から売りに出ていたのですが、予算が合わない土地だったのです。
資金計画を立てて、ちょっと無理する金額。
でも、これからの暮らし方、親御さんとの関わり方をお聞きするうちに、「いけるかも!」の気持ちから「ここ!」に変わり、「決めましょう!」に変化していきました。

それは、ご夫婦の仕事とお子様との関わり方に深く関係してくることもありました。
「暮らし人」にとって何を優先する場所なのか!をご家族、親御さん達みんなで考えた結果。最初の予算よりはるかに高い土地を買うことに。

土地契約が早々に決まった要因には「ライフスタイルのイメージ」がご夫妻共に固まっていたこともあります。

土地が決まったら、家創りの話も進めて行きましょうね!とNママにはお話ししたのですが、2回目にお会いした時は、もう「ライフスタイルブックを作り始めました」と言われ
先日、土地契約の事前説明の時は素敵なファイルをご持参くださいました。
a0156611_984460.jpg

イメージに近い雑誌の写真と各場所への想いを箇条書きにまとめてあります。
a0156611_992464.jpg

車庫づくりの為に車のサイズもちゃんと資料が。

素敵です!もう「暮らし」がしっかり想像できています。
創造。希望。妄想がしっかりあったから、土地探しも早かったと思います。
少々の予算オーバーでも、それをクリアーするだけの楽しい暮らし方が、Nご夫妻には創造出来ていたのです。

これからの私の役目は、資金計画の修正と、土地契約後、建築家を紹介して、土地を読んでもらい、設計の打ち合わせに進みます。その後は銀行との契約…。と続きます。

ゆっくり、楽しく、確実に「N邸建築プロジェクト」は進んでいます。
[PR]
by iepro | 2013-10-21 09:16 | 想い

想いがいっぱいの家

先日棟上げした「想いがいっぱいの家」
Iご夫妻のこだわりや夢がいっぱい詰まった家です。
そして、この方も想いがいっぱいだったと思います。
a0156611_12593586.jpg

右に立つ、設計者直理さんの説明を聞いていらっしゃるI様のお父様。
棟上げの日、早朝から現場に来てくださいました。
a0156611_1314727.jpg

I邸工事の大倉棟梁と一緒に現場にお神酒もあげて下さいました。
a0156611_1345912.jpg

職人さん、直理さん、現場監督、そして、お父様でI邸工事の安全を祈って工事はスタートです。
これからカタチがどんどん見えてきます。
お父様
どうぞ、これからも見守っていてくださいね。
よろしくお願い致します。
[PR]
by iepro | 2013-10-19 13:08 | 建築日和

母親のような・・・。

私生活では、「母性欠落」のように姉妹に言われて、へこむこともある私です。
子育て中も、男性のように仕事のことばかり考えていることがありました。
もちろん、子供を育てる生活の為に。

そして、最近は、母親のような存在で、家づくりの相談を受けています。
暮らし方から入る家づくりの話。

私の家づくりの話には「坪単価」の話はあまり出てきません。
「どんな暮らしをしたいのか?」の話からスタートして、ご夫婦の趣味や日々の悩み事、これからの「人生の歩き方」まで、色々な話題で盛り上がります。

今日も、Yさんとショールーム帰りに、つい長話になり、
「東さんは母親的な存在で話が出来るので、つい長話になりますね」とおっしゃいました。
母親?
Yさんは、私よりひとつ年上の女性ですが・・・。
[PR]
by iepro | 2013-10-18 21:36 | 想い