くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

カテゴリ:打合せ風景( 391 )

借景を最大限に活かす家

土地探しからサポートしたK邸プロジェクト。

子供さんの学校校区を変えない!が条件でした。
かなり探しました。
そして、色々問題も出てきましたが、終わり良ければすべて良しの土地をご購入されました。
公園の隣。花見が自宅のリビングから出来る場所です。

但し、南側の半分が大きな家の壁が見える場所。
この視線を気にせず暮らす設計が難しいはず。
でも、そこは安心していました。プロの設計力を。

先日は、同じように桜並木を眺める家、若杉アトリエで打ち合わせ。
a0156611_144858.jpg

「土地を読む」建築職人の若杉さんのセカンドプランで、ほぼ決定の状況。
a0156611_16881.jpg

K邸のウッドデッキからも、こんな借景が満喫できます。
a0156611_17742.jpg

2階の吹き抜けからの風景も想像できように、みんなでアトリエの2階へ移動。

体感型の打ち合わせでした。

手入れは不要で、借景の爽やかな緑と満開の桜を毎年楽しめる暮らし。

素敵ですね。

平面プランが確定したら、立体的にパースや図面で室内外のイメージを確認して頂き、見積もりへと進みます。
[PR]
by iepro | 2017-04-25 08:36 | 打合せ風景

熟年コンビ

空楽の設計のボス、若杉さんと、女性の中で年長さんの私。

人生の喜怒哀楽、紆余曲折、建築業界での仕事歴全てが「家創り」に活かされています。

その熟年コンビが、先日は孫守りで、サッカー?のゴールゲームをしておりました。
a0156611_754226.jpg

室内では、G邸の工事見積もりをプロデューサーの川端さんが説明中。
a0156611_825569.jpg

大切な家創りに関わる数字をご両親が聞き入っている間
a0156611_84213.jpg

あと取り息子さんも、私にすっかり慣れてくれて外遊びが楽しそう。
後のおじさんが、偉大な建築職人と分かりもしないはず^0^

これから、家が出来ていく中でかなり成長されていくはず。

お子さんの1年の成長は早い!

私達の家創りは、ゆっくり丁寧に・・・。
[PR]
by iepro | 2017-04-25 08:14 | 打合せ風景

守りつなぐ人たち

唐人町の歴史的町家の修復工事。
店蔵の内部修復工事が終わり、町家再生と地産地笑復興プロジェクトがスタートました。

「熊本ブランド発信町家・西村創庫」
a0156611_1332879.jpg

これからは、外壁、煉瓦壁、奥屋敷の修復工事が始まります。
ここで、要になる人達。
a0156611_1344766.jpg

奥の方が、文化財ドクター、ヘリテージマネージャーの山川さん。
手前が、直理建築設計事務所の直理さん。
お二人とも、現場主義の頼れる存在。
a0156611_1381389.jpg

専門知識の情報を共有しながら、現場の修復工事を進めていきます。
[PR]
by iepro | 2017-04-10 13:09 | 打合せ風景

庭師の想い

友人が、全壊した実家を再生すると覚悟を決め動き出しています。
家の修復工事が、やっと始まります。
震災後、空き家になって一年待ちました。
家も待ち長かったでしょうね。

そして、庭づくりの相談をしたいというので、桜木の村上造園さんへ伺いました。
a0156611_1865425.jpg

友人も村上さんもお互いの感性が合うのかの雑談から。
a0156611_1874759.jpg

でも、私は語らずとも感じるものがあります。ご自宅の庭を見て。
a0156611_1893458.jpg

遊んでみました。の小屋。
a0156611_18102480.jpg

苔庭に散った花がきれいです。光模様も。
a0156611_18111326.jpg

そして、友人宅へ。
江津湖の前に建っています。
a0156611_18121180.jpg

家と庭造りは切り離せないものです。
熟練庭師の熱い想いが、言葉のひとつ、ひとつに伝わりました。
亡くなられたお父様が好きな樹木が多くある庭。
どこに視線を向けるかで、村上さんは、樹木の「引き算の美」を提案されました。
秋には、修復工事と庭の手入れが終わる予定。

