くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

<   2012年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

家づくりの依頼は縁?!

ラジオの家創り相談番組を聞いて思ったこと。
設計士が熊本弁で分かりやすく話される内容は、本当はとても重要なこと。
住宅展示場で営業マンが「わが社の性能は!」と力説するより奥の深い話。

相談者の内容
「家をこれから建てるのですが、どこに、誰に頼んだら良いのでしょう?」
と漠然と直球の質問。

解答者
「縁ですよ!」
これだけ聞けば、なんて曖昧な答えだと思います。
が、この後の話で、納得というか、私と同じ考えの方と同感しました。

解答者
「家を建てる時は、いろんな思いがあると思います。
それを箇条書きにいっぱい書き留めておくこと。自分も勉強せんといかん・勉強と言っても設計や建築のことではありません。それはプロにはかなわないし、プロの意見をきちんと聞くうえでも、素人のにわか知識は邪魔になることもある。
勉強とは、どんな暮らしがしたいのかを良く考えることです。
そうすると、おのずとそれを設計してくれる人に出会いますよ。要は縁ですな。」

この内容を私なりに表現すると

「自分のこれからの暮らし方を真剣に考え、書き出したり、いろんな家創りを見学したりすると、自然と「感性」が研ぎ澄まされてきます。「家すまん」=はいはい!との愛想だけ良い営業設計士と、本当に自分の想いを理解してくれている設計士か、見極めがついてくるのです。

設計事務所に頼むと高い!の発想ではなく、限られた予算の中で、どれだけのことを具現化して家創りに取り組んでくれるか!がわかってきた時、「ビビッ」と感じる人に出会うということなのです。

この先は、私の家創り相談室に遊びにいらしてください。
ゆっくり珈琲でも飲みながら「はじめのいっぽ」のお話をしましょう!
[PR]
by iepro | 2012-11-30 12:47 | プロデュース

二回目の家創り

家創り経験が2回目という方々との話が最近多い。
a0156611_17163349.jpg

これからの暮らしに、何が大切か!よく理解されている。
a0156611_1718157.jpg

加齢の暮らしを快適に。
子育てや大家族の家ではなく、個人の空間と家族の空間と程良く距離感を持つ暮らし。
家創りの先輩のお宅訪問時も真剣です。
設備決めも、親の介護経験があると、自分の参考にもなります。

ここで、これから年を重ねながら暮らす終の棲家創りのポイントを少々書きます。

①自分を甘やかさない設備。(ボケ防止)
トイレの蓋が自動で開く。自動で流れる。この習慣は、外出先での失敗のもと。

②過剰な数のリモコンが必要な暮らしはしない。

③出来るだけコンパクトに快適なリビングダイニング。いつも居る場所は程良い狭さの方が落ち着く。掃除も楽。

④光と風と借景は大事。設備依存ではなく、エコな環境づくりをしてくれる設計者を探そう。

⑤建築費が高いと「心地良い家」はイコールではない。

⑥最後に一番大切なのは、きちんと話を聞いてくれる「プロ達」と出会うこと。但し、素人の言いなりの設計はパッチワークのような感性度の低い空間設計になることもあるので注意。
きちんと話を聞いてくれて、プロとして誘導できる人達に出会うこと。

何回建てても、設計、施工力のない業者との家創りは後々不満が出てくると思いますよ。
[PR]
by iepro | 2012-11-29 17:28 | 打合せ風景

男子もキッチンに立って!

これからの男子はお料上手がモテる!もこみち君を見習って、イケメンK君もおもてなしをしてくれました。
a0156611_7582957.jpg

初めてお会いした時より、身長も伸びて、お兄ちゃんになりました。
a0156611_7591870.jpg

キッチンでは、ママのお手伝いをして、コーヒーを入れてくれました。ありがとう。
a0156611_803423.jpg

それから、透明のハートの眼鏡をかけて、豆乳を飲みながらだんだん白に変身するメガネで、皆を笑顔にしてくれたK君ありがとう。
ママの愛情たっぷりに、成長していくK君に会えるのも楽しみのT邸訪問でした。
家創りに関して、色々とご説明して頂いた、Tママにも感謝いたします。
心地よい時間でした。
お姉さま方も、大満足と感動の余韻を残し、帰宅されました。
Mちゃん、K君、Tママ、温かいおもてなしありがとうございました。
[PR]
by iepro | 2012-11-28 08:05 | お宅訪問

四季を感じる家

都心のマンション街の一角にオアシスのような家が建っています。
昨日は、これから家を建てるお二人のお姉さま方と伺いました。
心地よさを体感するために。
a0156611_7484233.jpg

手作りのステンドグラスの内玄関を開けると
a0156611_7492525.jpg

元気盛りのお子さん達が帰宅時に手洗いやうがいをする洗面台が。
これも造作で。シンプルで素敵です。
a0156611_7502723.jpg

2階に上がると、敷地面積45坪とは思えない開放感と屋外の植栽に感動します。
a0156611_752181.jpg

秋の樹木の色づきも、ちょっぴり切なくて好き。
a0156611_7534487.jpg

そしてこの場所に座ると、時間が止まります。
春夏秋冬、それぞれの季節を幸せに受け止める空間。
静かに心地よい空気と屋外の木々のささやきが聞こえそうなT邸です。
伺うたびに、ますます良い空気感を感じます。
[PR]
by iepro | 2012-11-28 07:56 | お宅訪問

