くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

<   2010年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

土地探し

土地から探して家を建てる方は、とても疲れます。
「土地の見方」の正しいものさしがないから。

ある人から見れば、この土地は良い!でも、もうひとりから見たら、もっと交通の便が良くないと。

暮らすご家族の要望で同じ土地の採点が違います。

今日、ある土地を見て来ました。
狭小地です。
土地の狭さは、設計力で解決できます。
でも、周辺の住環境が重要。

私は現地に到着すると、まず車を降り、周辺を歩きます。
道路状況、最寄のバス停、周辺の学校、公共施設、マンション、アパートの数、街灯の数など
10分も歩いていると、売り地の周辺の雰囲気が分かります。

私の中で70点の採点がつけば、お客様に紹介します。100点満点はまずありません。
こだわりがどの位クリアーできているかで判断します。
不動産物件案内の資料には書き込まれていない「臭いと色」
意外と私の動物的臭覚は参考になるはずです。

なので、お客様が探してこられた土地を私も一緒に見ます。
その中で「ここは!」と思えば動きは早いのです。

土地探しで疲れ果てる前にご相談を!。
[PR]
by iepro | 2010-05-30 18:43 | プロデュース

省コスト住宅見学会

設計と施工それに付随して建築費。
このバランスはどれも妥協したくない。
でも、家づくりの希望や欲望だけが膨らみすぎると、建築費に大いに影響する。

初めての家づくりでこのバランスをとりながら進めるためには?

専門家の話や現場、完成した家、最近家を建てたご家族の話がとても参考になります。

但し、企画住宅や、自由設計と言いながら、自由度のない設計しか出来ない会社の話ではありません。

あくまでも、設計事務所で白紙の状態から絵を描くように「家づくり」が出来るところの話です。

ここで告知。
6月5日(土)6日(日)は「空楽の家」の見学会があります。
設計は
直理建築総合コンサルタントの一級建築士、直理正光さん。
a0156611_14114643.gif

両日とも11:00より
「自然素材の美しさを失わず、コストを省き、性能を高める家づくり」
のお話会もあります。

詳細はリビング新聞6月3日号と空楽のHPのインフォメーションをご覧下さい。

空楽 www.kuhgaku.com
[PR]
by iepro | 2010-05-29 14:14 | イベント

梅雨時の過ごし方

雨が続く梅雨の季節。
どうしても屋内に居る時間がながくなります。。
そんな時はジメジメ感を吹き飛ばす爽やか対策を。
私は、普段より多めに花を飾ります。
a0156611_18444744.jpg

大阪でフラワーアレンジメントの先生をしている親友のHPを見るだけでも、気分がはれます。
どうぞご覧下さい。
ブログの写真も素敵!

自分で撮っているそうです。きれいです。

ベルディール http://www.verdir.jp
[PR]
by iepro | 2010-05-28 18:51 | コーディネート

設計が先か!施工も同時か!

私がお客様に家づくりの選択肢をご説明する中で
一番に紹介するのが設計士。

どんな家づくりしたいのか?
どんな空間を楽しみたいのか?
どんな暮らしをしたいのか?
住環境、地域性、予算も含めて、ご家族と話をしながら、設計士の顔を思い浮かべます。


