くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

<   2013年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

建築地探しドライブ

土地から購入して、家を建てる計画の方のご相談は、ちょっと時間がかかります。
まずは土地がないと家は建てられません。
そこで、私もお手伝い。
不動産情報をチェックしながら、目的地まで。
実際に土地の前に立たないと分からないのが、周辺環境、前面道路状況、そして「気」
今日は益城の土地をみて、「違う!」と思い、帰りは当てもないドライブ。
そして、川沿いの桜並木の下で、車内ランチ。
a0156611_1873138.jpg

なかなか良い眺めに、仕事とはいえ、楽しかった。
ひとり花見・ドライブ・弁当。
[PR]
by iepro | 2013-03-31 18:09 | 楽しみ

すべり台とブランコのある家

遊園地のような家を創りたい!から始まった家創りのご縁。
完成した家は、子供だけではなく、ご夫婦もそれぞれ楽しむ空間が出来ました。
a0156611_1711836.jpg

この写真を撮った後に、滑り台とブランコがつきました!
そして、昨日、久しぶりにHファミリーとお会いしました。
a0156611_9433151.jpg

ご家族がおひとり増えて、また新しい暮らしがスタートしています。

何でもない普通の暮らしの中に、「幸せ」を感じる空間がある。
これからもご家族仲良く暮らしてくださいね。
今度はご自宅に遊びに行きます。!
[PR]
by iepro | 2013-03-30 09:45 | 楽しみ

カーテンを選ぶ!

香りや色彩は「心地よい暮らし」に重要なもの。
a0156611_12315556.jpg

昨日は、エアリアルの坂梨さんの事務所で打ち合わせ。(下線クリックで紹介)
建築士で、アロマテラピーの資格も持つ彼女らしい空間。
a0156611_1230426.jpg

カラフルなカーテンがパーテーション代わり。
そして昨日の香りはビャクダン。
a0156611_12312691.jpg

カーテンは色と素材と、動き。
最後の仕上げとしては、かなり重要なものです。
N様
ゆっくり、楽しんで選びましょうね。
[PR]
by iepro | 2013-03-29 12:32 | 打合せ風景

伝える力・よみ取る力

私のsumai建築プロデュースのやり方は、家創りの相談があり、その後、具体的に進んだ場合、数人のチーム編成をし家創りが始まります。
設計者、施工管理者、設計のアシストなど男女チームで打ち合わせや現場で動いていきます。
a0156611_1543871.jpg

その時、先輩後輩のプロ同士、「伝える・よみ取る」場面が、幾度も設計施工の流れであります。
a0156611_156942.jpg

これは、とても重要で、ありがたいことなのです。
「お金をもらって、学ぶ」と考えれば、先輩の言葉や図面、現場の施工からいくらでも多くのことを学び、自分の力にすることが出来ます。
指示や真似から入っても、そのうち自分の色で表現できるようになるのです。
私には、頼もしいプロの存在は不可欠。
皆さん人財です。
[PR]
by iepro | 2013-03-27 15:09 | 想い

ステージのある家

ご夫婦の共通点は演奏者。
アイリシュの音楽を主に演奏されます。奥様の歌声は天使のようです。
そんなお二人の家をただいま設計中!
a0156611_19473799.jpg

いろんなお話をして、今のご自宅にもお邪魔して、家具や荷物の量も確認しました。
そして、平面、立面プランを提案。
a0156611_19485148.jpg

私たちも、色々考えて進めますが、一番大切なのは、その家に暮らす人たちの想いが図面に反映することです。
a0156611_1950696.jpg

皆さんが熱く語り合っている傍で、私は春団子をいただきながら、美味しい打ち合わせに参加しました。
ホールや階段がステージになり、ライブパーティーが楽しめる家。

打ち合わせの後は、不動産業者へ出向き、土地契約書と重要事項説明書とにらめっこ。
これをクリアーして、まだ前進しました。
ちょっと肌寒い秋風が吹く頃には、「ステージのある家」が完成する予定です。
[PR]
by iepro | 2013-03-25 19:53 | 打合せ風景

