くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

カテゴリ:想い( 297 )

折り合いをつける

家を建てよう!と考えてから実際に家のプランが出来上がるまでどの位の時間が経つのでしょうか?
1年のご家族もいれば、構想から5年も経ったという方もいらしゃるかもしれません。

時々私も考えます。
このご家族は最初どんなことを語り合っていたのだろうか?と。

夢の家づくりを語っている時は楽しかったはず。
どんな空間が良いのか?
構造は?
デザインは?
と、夢は膨らむばかりの楽しい会話ではなかったでしょうか。
そして、具体的に設計士と話が進むにつれて、現実の世界へ。
ご夫婦の感性が違う。
ご夫婦の金銭感覚が違う。
ご夫婦のインテリアの好みが違う。
ご夫婦のこだわりどころが違う。

そして、違いを確認することから、具体的なカタチに進んでいきます。

違いはあって当たり前です。

ではどのように折り合いをつけて家づくりをしたら良いのでしょうか?

設計士にもよく話をして下さい。
設計する人間は、全体のバランスの美を考えます。
これから先の暮らしの変化も考慮してプランをたてます。
全体の建築費も当然考えて仕様を絞り込みます。
ただ
建てたい方の100%言いなりの家は設計しないと思います。
そこにはプロとしてのこだわりもあります。

折り合いをつける家づくり。
ゆっくり考えてみましょう!
[PR]
by iepro | 2010-02-19 20:55 | 想い

暮らし方上手

家づくりのプロデュース。
住宅会社に勤務していた頃から計算するともう17年ほど家づくりに関わっています。
色んな家をみて、暮らし方も拝見してきました。
そして想う事。
家の大きさや建築費、デザインなどそれぞれ違いますが、一番感動するのは
そこに暮らしているご家族の「暮らし方」
まずは笑顔。
伺うたびに笑顔で出迎えてくださるのが一番嬉しい。
そして、空間を楽しく活かしてくださっていること。
植物や小物、家具で心地よさを表現されている暮らし。
全体的な色のバランス。
少しずつ、磨かれていくのが分かります。
家を「住みこなしていく」と表現しても良いかもしれません。
ゆっくり・楽しく暮らし方上手になっていかれるご家族の姿を家の風合いと共に
見守っていきたい。
と想っています。
a0156611_8114588.jpg

[PR]
by iepro | 2010-02-05 08:03 | 想い

住宅ストックの時代

住宅ローン難民などという切ない言葉が生まれるほど、今の時代は厳しいかもしれませんが、私はいつも考えます。
「ピンチがチャンス」
これはビジネスに適合する言葉かもしれませんが、「我が家を創る」ということにも重なると思います。
日本ほど家を建てては簡単に壊す国はないかもしれません。
手を入れて住み継がれる家。
高度成長期からバブル崩壊を経ても尚、その状況は続いていました。
そして、今はストックの時代です。

分かりやすく表現すると、中古物件が多く出回っているということ。
これはある意味、私にはチャンスなのです。
「リノベーション」が楽しめる。
この地域に住みたいけど、土地代が高い!
この周辺のマンションに住みたいけど、部屋が細かく区切ってある。住宅兼オフィスにしたい・・・・。
色々な諸事情で新築を断念している方もいるかもしれません。

私のこれからのお手伝いは、この部分が大いにあると思っています。

リノベーションプロジェクト。
まず、中古物件を探す時、不動産業者にリフォーム済みでなくて良いことを告げて下さい。
自分の趣味に合わない、壁紙や床材などを仕様されて、売出し金額が上がるのは、出来れば避けたい。
これは中古住宅でもマンションでも同じです。

そして、現場を見るのは、私たちプロと一緒に見ます。
不動産業者と違う視点で見定めます。
そして、リノベーションにどの位の費用がかかるのかを検討して、購入価格を交渉します。

新築や建替えとは違って、リノベーションは設計力・施工力の差がはっきり現場に出ます。
限られた空間をいかにチェンジして活かすか!