今は誰も愛でることのない庭の椿の小枝を、少しいただき自宅で活けました。
a0156611_18162930.jpg

お父様が大好きだった椿の花。
a0156611_1817277.jpg

開花するのが楽しみです。
[PR]
by iepro | 2017-03-11 18:23 | 打合せ風景

ログハウスのリノベーション

中古のログハウスを購入して、ご夫妻で手を入れながらご家族四人で楽しく暮らすM邸外観。
a0156611_9554698.jpg

見た目は2階建。
実際は地下室もあり、離れの小屋もあるのです。
仕事、子育ての合間に、奥様が作ったもの。
a0156611_956591.jpg

可愛いワンちゃんの部屋。ワイルド!
a0156611_9574310.jpg

何でもトライしてみたい!ご夫妻ですが、
a0156611_10474026.jpg

ガレージと、収納スペースと地下室と小屋に関しては、専門家に相談したいということで、伺いました。
a0156611_10252880.jpg

熊本地震の影響は、なかった場所です。
日々の暮らしを更に楽しくする、ログハウスのリノベーション。
a0156611_1026538.jpg

ご夫妻と趣味や嗜好が近いアルキデザインの宮崎さんに、設計デザインのご相談を受けてもらうことにしました。
a0156611_10282286.jpg


薪ストーブをみると、南阿蘇の山小屋を思い出します。
只今、私は被災して市内のみなし仮設アパートに住んでいます。
今年の梅雨と台風の通過後のようすをみて、またぼちぼち山暮らしの計画を立てたいな!と、
楽しく田舎暮らしをされているMご夫妻とお話しして思いました。
[PR]
by iepro | 2017-03-06 10:45 | 打合せ風景

家創り打ち合わせ、集中力は一時間!!!

三人のお子さん同伴の打ち合わせ。
ママは集中できません。

ご家族が、打ち合わせに集中できる時間は一時間位です。
a0156611_10323581.jpg

ご両親は、設計者の説明を聞く時間。
a0156611_1033175.jpg

お子さん達は、ママとパパを待つ時間。
そして、やっと打ち合わせが終わり、おもちゃのかたずけタイム。
ひとりでかたずけているのは、長女のお姉ちゃん。
a0156611_10343822.jpg

弟君をおんぶしたり、妹とケンカしても我慢している様子を、ば~ばはちゃんと見ていましたよ。
「お姉ちゃんが一番偉いね。良く頑張るね」
と、しっかり誉めました。

私の年齢になると、「家づくり」で色々な事を考えます。

家のデザインや広さや金額、設備機器や暮らしに必要なもの。

設計者や施工者の皆さんも、プロとしてカタチをつくり上げて下さいます。

そこで、私が大切にしていることは「家族の笑顔」です。

家族の誰かにとって、良い家でも、他の誰かにとって不自由な家では残念。

プロがお手伝い出来る家創りと、家族が「笑顔の暮らし」をつくる家。

どちらも大切です。

これから、お子さん達が成長していく家。

おおらかに、健やかに笑顔の絶えない「G家」創り。

ご家族の皆さんが、協力していくこともたくさん出てきますね。


次回は、重要な施工見積もり金額の説明になります。

集中力一時間を、お子さん達と、どう過ごすか?

私も作戦を立てて挑みます。^0^
[PR]
by iepro | 2017-02-26 10:47 | 打合せ風景

立春の打ち合わせ

暦の上では、立春。もう春になりました。
a0156611_14495812.jpg

我が家の玄関の飾りもお多福さんと赤鬼から、お雛様へと交代。
そして
小雨の温かい今日、Gファミリーと湖畔のアトリエに伺いました。
a0156611_14532624.jpg

ファーストプランを、ご夫妻でしっかり読み取りリクエスト持参での打ち合わせ。
その間、お子さん達は他の場所でバーバと遊んでいました。
お姉ちゃんの目が閉じた写真でごめんね。
a0156611_14545375.jpg

