くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

カテゴリ:楽しみ( 226 )

小さな倖せの積み重ね

家創りの打ち合わせから建築へと進み、家が完成します。
人生の大仕事を終えた感じもするでしょう。
新鮮な感動の日々も続くでしょう。

そして、暮らしが始まってから、大切なのは「小さな倖せ」の積み重ね。
a0156611_1442168.jpg

私の家の玄関のクリスマスの飾りつけ。

本当に小さなことですが、
「行ってきます」「ただいま」とトナカイ親子に声かけしています。
この人形は、手作り作家の友人が、チクチク縫ってくれたもの。

こんな小さなものや花の存在でも、倖せを感じます。

日本は四季の移ろいを楽しむことが出来る国です。

春夏秋冬の風景が、室内外で楽しめる「小さな倖せ」

窓から眺める風景。
心地良く日ざしを受けとめる空間。
季節の移り変わりを感じる風のにおい。

家が、完成した後は、平凡な毎日の中で小さな幸せを積み重ねながら、暮らしを楽しんでもいたいと、心から願っています。
[PR]
by iepro | 2016-12-03 14:51 | 楽しみ

暮らしを楽しく!・クリスマス編

おせち料理の講座で、先生から学んだ鏡餅の置き方。
決して、玄関の靴箱の上に置いてはいけません!
でした。

新年に各家に福の神が降りてくる時、チェックするのは、飾りだそうです。
角松、しめ縄、鏡餅が、ちゃんと所定の場所にある家に降りて来るそうです。
鏡餅は、床の間に置く!だそうです。
でも、床の間がない我が家は、高台盆に置くことにします。

そして、クリスマスの演出。
先日のクリスマス、お正月の花あしらいレッスン。
a0156611_207251.jpg

本田草友先生に教えて頂きました。
a0156611_2093239.jpg

ママと参加したMちゃんも楽しそうでした。カタチになっていくお花の飾りに。
私の作品は
a0156611_20112960.jpg

ちょっと盛りだくさんかな?

これは、玄関の靴箱の上に置きます。
クリスマスが終わると、和ろうそくに変えて正月花を活け、和にアレンジしてまた楽しみます。
a0156611_2012547.jpg

お正月用に竹の花器も準備してくれました。
シンプルに、枝ものと花を活けて下さいねと、教えて下さいました。

クリスマス、お正月の花レッスン。
楽しかったです。

もう気分は師走、真っ只中。
今年は地震があり、心身ともに疲れた日々でした。

年末年始は、ゆっくりと過ごしたいものですね。
[PR]
by iepro | 2016-11-30 20:17 | 楽しみ

家創りの本は、借りるべし!

家創りを意識し始めたら、その情報が欲しくなりますよね。
そのひとつが、住宅専門誌を読む。見る。

でも、専門書は価格も高く、集めればきりがない。

私は、借りる事を進めます。
a0156611_17455836.jpg

私は、本は買う!主義でした。
でも、本棚も多くなるし、家を建てたら読まない本も。

ならば、図書館で借りて、気になるページは、コピーする。
それをファイルしたのがライフスタイルブックとなり、設計者との打ち合わせ時に役にたちます。

大好きな建築家の本は買って、何回も読んでイメージを膨らますのも楽しいことですが。

とにかく、まずは借りてみては。

ご家族、ご夫婦の感性の違いを確認するのも、住宅本は役に立ちますよ。
[PR]
by iepro | 2016-11-12 17:50 | 楽しみ

そらくの小屋・設備機器を考える

平面、立面、展開図で、広さ、高低、幅、開閉の仕方、動線などをイメージすることは出来ます。
あくまでも、図面の上ですが。

次は、何をしていくか。

実際に使う設備機器を見てみる。触ってみる。考えてみる。
毎日使う設備機器。

キッチン、浴槽、トイレ、洗面台など、日々使うものに何を望むか?!

デザイン性、機能性、価格、メンテナンス。
いろいろな思いで考えて選ぶ。

「そらくの小屋」創りもその時期に入ってきました。
a0156611_82147100.jpg

キッチン。
a0156611_8233141.jpg

素材、機能性、価格を知る!からスタート。
a0156611_8243320.jpg

浴室は何を重視?!