このご相談も受付けます。
中古物件情報も探しますよ。
a0156611_1801357.jpg

K邸リノベーション計画は、仕事への利便性を優先して、まだ30代のご夫婦が新築の家は15年後にと計画されました。その間は店舗の上にりべーションして快適に暮らしたい。
ローンは家賃並み。

ストックの時代を活かす我が家づくり計画。
これも選択肢のひとつとしてお手伝い致します。
[PR]
by iepro | 2010-02-01 17:52 | 想い

プロデューサーを育てる

建築プロデューサーと名刺の肩書きで名乗っている方が熊本にも増えたかもしれません。
でも、私が望んでいる動きとはちょっと違うのかも。
仲間達との会話で次世代へ繋ぐプロデューサーを育てたい。存在を知ってもらいたい。
想いを建築家と一緒に家というカタチに創りたい。
そんな住建築プロデューサーをどうやって育てるのかが、これからの私の課題。
資格があるから出来るものでもなく、住宅営業の経験がないから出来ないものでもない。
創り手と住み手の間で自分も歓びを感じる家づくりのまとめ役。
特に女性に頑張ってもらいたい。
建築家も現場も男性が多いので、女性の立場で、奥様や子供さんのことも考えるポジション。

私もここまで来るのに紆余曲折でした。
苦労も笑顔に変えられる女性プロデューサーが育つことを夢みています。
[PR]
by iepro | 2010-01-26 19:20 | 想い

住宅を建てる

最近、建設会社のトップの方々と話しをする機会が増えた。
ある時は見積り依頼の席で、ある時はお酒の席で。
気がつけば、トップの方々と私の年齢はほぼ同じ。
同級生も多い。
皆凄いと思う。建築業界を生き抜いてきた方々。
でも私が関わるのは個人宅の建築。
集合住宅や収益物件より規模ははるかに小さい。
でも、私にとってはとても大きな想いを託す建物です。
建設会社の規模や経営状況も大切ですが、「建築家の設計した家」をきちんと設計図を読み取り
末端の職人さんにまで細かい仕事人のプライドがある会社にお願いしたいと思う。
当然金額は重要ポイントですが。

建築家の人柄と現場の人柄の織り成す集大成の家。
お客様を中心にそれぞれが満足する家づくりを期待している。
[PR]
by iepro | 2010-01-22 17:28 | 想い

マグマの地に

今日は自分の住宅ローンの金消契約日。
住宅融資金が現金で口座に振り込まれる手続をする日です。
ここまでの道のりは長かった。
仕事仲間の協力のお陰でやっと終了します。皆さんありがとうございます。
後は、工事金の支払いを済ませるだけ。ほっとひと息です。

今日の契約の中で、火災保険の説明が。
ここで反応したのが「地震・噴火・津波」の単語の「噴火」
阿蘇郡南阿蘇村です。
我が家の直ぐ上には温泉も湧き、最近、小さな噴火もあったと聞きました。
近所に噴火口があるなんて知りませんでした。
a0156611_19284894.jpg

ということで、わずかですが地震保険と噴火にともなう火災、家財保険も入りました。
この保険を使う必要がないことを祈ります。
[PR]
by iepro | 2010-01-18 19:32 | 想い

プロデューサーの存在

自分の家をつくって、つくづく大変だと思った。
それは手続き。
土地探しから、家が完成して金融機関のローンが下りて支払いを全て終わるまで。
全て自分でしました。
とても時間を使い、精神的疲労の連続。
お客様のプロデュースが優先なので、ぎりぎりの期間で走り回りました。

今から建築家と家づくりを考えている方は、是非プロデューサーを依頼することをお勧めします。
我が家創りで、私の分身が欲しいと本当に思いました。
不動産業者とのやり取り、銀行とのやり取り、登記関係、建築家、施工店、職人さんへの気配り。
地鎮祭、上棟式、竣工、新築祝い、その他にも色んなことの相談。
私の近くで、私の代わりに動いてくれる人が欲しかった。
そして、時々インテリアの相談や世間話もしながら、アドバイスも欲しかった。
そう、私の専属のプロデューサーが欲しかった。

でもなんとか、家は完成。といってもこれから自分たちでやることがまだまだあります。
興味のある方は
ファーレ・南阿蘇便りをご覧下さい。(下線文字クリック)
[PR]
by iepro | 2010-01-14 20:25 | 想い