くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

カテゴリ:コーディネート( 118 )

私が好きな布モノ

先日、「家づくりのはじめのいっぽ」のご相談を受けたTさんから
「私の好きなモノ」の写真が色々送られてきて、楽しく拝見しております。

家を建てる!=暮らしを楽しむ
なので、小物や家具も大切な存在。

そこで、私も「私の好きな布モノ」を紹介します。

基本、インテリアに使う布モノは、綿か、麻。
洋服と同じです。
夏用の黄色いストールは、奈良の蚊帳用の織り方。綿で汗を吸収します。
冬は左端の紫のフェルトのストールも。リバーシブルで裏はグレー。
パリコレのデザイナーにも素材を提供された事がある作家さんの作品。

ファッション用として買った大判ストールを、インテリアにも使います。
a0156611_19413811.jpg

ベネトンの真っ赤な布のソファーに合わせれば、黒、グレー系が多い。
a0156611_194381.jpg

並べた半分は大判ストール。
a0156611_19434973.jpg

首にまかない時は、ソファーのアクセントに。
クッションのカバーの様に、巻いたりします。
玄関には
a0156611_19451446.jpg

布のステンドグラスとも言われる、韓国のポシャギ。素材は麻。
在日韓国人の親友が案内役で観光旅行に行った時、工芸品店で買いました。
少々値は張りましたが、とても気にっています。
他にも、染色家の作品のれんもあります。

夏場は引き戸を開けっぱなしにして、のれんで視線を遮り、風を入れる工夫もします。

そして
a0156611_19505352.jpg

タペストリーにする布モノ。
バリ島の染物から、沖縄の紅型作家のモダンアート。
季節の和タオル。

その時々で、暮らしを楽しむ布たち。

基本、「和」が好きで、作家や職人の手仕事が好きです。

これから、家を建てる人、リノベーションをする人、単に模様替えをする人。

たかが布、されど布です。

色々、演出を楽しんでくださいね。
[PR]
by iepro | 2017-07-18 19:56 | コーディネート

感性は磨くもの!

家づくりには、色々と「決める」場面がある。

私は、即決に近いスピードで自分の家づくりは進めてきた。
なぜなら
「好きなもの」がはっきりしているから。

でも、私みたいな人間ばかりではない。
やはり、考え悩み、そしてプロの意見を聞き、最後に納得して「決める」が良いと思う。

感性を磨く!
これが大事。

味覚と同じ。
食べ歩きが趣味の方は、屋台から高級レストランを食べ歩き、自分の味覚を磨いてる。

家に関して大事なのは、暮らしが豊かに感じる!を常に意識できるか?!
今だけではなく、3年後5年後、10年後の自分達の暮らしが変化する中で美しさが増していく家。
経年美の木の家。

小さく建てた家で、おおらかに暮らす!
これが、私の提案したい家。

色、素材、空間、家具、暮らしの道具など、日々の生活の中で感性を心地よく刺激してくれるのもを
セレクトする。

これは大変な作業ですが、楽しいですよね。

東京在住の学生時代からの親友Sさん。
先日、東京に遊びに行った時、久しぶりに会いました。
a0156611_6402523.jpg

今、浅草のマンション暮らし。
ご主人が賃貸ビルや賃貸店舗の運営をしています。
彼女自身は、ご主人の会社の事務担当でした。

でも、私が熊本で家づくりのプロ達と仕事をしている話をすると、とても興味を持ち詳しく質問してきました。
それは、10年前位でした。

そして、今は
a0156611_645945.jpg

自社経営のマンション賃貸店舗のインテリア担当をしています。
a0156611_6462518.jpg

とにかく、素材選びは足で探すのよ!語ってくれました。
a0156611_6473177.jpg

今、鎌倉の賃貸アパートのリノベーション工事中だそうです。

彼女は、インテリアコーディネーターの資格も建築士の資格も持たない主婦でした。

でも、センスが良いのです。
そして、暮らし方も素敵。

同じマンションにご主人と彼女と2室を使っています。
階が違います。
大人の愛ある距離感の暮らし方。

食事を済ませ、家事が終了したら、彼女は自分の部屋に戻って自由な時間を過ごしているのです。
仕事も自分の部屋で。

学生時代から、彼女の部屋のインテリアは違っていました。
ベットの横には、大小のキャンドルがあり、レースのカーテンの刺繍がきれいでした。

「暮らしのインテリアにこだわる感性」を10代の頃から磨いてきた彼女は
50代から感性がカタチを開花させて、活躍しています。

先日は彼女が手掛けた家の写真本が、出版されていました。
生活雑貨の女性オーナーの家を担当した家の本。

凄いな~!と思います。

でも、本人は、「好きなことが仕事になるなんて倖せ」と言っています。

それは、私も同感。

自分の家づくりの体験が、誰かのためになっていると思うと倖せです。

資格や肩書きも大切ですが、経験値と感性は「年の功」もありますよね・・・。


時間があれば、私は工芸館、美術館、ギャラリー、家具店、生活雑貨の店をみて歩きます。
これも感性磨きのひとつかもしれませんね。

好きな時間を過ごして楽しいことが、家創りに繋がっていく日々です。

[PR]
by iepro | 2017-06-28 06:58 | コーディネート

憧れのキッチンライフ!