設計事務所に依頼する場合は、設計が一番で、打合せが進み、実施図面といって、何十枚もある設計詳細図面が出来上がり、それを数社の施工会社に見積り依頼します。

その中で、妥当な金額とその会社の信頼性も判断しながら設計士とお客様が決めた会社へ施工を依頼します。
a0156611_85498.jpg

住宅雑誌に掲載されているような斬新なデザインや個性的な設計をしている設計事務所へ頼みたい!とお考えの方は、この選択肢が最も自然な流れかもしれません。

もうひとつ、私の紹介する家づくりの進め方。
それは設計士と現場で施工に関わる人たちが最初からプロジェクトチームをつくる家づくり。

色々お話を聞きながら、設計士と同時期に施工者の顔も浮かぶ時があります。
「設計+施工+αの家づくり」
現場を施工するために動く人たちの顔まで浮かんできます。

この選択肢を解りやすく、説明する方法はないかと今、模索中です。
[PR]
by iepro | 2010-05-27 09:05 | プロデュース

H・リノプロ

和室を洋室にの「H・リノプロ」計画
今日は天気も良く、塗装日和でした。
a0156611_22195126.jpg

笑顔が素敵な松村塗装の代表。「ザ・職人」
普段着に着替えるとチョイ悪オヤジに入るかな?
でも仕事は真面目です。
a0156611_22214738.jpg

イメージが変わる過程がワクワクの時間です。
完成が楽しみ。
[PR]
by iepro | 2010-05-26 22:22 | 建築日和

道路

田舎ののどかな道。
a0156611_16174297.jpg

静かだな~!
a0156611_1618182.jpg

わ~!梅の実も美味しそう。梅酒にすると良いかも。
なんてのんきな事を言っている場合ではない。
W邸新築工事をするためには道路後退が必要なのだ。
道路後退?

初めて読む言葉の方も多いはず。
建築敷地に面している公道の幅が4メートル無いといけないのです。
無い場合は道路の中心から2メートルの所まで自分の敷地を後退させる必要があります。
詳しいことは、その都度ご説明しているのですが、とにかく「道路」と道路に面している「敷地の幅」が大切なのです。
a0156611_16321793.jpg

ということで
今日は、道路後退のために、近隣の方と敷地と道路境界の立会いをしました。
a0156611_16333762.jpg

皆様お忙しい中、1時間半位お付き合いくださって、役所の道路立会いが終わりました。
でも
これで終わりではありません。
次はその立ち会った皆様の署名書類と道路状況図面を添付して、役所に提出。
そして、承認が下りて、今度は,建築事前確認、そして・・・。

設計事務所は現場と役所と図面、書類作成に追われます。

お疲れ様です。
お客様が待ち望んでいる家の着工まであと何日かかるのか!
[PR]
by iepro | 2010-05-25 16:39 | プロデュース

報酬

住建築プロデュサーのホームページを作成中です。
家づくりというより「暮らしを楽しむメッセージ」のホームページにしたいと思っています。


ここで、仕事の流れと報酬を書く作業で止まってしまいました。
住建築プロデュースの仕事と報酬。
私の場合、土地探しからスタートして長い方で2年以上お付き合いしたご家族もいらっしゃいます。
時間と動きを簡単に時給で計算すると・・・。

ハウスメーカーや設計事務所、不動産業者は〇〇協会でとか、会社規定とかで数字を提示されます。

独立独歩の私は、最低限頂く金額でやっております。
皆様、何とぞ、ご理解ご協力の程宜しくお願いいたします。

ハウスメーカー勤務時代はガソリン代、電話代、社員研修、給料、ボーナス、その他福利厚生費は全部会社負担でした。
ありがたいことです。
そのお金は、契約していただいたお客様からの利益で生まれたものです。

「はじめのいっぽ」で資金計画の仕組みをご説明しますが、ハウスメーカーで建てるのと、プロデューサーへ依頼して、設計事務所、施工会社へと進む「家づくり」の金額の差はさほどないはずです。
差があるのは「設計力」と「施工力」

そのご説明は、いつでもさせていただきます。ご連絡下さい。
シャワー通り「家づくり相談室」でお会いしましょう。
[PR]
by iepro | 2010-05-24 08:24 | プロデュース

食べられる家?

食べられる家、天然素材の家、体に優しい家。
木造住宅の「売り」のキャッチコピーは色々ある。
でも食べられる?と聞くと、童話のお菓子の家を想像する。クッキーやチョコレートで出来た家。