ご夫妻共に、「素材と機能美」にはこだわりがあります。
そして、ふたりから三人になる暮らしの楽しい変化も考える。

次回、工事全体の見積もりが出ます。
それからは、「費用と満足」の検討が始まるはず。

普段使いの「暮らしに必要な設備機器」

見て美しい。使って快適、そして暮らしが楽しい。

そらくの小屋での暮らしが、立体的に想像できるようになりました。
[PR]
by iepro | 2016-09-10 08:33 | 楽しみ

家創りを誰と考える?!

住宅展示場に関係する方が話されたこと。

「皆が簡単にハンコを押している。
大丈夫かな?!と心配です。」

どういう状況で、ハンコを押しているのかは、詳しく聞きませんでした。

でも、だいたい想像はつきます。

「今なら」
「今でしょ」
「今しか」

営業担当者は、工事が出来ない状況でも、お客様の請負申し込みは「仕事」として取らなくてはいけません。

毎月のお給料もいただいているはずですから。

精神的にも肉体的にも、今ほとんどの方が疲れています。

正しく判断する能力があるのか?
が心配。

今私に出来ること。

それは、お話をしっかりお聞きすること。

被災後、家を補修、改装したい。
家を建て直したい。
土地から探して、家を建てたい。

色々な思いの方がいらっしゃるはずです。

家=暮らし

カタチも大事。住む人の心も大事。

「売る」家ではなく、一緒に創る家。

展示場で、簡単にハンコを押して、後悔しないようにして欲しいものです。


話すことで、自分の気持ちを整理できることがあるはず。

聞いてもらうことで、安心することもあるはず。

お気軽に、ご相談ください。

家を建てる!が結果とは限りませんよ。

貴方の幸せのカタチは?!


