くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

<   2010年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

経年美の庭

10年前位に庭ずくりの全国誌にも載ったH邸の庭。
a0156611_1051641.jpg

とても趣きがあります。
力を抜いて自然体で活きている庭。と表現したい。
a0156611_10523495.jpg

大きな火鉢に金魚か?鯉か?元気良く泳いでいます。これも自然体。
a0156611_10535796.jpg

そして、可愛いログハウスが。
薪ズトーブもあります。
ご主人の手が加わった小屋。
とても住宅街の中とは思えない佇まいです。
ル・コルビュジエの休暇小屋を思い出しました。
きっと心地よい狭さの空間なのでしょうね。
[PR]
by iepro | 2010-03-28 10:56 | お宅訪問

ファーレ・ルオーゴ

ファーレ・ルオーゴとはイタリア語で「つくる・場所」の意味。
その名の通り
シャワー通りのファーレ・ルオーゴのオフィスは、共同でつくる場所として活用しています。
ファーレルオーゴの他に、建築プロデュースカリエラ・K、書道家しゅんけいのアート塾。
昨夜はアート塾の日で、私も参加。
a0156611_2173921.jpg

のれんに字を書くのテーマで。
古代文字の「和」に久美子の久の印を消しゴムでほって押す。
いかがでしょうか!
一点モノののれんの出来上がり。
つくるって楽しいですね。
[PR]
by iepro | 2010-03-26 21:09 | 楽しみ

笑顔

今月末、「納得いかない家づくりをしている会社」をめでたく退社するAさんがファーレのオフィスに遊びに来てくれました。
前回初めてお会いした時は、連呼して「うちの会社は・・・。」愚痴とため息の連続。
今日は、
「踏ん切りがつきました。今月末で会社を退職して、資格取得の勉強や設計事務所での仕事を探して、自分が納得する家づくりの仕事が出来るようにしたいです。」
の笑顔。

「東さんの笑顔と会話で元気になります!いつも楽しそうに仕事の話をされますよね。今のうちの会社の社員は目が死んでます。その中に染まりたくない!と思い次のステップを決意しました。」

独身でまだ30代の女性です。
何でも出来ます。
「やれること・やりたいこと・やらなければいけないこと」

明確にイメージして、笑顔で進んでくださいね!
応援しますよ!
[PR]
by iepro | 2010-03-24 18:01 | プロデュース

20代の家

ご夫婦共に20代の天草の家。
土地は実家から譲り受けての家づくり。
a0156611_16395825.jpg

まだ外観はベールに包まれています。
中は
職人さん達が機敏に仕事をしていました。
a0156611_16412742.jpg

少しキッチンのイメージも湧いてきたところ。
a0156611_16422219.jpg

ご親戚が集まる床の間がある和室。
ここは20代のご夫婦にとっても気を使うところ。
とても良い雰囲気の和室になるはずですよ。
Hさん
5月の連休には引越しできそうですね。
もうしばらくお待ち下さい。
[PR]
by iepro | 2010-03-23 16:44 | 建築日和

友人達が集う家

我が家をオープンカフェにした二日間。
屋内外で楽しい会話が。
a0156611_21553980.jpg

家づくりの楽しい会話が弾むYファミリーと直理さん。
a0156611_21555398.jpg

娘や孫と友人達が美味しい珈琲タイムを楽しんでいました。
二日間天気が良くて、友人知人がご来場。
近くの温泉に着たので、の飛び込み客も。

夏は我が家で出来た夏野菜でバーベキューでもいかがですか!
[PR]
by iepro | 2010-03-22 21:57 | 楽しみ

おめでとう!

今日が3歳のお誕生日の悠君。
生まれてきてまだ3年なのに、大人と会話が成立します。
ちょっとおませで、可愛い悠君。
昨日の打合せ中は恥ずかしがって、カメラを向けると「僕も写す」といってこのポーズ。
a0156611_8505068.jpg

大切な自分の家をつくる打合せの邪魔はしません。
a0156611_8541340.jpg

a0156611_856553.jpg

自分の世界を持っているもう直ぐお兄ちゃんになる悠君。
お誕生日おめでとう!
これからも宜しくお願いしますね。
[PR]
by iepro | 2010-03-21 08:57 | 打合せ風景

紙展

建築資材の中で紙の存在は少しづつ少なくなっている。

でも、私は紙、和紙?韓紙?・・・・。鋤ですね。破れてしまうというはかなさも含めて。
とにかくその国でつくられた紙の素材感を活かした演出がしたい。

ということで
紹介したい作品展があります。

坂本直昭紙展「紙ノ窓」
3月30日~4月4日
熊本県不知火美術館 0964-32-6222
紙作家とも画家とも言えるような彼の作品は見る人に動くエネルギーを伝えます。
a0156611_744253.jpg

茨城県出身。大学では社会学を学ぶ。1984年紙の店「紙舗 直」を東京文京区に開く。
それからの彼の活動は世界に広がっています。
a0156611_7443622.jpg

我が家の塗り壁と同化した作品。
a0156611_7294818.jpg

少し、清楚に掛け軸にしたもの。
どれも私のお気に入りです。
[PR]
by iepro | 2010-03-20 07:47 | イベント

正直に質問して大丈夫!