家づくりの中で、女性が大きな期待と夢を膨らませるのはキッチンかも?
あれこれ雑誌を見たり、友人知人のお宅を拝見したり。

でも、そこには「予算」が分かりませんね。

設計プランが確定して、予算内で収まるように工事見積もり金の調整をします。
そして、キッチンも予算を意識して提案します。

最初は・・・。

次は、奥様やご家族の想いをどれだけ取り入れたキッチンライフが出来るか?!
のステップへ進みます。
a0156611_1194982.jpg

ショールームは生活感がありません。
モノも置いてないので、具体的な参考にはなりませんね。
素材、高さ、幅、奥行き、色などを確認するための場所かな?!
a0156611_11115467.jpg

決断力!も必要かも。
a0156611_1112364.jpg

G様と二ヵ所のショールームへ行きました。
「ステンレスとフラットな調理スペース」というキーワードが決まったので。
a0156611_11145128.jpg

キッチンライフは、これから何十年も続いていきます。
今は奥様だけでも、お子様の成長やご主人の参加も考えていく事が大事。
家族みんなが楽しく使えるキッチンにしておけば、家事労働が楽になるはずです。

さて、依頼したキッチンの見積もり金額は?!
どきどきですね。

どこかにこだわれば、どこかをシンプルに低予算で考える。
これが重要。

何でもかんでも、初めての家づくりびとの言うことに[イエス」で、追加金を多額に増やすやり方はしたくありません。私は。

なので、たまにはクールダウンの言葉をかけます。

「優先順位を考えてみましょうか?」
と。

経験者は語る!で。
[PR]
by iepro | 2017-06-23 11:21 | コーディネート

苔玉が好き!

雑草取りや庭の手入れは苦手。

手がかからず可愛い存在の苔玉。
a0156611_16414889.jpg

好きです。
[PR]
by iepro | 2017-06-03 16:41 | コーディネート

たかが手すり・・・

家づくりで、かなりの存在が出る場所。
それは階段。
隠す場合もあり、家の中心で存在感がある場合もあります。
建築家のイメージで手すりのデザインも変わります。
a0156611_7451630.jpg

ついていれば、当たり前と思う存在の手すり。
a0156611_746688.jpg

でも、この手すりのデザイン、寸法、色で、室内の雰囲気はまったく違ってきます。

たかが手すり。
されど、手すりなのです。
[PR]
by iepro | 2017-04-04 07:47 | コーディネート

季節を楽しむ暮らし

玄関が賑やかに・・・。
a0156611_734229.jpg

季節の飾り。
孫が喜ぶように。^0^
a0156611_735413.jpg

金太郎の横はくまモンではありません。
くまモンン誕生より前に購入しました。
かわいい!。

日本は楽しい、美しい!

四季折々の行事も楽しい。
季節の花も美しい。

桜が咲くのも、散るのも自然の美しさ。

家を建てるという気持ちの中に、「四季を楽しむ場所」を室内外にイメージすれば、
更に楽しい我が家が出来ると思います。

庭がなくても
a0156611_7484268.jpg

季節の植物を置くだけでも
a0156611_7493896.jpg

私は楽しい気分になります。
[PR]
by iepro | 2017-04-03 07:49 | コーディネート

信じられない?!

百貨店は、老若男女を受け入れる場所と思っている。

熊本のとある百貨店のトイレに入った。
バックをかけようとフックを探した。
a0156611_7264069.jpg

精一杯手を伸ばしたもっと上にこの金具は付けてある???

誰が使えるのか?こんな高い場所?

と憤慨していたら、違う場所にあと一つフックが付けてあった。

誰でも使える場所にあるべきもの。

誰が、取り付けOKを出したのかな?
最初の工事の時。

と、カメラに収めた。

きっと、隣のトイレに入っている人は、変質者が隣のようすを取ろうとしていると、ビックリしたかもしれない。

「考える工事」
当たり前のことが、当たり前に出来ていない事例でした・・・。
[PR]
by iepro | 2017-04-02 07:29 | コーディネート

創り手と暮らし人の繋がり

料理が得意でもないのに、器にはこだわります。
a0156611_11363565.jpg

熊本地震でかなりの量の器が、割れました。
形あるのものは、いつか無くなる。
の気持ちで、今は飾る器ではなく日常器として使うことにしました。


最近常に考えるのは、「家づくりに対するこだわり」
私は、自然素材の家が好きです。
少し未完成位のワイルドなままで、時間をかけて創り上げていく我が家。

設計デザインと、素材はやはり楽しんで選びたい。

それには「感性の合う作家」と出会うことなのです。

住まいりんぐサポート。

笑顔で、打ち合わせが出来る建築家との出会いづくり。

それぞれの暮らし人達の想いや夢は違います。

現実のお金や敷地状況のことも、条件が違います。

創り手と暮らし人の感性が楽しく、確実に繋がることが大切。

そして

私も楽しくないと、先には進めませんね。^0^
[PR]
by iepro | 2017-03-24 11:42 | コーディネート

好きな色は?

a0156611_17224016.jpg

今週末は、大人のひな人形をなおすぞ!と思いながら
好きな赤いソファーに寝ながら、テレビを観るのも楽しいのです。
だらだらと・・・。

好きな色が、暮らしの中にひとつ表現できると心地良い。
[PR]
by iepro | 2017-03-23 17:25 | コーディネート

うつわがえ

今年の2月に植木市で購入したこけ玉が、新緑をつけ始めました。
小さな小さなことに、喜びを感じる日々です。
春です。
器を変えてみよう!
衣替えではなく、器替え。
a0156611_9211564.jpg

菊池の味府礼子さんの器から、天草の金沢美和さんの白磁のカップに変えてみました。
a0156611_9243341.jpg

大好きな器は割れても、また使えないかと色々工夫します。
金継をした白磁の器。
ちょっとモダンな苔玉になった!
と、小さな小さな自己満足で、ほほ笑んでる私です。
[PR]
by iepro | 2017-03-19 09:23 | コーディネート