質とデザインと・・・。

家創りで「ここは」と思う場所や空間の質やデザインにはこだわりたい。
これはプロの想いです。
「とにかく家を建てたいので、素材やデザインはこだわらない」と言われる方の家創りには力が入りません。
これは、他の職種の方にも言えることかも。
a0156611_6403782.jpg

デザイナーの宮島さん。空楽で家を建て、その後も私たちの印刷物やHPの制作を担当して頂いています。
彼にDMと名刺の作成をお願いしているのですが、「紙」の質はいつも悩みます。
使用する印刷物の活用法と費用対効果、それにデザインしたものが綺麗に見える紙。
たかが紙、されど紙です。
a0156611_6441944.jpg

「宮島さんはどの紙を使いたいですか?」
の私の質問に
「そりゃー、僕はこの上質の紙を使ってみたい」
のご希望通りの紙に決めました。
「質とデザインと費用対効果」
「ものをつくる」には大切なことです。
[PR]
by iepro | 2012-11-24 06:48 | 想い

瞑想の間がある家

外観はジャパニーズモダンの平屋。
a0156611_9583171.jpg

完成は12月中旬。
a0156611_9594549.jpg

職人さん達は、外壁の仕上げに入っていました。
そして、中では
a0156611_1005197.jpg

大黒柱を挟んで、完成を待ちわびているOご夫妻。
実はこの家には「瞑想の畳の間」が、隠れスペースとして設けてあります。
あの場所で、横になり、大の字になって目をつぶれば、一日の疲れも癒せそうです。
完成したら、一度体感してみたいです。
O様、よろしくお願い致します。
[PR]
by iepro | 2012-11-23 10:05 | 建築日和

犬と暮らす家

「犬と楽しく暮らす!」がテーマのN邸。来年1月着工へと打ち合わせが進んでいます。
我が家とNさんの暮らしは似ている所があります。
女性一人と犬一匹の暮らし。うちの娘はシーズ犬12歳。
先日は、私の友人で南阿蘇在住のステンドグラス作家、Sさんの家に遊びに行きました。
彼女もひとり暮らしで、犬二匹、猫一匹との暮らし。
a0156611_18595416.jpg

家を建て、樹木を育てる暮らしを、ひと足先に実現しているSさんの話は参考になります。
そして、阿蘇の山並みを眺めながら、元気に走り回るR君。
a0156611_1923769.jpg

彼の為にも快適な暮らしの出来る家を創りましょうね。
a0156611_1945869.jpg

Tさんから、「おやつのおすそ分け」といただいて、私は自分のお酒のつまみと勘違いして大喜び。
よく見たら、犬のおやつでした・・・。
[PR]
by iepro | 2012-11-22 19:07 | お宅訪問

食楽(くうがく)の家、上棟!

ご自宅で料理教室をするのが夢の奥様。
でも、夢ではなく現実に前進しています。
今日は、暮らしの真ん中にキッチンがある「食楽の家」の上棟でした。
a0156611_1724580.jpg

利便性の良い住宅地の角地。とても良い住環境です。
a0156611_1733329.jpg

上棟式の前にお清めを。
a0156611_1741439.jpg

大勢の前での挨拶。緊張しているはず、きっと。
a0156611_1773483.jpg

今日は奥様手作りの豚汁とお弁当でお腹がいっぱいになりました。
ありがとうございました。
Iご夫妻へ
上棟おめでとうございます。
お天気も良く、大工さん達の仕事もはかどっていましたね。
とんとん拍子に家創りが進むのは、きっとお二人の日頃の行いが良いからでしょうね。
打ち合わせも楽しみながら進めて下さい。
質問、疑問、難問は遠慮なく皆に相談してくださいね。
これからもよろしくお願い致します。
[PR]
by iepro | 2012-11-21 17:11 | 建築日和

ご決断を!

土地探しや家創りの進め方で重要なことは、「決断のタイミング」
即決が得意な私でも、南阿蘇の土地はかなり悩みました。
「山林を買う」は人生初めての経験でした。
が、結果は絶景を自分のものに出来た喜びはあります。
人生のうちで何度も経験しない「家創り」
感性という触角を常に張って、色々なことを判断してください。
そして
「これ!」と思ったらいっぽ前進してみること。
もちろん、自己責任の元に。人任せではなく。
自分の暮らす場所、家。
ご家族の想いは必ずカタチになります。
幸せは受け身ではなく、積極的に前進しなければ、掴むことは出来ません。
きっと・・・。
[PR]
by iepro | 2012-11-20 07:26 | 打合せ風景

小さな家と大きな想い

バブル時期に建てた建築物が売りに出されたり、壊されたりしているのを見て思います。
大きくて高額=[良い家]ではないと。
a0156611_1621079.jpg

私のこれからの生き方にもつながる「小さな喜びを大きく感じる家」
家のカタチやデザイン、建築費はとても大切です。
でも、もっと大切なことは
「これからの人生をどう生きていきたいのか!」
だと、私はいつも考えて「暮らし人」と話をさせていただきます。
[PR]
by iepro | 2012-11-19 16:04 | 想い