私もずっと眺めた図面です。目を閉じても浮かんできます。
a0156611_14561620.jpg

敷地と近隣環境を考え、予算も考慮した若杉さんのファーストプランでした。
それに、
ご夫妻の想いを加えた修正プランは、立面図、内観外観パース作成へと進んでいきます。
平面、立面、展開図まで確認できたら、次は施工仕様書を作成して、工事金の見積もりに入ります。

Gご夫妻へ
今は、わくわくのプラン作成の時期です。
工事金が出る時は、どきどきに変わります。

でも、大丈夫ですよ。
費用対効果や設計と施工費の関係を熟知した設計者は、大幅な予算オーバーの提案はしません。
なので、時にはシビアに発言することもあります。
その点は、ご了承くださいね。
すべては、楽しく暮らす究極の家づくりに必要なものを知っている設計者だから。
しっかり気持ちを伝えたら、後は設計者に託すことも重要です。

住まいりんぐサポートの仕事は、暮らし人の笑顔と設計者や施工者たち皆の笑顔を繋いでいくことです。

もちろん、私も、楽しくないとつまらない。^0^
[PR]
by iepro | 2017-02-05 15:03 | 打合せ風景

シニアのひとり暮らし・平屋のリノベーション全員集合!

a0156611_16325782.jpg

現場で全員集合の打ち合わせ。
さむか~~~!と言いながら、みんな表情は明るい。
a0156611_16364662.jpg

予算は決まっています。
リノベーション工事は、どうしても「ここを」「あれを」と小さな要望の積み重ねで、金額が加算していきます。
「ここは、クールに検討しましょう!」の設計監理の宮崎さん。
a0156611_16383564.jpg

既存の素材をどこまで活かすか?!
a0156611_16391536.jpg

この柱にちょっと工夫を。
こだわり指示に、笑顔で受け入れてくれる職人さん達に、感謝です。
a0156611_1640505.jpg

キッチン、トイレ、浴室、水回りは全部新しくなります。
a0156611_1642599.jpg

寒かった浴室もユニットバスで暖かくなります。

シニア世代の男性一人が生活する平屋。
近所に暮らす娘さんご夫妻も打ち合わせに参加して、蘇る空間に喜びの笑顔でした。

熊本地震は、とても怖い経験でした。
でも、私たちは生きています。

これからも寿命を全うするまで、楽しく日々を暮らしてほしい。
その気持ちで、工事は進んでいきます。
[PR]
by iepro | 2017-01-24 16:45 | 打合せ風景

家創りへのこころざし

空楽は会社組織ではありません。
家創りへのこころざしが、同じ方向を目指している仲間が集まった集団です。
その中でも、家創りの現場に関して「誠意を現す」のが、ツブラホームの直理社長の想い。
a0156611_13384795.jpg

名は体を表す。
「直理正光」字の如く、曲がったことは嫌いです。
「こすかことは許さん!」の精神。
a0156611_1349224.jpg

今朝の早朝ミーティングも熱かった!

設計力、施工力も大事。
そして、人間力も大事です。

一生に何回も建てることのない、我が家創りのお手伝い。

利益追求だけの、流れ作業にはしたくない。

そんなもっこす集団のひとりが私です。
[PR]
by iepro | 2017-01-18 13:57 | 打合せ風景

キッチンステージへのリノベーション

a0156611_1019338.jpg

キチン周りをリノベーションして、人が集う場所に変える工事が始まります。
子育ても終わり、家族の食事をつくるだけの場所から、料理教室やワークショップが出来る場所に変えたい奥様。
打ち合わせに力が入り、立って発言中!
家事動線は、男性では分かりにくいこともあります。
女性目線のリノベーション。
a0156611_10222375.jpg

広さは変えず、快適性をプラスする。

ご近所には、友人でもあり畑仕事仲間でもある大工さんがいらっしゃいます。
今回は、設計のみでお手伝い。
あとは、頼れる棟梁とその職人仲間に工事は依頼されます。
現場監督は、奥様です。

限られた予算の中で、どれだけ快適性、機能性をプラスしたキッチンステージが出来るのか!!
完成が楽しみです。
料理上手な奥様のおもてなしを期待しています・・・。
[PR]
by iepro | 2017-01-13 10:27 | 打合せ風景