家創りの原点回帰

家創りを仕事にして20年近くなりました。
こんな人間でも、想いが強ければ、何かを続けることが出来るのだ!と自分で感心しています。

その想いとは

設計者も施工者も施主もみんなが「家創りが好き」という共通点の元に楽しく進める。
金額や利益だけを優先しないで、どんな暮らしをしたいのか!の施主の気持ちを大切にする。
プロとして、先を見越した提案を重視して、決してイエスマンの営業はしない。
家創りに関わるみんなの笑顔を大切にする。

これまで、すべての家創りがパーフェクトに進んだわけではありません。
でも、最初に志を立てて、住宅メーカーのサラリーマンを辞めた時からの想いを忘れないように、
時々こうして文字にしてみたいと思います。
[PR]
by iepro | 2013-03-24 18:33 | 想い

家を創るなら・・・。

家を買いたいな~!
家を建てたいな~!
と考えている方に。

それなら今やることは?
家創りのプロに相談することから始めませんか!

感性や相性や、予算や条件など、色々あると思います。
でも、既製品を買う。(企画住宅)
建売、条件付きの土地から購入、を考えるなら、一度私とお話しませんか?

色んな選択肢があることを知った上で「家創りのはじめのいっぽ」に進んでみては?

どこが良いとか悪いとかではない、あなたの為の家創りの進め方をお話します。
[PR]
by iepro | 2013-03-23 19:02 | 想い

去年の今頃

一年前の家創り。
何してたかな?
a0156611_9161171.jpg

写真のデーターをチェックしてみた。
そう!K邸の着工前の打ち合わせをしていた時だった。

家は完成するまでは私たちの力も集結しますが、暮らしが始まってからは、そのご家族の想いと愛情で成長していくはず。
[PR]
by iepro | 2013-03-22 09:19 | 打合せ風景

布を楽しむ!

暮らしの中で布を楽しむと言ったら、カーテン、テーブルクロス、布団カバー・・・。
a0156611_10584659.jpg

食卓を楽しむ!という表現で布作家の岩崎ちよみさんがつくっているのが、コースター。テーブルセンターなど。
a0156611_1101796.jpg

「素を楽しむ暮らし」
3月20日~3月24日まで  器季家カフェ 
[PR]
by iepro | 2013-03-21 11:04 | コーディネート

再生と進化

新築の家創りが主な生業ですが、リノベーションもとても大事だと思っています。
壊さず活かす。
その想いが、「器季家カフェ」というカタチになりました。
築100年の町屋が50年近くシャッターを閉めたまま、外観の風格だけでひと目を引いていました。
私も近所に住んでいて、この町屋か活かせないかと、勝手に片思いで眺めていました。
それが、縁あって今はその場所で商いをする立場に。
a0156611_1516134.jpg

店をオープンする3か月前、模擬店でかき氷屋をやってみました。

カフェの経験がないので、不安でいっぱいの時です。ただ、この町屋を何とかしたいの気持ちだけ。
それが、今は
a0156611_15181965.jpg

「つくるdeつなぐ」のコンセプト通り、作家の作品などを置くギャラリーカフェに再生しました。
本物の素材を活かした歴史ある建造物が、時代を経て新しい空間に進化しています。

これを皆さんが認めて下さったおかげで、アートポリス推進賞選賞というものを頂くことが出来ました。
有難いことです。
先人の築いた町家そのモノが頂いた賞です。

これからの私の想いは、町屋再生に留まらず、街中のオフィスビルの用途変更の再生や過疎地の廃校や家屋の活用などの「壊さず活かす」へ広がっています。

でも、あくまでも想いであって、個人力は知れています。
力のある異業種のプロ達も巻き込んで、楽しく夢を追っかけていきたいと思っています。

つくるdesつなぐ HP(色字クリック)
[PR]
by iepro | 2013-03-20 15:27 | 想い