家創り相談室。

完全予約制で、随時受け付けております。

090-0970-8168 東まで
[PR]
by iepro | 2016-08-23 08:52 | 楽しみ

熱中症に気をつけて・・・。

建築現場は、大変です。
特に、屋根に登る仕事は。

自覚症状がないままに、熱中症になる恐れがあります。

日頃から、健康状態に気をつけて!と職人さん達にも願います。

私の夏の健康法。

好きなカレーを、汗をかきながら食べる。
a0156611_15585851.jpg

健軍のタイカレー店。路家
季節のグリーンカレー、とても美味しかった。

そして、デザートはあずき、緑豆などは入った冷たいぜんざい。

猛暑の夏を乗り切るには、美味しいもので、体力をつけることですね。

但し、私は、食べ過ぎ飲み過ぎで、体力以外にも体重の増加。
夏バテ知らずです。
[PR]
by iepro | 2016-08-10 16:05 | 楽しみ

ふるもの雑貨店情報

家創り、空間創りを考える。
そして、その思いがカタチとして完成する頃には、ちょっとエッセンスを探したくなる。

そう、家具や雑貨。

家具から考える家創りもある。

私は、斬新なデザイナーの小物から、骨董市で探した何とも言えない味わいのあるものまで、小物で楽しむのは好きです。

大きな家具は、場所をとります。
なかなか、取り換えも難しい。

なので、季節や気分で小物を並べ替えて、暮らしを楽しむ!をしています。

唐人町に新しいお店がオープンしました。
古物雑貨 ミ・エスティーロ(色字クリック)
a0156611_7423237.jpg

笑顔が素敵なオーナー橋口さん。
a0156611_7432279.jpg

昨日開店でした。大江から移転して。
a0156611_744636.jpg

橋口さんは、古物をご自分で雑貨としてリメイクもされます。
器季家のご近所に楽しい店が出来て嬉しいです。

器季家は、カフェは閉店しましたが、「創り人達が楽しいことを考える空間」として11月位から動き出します。

それまでは、復興、修復活動が優先になります。
[PR]
by iepro | 2016-07-30 07:46 | 楽しみ

掛け軸

畳=和室=床の間の日本家屋が少なくなりました。

畳は要らないと言われる方も時々いらっしゃいます。

私は、畳好き。
ひと間は畳があると落ち着きます。

大の字になって背筋を伸ばし寝転んでみる。
大人も子供も、気持ちが良いと思うはず。

そして、墨と和紙の文化も大好き。
a0156611_1671560.jpg

「好雨知時節」
こううじせつをしる。

熊本の女性書道家。稲田春逕さんの書。
彼女に、文書の意味を教えて頂きました。

春の夜に、ほどよい時期に降る雨を喜ぶ。
よい雨は、降るべき時節をよく心得ている。

春になったかと思うと、さっそくふり出し、これで、万物が生育し始めるのである。
雨は、風につられて音をたてずに夜までふり続いてくれる。

さまざまの物を潤おわせてくれ、細かな春雨は音もしない。
雨の色は、野の小道に雲が立ち込めるのに伴い、黒ずんで見える。

錦江から岷江に浮いてる船の辺りは、その焚火か
漁火だけが,明るくみえる。
暁に夜が明けてみると、紅の雨に濡れているあたりであった。
たまった雨で、花は首を垂れている。
錦官城には花が咲き乱れているだろう。

五文字の中に凝縮された想い。
深いものがある床の間の掛け軸。

農業をされている施主にとって「雨」は命の源。
を考えながら、書かれたのでしょうね。
[PR]
by iepro | 2016-07-19 16:30 | 楽しみ

震災後、環境を変えてみる!

震災で、家を被災した方々の悩みは「リフォーム?」「新築?」をどうするか?!
我が家の工事に関してではないでしょうか。

私の想いは、急がず、慌てず、今を乗り切り、「ひといき」して欲しいです。

マンションの13階にひとり暮らしていた女性。私の友人です。

「怖かった」「部屋がめちゃめちゃ」「床は水浸し」と恐怖の興奮状態から3ヵ月が経ちました。

ここで「ひといき」のお誘いをしました。

環境を変えるのは、これからの住まいと暮らしを整える事に、大切なこと。
a0156611_13522732.jpg

ギャラリーへ行く。
a0156611_13535321.jpg

好きな空間に佇む。
a0156611_13545283.jpg

美味しいものを食べてみる。

心身共に、癒される場所に行ってみる。

そして、これからどう暮らしていきたいかを、ゆる~く考えてみる。をやってみました。

仮設住宅や家賃補助期間は2年。

この梅雨や台風を乗り越え、新しい家づくりを考える時間は半年位先くらいかも。

それまでに「ひといき」を楽しく!で。


もちろん、具体的なお金の話。設計の話。家づくりの現場。完成した家。
具体的な話も進めながら・・・。
[PR]
by iepro | 2016-07-13 13:59 | 楽しみ

借景も我が家のものに・・・。

土地を買う時、家を建てる時、「眺め」はとても重要。
これは、賃貸住宅でも同じ。

日々の暮らしの中で「窓からの風景」は暮らし人の五感を刺激して、喜怒哀楽の負の部分を癒してくれることにもつながる。

今は梅雨。

うっとうしくなるけど、雨に打たれた緑の樹木がとても美しく感じられる。
a0156611_117270.jpg

昨日、ランチしたレストラン。
決して広いとは言えない店舗。公園に隣接しています。
でも、窓の広さと屋外の樹木の多さで、広さを感じます。視覚の錯覚もあります。

雨の日でも、心静かな時間を楽しめました。

我が家創りの時のポイント!

どこか一ヵ所、窓の開口部分を広く設け、樹木の緑を取り入れる。

そして、近隣周辺に緑があれば、それを上手に取り込む「借景窓」も。

大きな窓ではなく、小さな四角や細長い窓から見える「借景」

手入れも不要な近隣の樹木の緑や空の青。

平面図から立面、そして、模型に移っていく中で、イメージが出来たら楽しいですね。

もちろん、一番にイメージしているのは「設計者」ですが。
[PR]
by iepro | 2016-06-28 11:14 | 楽しみ