現実には、体に害のない素材を使っているという誇張した表現。

病気や喘息、アトピーなどの持病をもたれている方にとって、「健康住宅」と称された家には惹かれる。

私が担当した中に、娘さんが喘息で夜中に何回も発作が起きることを聞いた時はいたたまれなかった。
夜の打ち合わせ中、苦しんでいることもあり心配した。

でも、今は築4年目の家で快適に暮らして、喘息の発作も出ていない。
元気で明るい中学生に成長していた。

最初にそのご家族と話をした時、私は「健康住宅」を創りますよという説明はしませんでした。
風が良く通り、日がポカポカと入り、無垢材の肌触りが良く、居心地の良い家を建てましょう!
と、いたって当たり前の話をしました。
土地探しからお手伝いしたので、
その土地の条件を200%活かせる設計をしてもらいましょう!と。
土地は40坪。少し高台。
ハウスメーカーは嫌がる条件です。企画住宅が当てはめにくいので。

でも、私には自信がありました。
素敵な家が出来ると。
実際車3台が駐車できて、スキップフロアーで4層の空間が出来ました。
ご主人の間・奥様の間も。

健康住宅はとても大切なテーマです。
そのこだわりがある方々が、家を建てたいと考え始めてから、
何処に建てる?
誰に設計を頼む?
誰に施工してもらう?

を考える選択肢の条件は何だろう。と考えました。

自分の「家づくり」の過去の記憶をたどってみと

まず、設計事務所は頭になかった。高い!と勝手に思い込んでいた。
そして、自分の言う事など聞いてくれない設計士が作品として作っていくのだろうと思っていた。

そして、住宅展示場へ行ってみた。
さすがに、素人の私でも、展示場と実際の家のつくりは違うことには、気がついた。
予算が違うので。
(住宅展示場の施工費を口外するのはタブー。もしお客様が聞いたら安めに言うように決められているはず。見せるための商品ですから)

その後、自宅に頻繁に訪問してくる営業マンにもうんざりした。
分厚い資料やパンフレットだけが増える毎日。

結果は、自力で気に入った土地を見つけ不動産屋と契約日になって、「ひもつき」だと紹介された住宅会社と契約。
そして
現場での???の日々が続き、
「これから建てる人のために自分の失敗経験を活かせないか」で今がある。

「ひもつき」とは不動産会社と住宅会社の営業マンの裏工作でお客様獲得の約束が出来ていたこと。
私はそのことをまったく知らず、何処の会社に頼もうかなとワクワクした毎日を送っていた。

話が長くなりますが
とにかく今の結論。

健康住宅を建てたい!と思う方は多いはず。
誰も、家を建てて病気になりたいなどと思うわけもない。

そのこだわりは、設計事務所に依頼して空間や素材もしっかり話し合い、その後、ちゃんと施工してくれる施工業者に依頼すれば、出来ます。

但し、経験豊富な設計士をお勧めします。

素材、仕様のこだわりも大切ですが、「設計力」も快適な暮らしにはとても重要です。
[PR]
by iepro | 2010-05-23 10:08 | プロデュース

地産地設の家づくり

インターネットのおかげで、全国から好きな建築家と設計の打合せが出来る。
素敵なことですね。

でも、私は「地産地設の家づくり」をプロデュースしていこうと思っています。

その土地で産まれ、建築地の土地を熟知できる環境の人に設計を託す。
これはとても大切だと思っています。

例えば、
土地だけ見ても解らないこと。
一年の季節環境を知っているから出来る設計。
近隣の道路状況。交通量。近所の方の人柄。学校区の環境。都市計画。
大雨時の状況。台風の時の風向き。風と日差しの関係。・・・。

当然プロはリサーチするし、情報収集した上での設計になるはず。

でも、私は熊本の地に産まれた人、暮らした事のある人、長期滞在できる人に設計はお願いしたい。
[PR]
by iepro | 2010-05-21 19:02 | プロデュース

H・リノプロ

H邸の玄関を入って直ぐの和室を洋室に。
いよいよ工事がスタートしました。
a0156611_1430313.jpg

スペースラボの佐藤さんのデザイン・施工。
a0156611_14303472.jpg

彼が、ビフォーの写真を撮っているのを、後から私が撮りました。
それから3日後。
a0156611_1433720.jpg

室内の工事様子。
さ~!
H邸リノベーションプロジェクト。
略して
「H・リノプロ」
完成が待ち遠しい。
[PR]
by iepro | 2010-05-20 14:35 | 建築日和