打合せが進むに連れて、図面の数が増え、初めての家づくりをされる方にとって、ハードルが高くなる時があります。
それは、平面図から展開図へ進み、配線計画や造作家具のデザインや寸法などが提示された時。
図面を見てもまったくイメージが湧かない。
どの位の広さ?
寸法は何処を見れば分かる?
奥行きは?
光は入る?窓はどの位置に?
天井高は実際どの位?
ここでスイッチ押してどの照明がつく?
トイレの収納はどの位取れる?

???????

何から質問して良いか分からない?
イメージが湧かないと言ったら、建築士の方が気を悪くするかな?
理解できていないけど・・・。
前の図面と変わっているのは何故?
どうしても、生活動線が悪そうだけど?

???????

分からないこと、理解できないこと、納得していないこと。
正直に質問して大丈夫ですよ。

ご自分の家づくりです。ご家族の暮らす家づくりです。
信頼して依頼した建築士の方であれば
誠意を持って、説明して下さいます。考えて下さいます。前向きに検討して下さいます。

それでも駄目なら、私がいます。(意外と私はっきり物申す怖い女です。^0^)

一番いけないのは、分かったふりして、後で後悔することです。
[PR]
by iepro | 2010-03-18 19:39 | 打合せ風景

経験談

自分の家を建てたのは2回。マンションのリノベーション1回。
自分の経験談なら自信を持って話せます。
それが、これから家を建てる方の参考になるなら。

経験したから話せること。

その一
住宅ローンは申込時に最高借りれる金額を確認して、できるだけ余裕を持って申込をする。
承認が下りたら、工事経過を見ながら、減額は可能なので、最後に承認が下りた金額のうちいくら借りるかを決めれば良い。
最初から予算ぎりぎりで申し込むと、それ以上の増額は出来ない。

その二
本当に必要な床面積をじっくり検討する。
建築費が高くなるからといって、収納やキッチン、リビングの各所、部屋数を少なくすると、「あと少し、この部分を広くしておけば良かった」と思ったら、次の増築工事は割高になる。

この二つは私の最近の経験からの言葉です。

広い家が良い家だとは思いません。
建築費が高い家が良い家だとも思いません。
どれだけ自分の要望・希望がカタチになり、心地よい空間に満足できるかだと、私個人は思っています。
悩んだり、話し合ったり、あるとき家族ともめることもあるかもしれません。
でも、その関わり方が深い家づくりには、必ず愛着という感情が芽生えます。
我が家が愛しい!と思える家づくりをしましょうね。
[PR]
by iepro | 2010-03-17 20:38 | プロデュース

超省コスト未完成住宅

南阿蘇河陽の我が家が完成?というか一段落というか・・・。

後は住みながらゆっくり創り上げていく所まできましたので
今週末の21日(日)22日(月)の二日間内覧会をします。
12時~16時位まで。

a0156611_1921963.jpg

a0156611_1925874.jpg


私は古くて味わいのあるモノが大好きで、自然素材が好きで、和モノが好きです。
a0156611_19181391.jpg

1階のソファーに座って見える風景。久木野の山々。

桜の開花宣言も出ました。
家づくり、田舎暮らしに興味がある方、阿蘇へドライに行きませんか!
阿蘇大橋を渡って、高森へ向かって一直線に15分ほど走らせると、右手にカナダの国旗を掲げたログハウスが建っています。その100メートル先ぐらいに「蘇峰温泉」という茶とブルーの看板が目印です。
そこから5分位の所です。

但し細い山道を登るので、外車、大型車の方はちょっと通り難いと思います。

ご覧になりたい方は、前日までにご連絡いただければ地図をFAXかメールでお送りします。

超省コスト未完成住宅の家は敷地800坪、床面積30坪の2階建て。
外断熱、一部うち壁なし。
総額(土地+建物)1,700万円の予算でスタートしました。


設計: 若杉伸二

現場監督: 佐藤健治

雑用全般: 東久美子
 
096-312-0783 東
[PR]
by iepro | 2010-03-16 19:12 | イベント