くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

カテゴリ:楽しみ( 225 )

窓の外に何が見えるか?!

設計の重要なポイント。
窓からの眺め。
a0156611_19571416.jpg

このコンクリートの集合建築物の窓から見えるものは?!
a0156611_19581872.jpg

世界遺産の富士山です。

所用で、山梨県へ行きました。
やはり富士山は偉大でした。

我が家から、富士山を見るのは無理です。
が、
やはり、借景や緑を窓からどれだけ取り入れて、心地良い暮らしが出来るか?!
は、大事ですね。
[PR]
by iepro | 2017-06-21 20:01 | 楽しみ

ガーデニングとワンちゃんと・・・。

家づくりをご計画の方へいつも質問すること。
「庭の雑草取りは苦になりませんか?!」
広い庭が欲しい!と庭のお手入れが得意は違います。
まず、「覚悟」を確認。
こまめに雑草取りをするのは平気。の回答が来たら、庭の植栽計画が設計プランに追加されます。

N邸は、ガーデニングを楽しむ暮らしがテーマでした。
女性ひとりと犬一匹の快適な暮らし。
犬と表現するより、息子というのがぴったりの関係。
a0156611_143257.jpg

すまし顔のR君。
a0156611_14335922.jpg

庭は、いつもNさんのこまめななお手入れで、素敵です。
a0156611_14355958.jpg

ガーデニングを楽しむ暮らし。四季折々の花や緑の庭の様子を写真で送ってくれます。


ずぼらな性格の私です。

でも、Nさんのお庭に憧れてアパートのベランダに緑を置こうと考えグリーンショップへ。
a0156611_15123349.jpg

a0156611_1514585.jpg

そして、
a0156611_15184613.jpg

ベランダを半分に仕切り、洗濯物を干すスペースと、ちょっと屋外で珈琲でものコーナーを作りました。

おひとりさまのアパート暮らしの私にはプランタンで十分。
雑草取りも不要。
もう少し緑を増やして行こうと思います。

庭の手入れがうまく出来ず、雑草だらけで罪悪感を感じるようなら、タイルや煉瓦、ウッドデッキの造作で土の部分を減らすことをおススメします。
[PR]
by iepro | 2017-05-29 15:22 | 楽しみ

表現者の魂

家づくりは、その人の暮らしづくりだと思っています。

暮らしをもっと大きく表現すれば、人生。

人生を「表現することに魂を注ぐひと」の書展を見に行きました。
現在90歳の渕上清園さん。前衛の書道家。
a0156611_994177.jpg

熊本在住、女性書道家稲田春逕(しゅんけい)さんと一緒に水俣へ。
「つくるdeつなぐ」をプロデュースする私と、稲田さんの共通点は「ばかもん」というところ。
一心不乱にやりたいことをやる!
a0156611_9115184.jpg

稲田さんと出会って、子供の頃の習字教室から、「墨を活かす」に意識が変わりました。
a0156611_9133311.jpg

私が、家に持って帰りたい書。
50才から天命を知り、60歳から人の言葉に耳を傾ける。論語の言葉。
清園さんの集中力の凄さを見せつけられたもの。
a0156611_919784.jpg

念仏を筆の先で一気に書き上げています。息も止めているのか?!と思う程の凄さ。
a0156611_9205799.jpg

2センチ角位の大きさ。

「表現者の魂」を感じた書展でした。

今度、90歳のアーティストに春逕さんと会いに行きます。
[PR]
by iepro | 2017-03-21 09:28 | 楽しみ

活かしながら「守る」たてもの

所用で島原へ。
フェリーの時間調整で、あてもなくカフェをネットで探しました。
その中に、「歴史ある建物」の文章を見つけ、現地に。
島原港から車で5分位の場所。
a0156611_7515173.jpg

「この建物?」と横に回ると入り口が。
a0156611_7523998.jpg

これが、カフェの入り口。茶房・升金の倉
a0156611_7532439.jpg

2階がカフェコーナーになっていました。
窓からは、港が見えます。今は、静かで小さな漁港です。
a0156611_7545782.jpg

a0156611_757722.jpg

歴史を感じる梁。
この建物は
a0156611_7574674.jpg
a0156611_7582794.jpg

長崎県と国から認められた「守るべき建物」です。

私も、歴史的町家を被災後また再生しています。家主さんも登録文化財になるように動かれています。

「活かしながら守る」
不思議な引き寄せで立ち寄ったカフェで、元気をもらいました。
[PR]
by iepro | 2017-03-13 08:01 | 楽しみ

ひな祭りの夜会

ひな人形を飾る時期。
玄関には、小さな土鈴のひな人形が節分の鬼とバトンタッチで、お出迎え。
そして、
場所を取るひな人形。
a0156611_8342225.jpg

他界した母と、娘のひな人形を買いに行ったのは33年前。
そして、実家のひな人形の一部も引き取りました。
a0156611_8353292.jpg

63年前位に両親が長女の為に買ったもの。
四人姉妹の三女の私は、姉のひな人形を毎年眺めていました。

そして、今、ケースに入ったひな人形の居場所は私の所。
a0156611_8371039.jpg

幅65㎝、高さ60㎝、奥行き35㎝のガラスケースに入っています。

娘は
「置く場所がないので、お母さんもらって」と言いました。
「は~~~!あなたの誕生を祝って贈ってもらった人形よ!」
と最初は、もめましたが
今は、亡き母の思い出として、私のひな祭り夜会の為に一か月間我が家で飾っています。
甘酒ではなく、毎日の晩酌時にぼんぼりの灯りが素敵です。


節句の飾り。
息子の五月の飾りもあります。
もちろん、独身の息子は「要らん」と一言。
ひな祭りが終わったら、次は端午の節句の飾りつけ。

主人公の子供たちは居ませんが・・・。


住まいの広さや和室の設計も時代と共に変わります。
節句の飾りは、どこに置くか?!

飾りや人形の大きさは、置く場所の家の広さ事情も考慮して、
購入したり、贈ったりしないといけないですね。

でも、季節の飾りや節句の行事。
日本人として、大切にしたいと思っています。

家族が健康でいること。
子供たちが育ったことへの感謝も込めて、飾りを眺める初老の母親です。

今週末から、3月3日までは、夜会が続きます。^0^
[PR]
by iepro | 2017-02-24 08:47 | 楽しみ

春の植木市

熊本市の植木市が、今回は震災の影響で、東区から西区ので開催。
西区役所の隣であっています。

室内の出窓に飾る「緑」
a0156611_1023098.jpg

苔玉とミニ盆栽を買いました。

植木市に行くと、もうすぐ春が来る!
と毎年、ちょっとわくわく気分です。
[PR]
by iepro | 2017-01-29 10:24 | 楽しみ

立春

暦の上ではもう春が近い。
そろそろ玄関の飾りを変える時期。
a0156611_10353162.jpg

我が家の黄金のにわとりさんが、優しい赤鬼さんと可愛いお多福さんに、
「出番ですよ!」と、語りかけています。^0^
[PR]
by iepro | 2017-01-27 10:37 | 楽しみ

祝!地鎮祭

素材にこだわり楽しく暮らす家[そらくの小屋]のN邸。
今日は地鎮祭。
おめでたい日です。
今月がご出産予定のN奥様とは、先日前祝いランチをしました。
地鎮祭とご出産の。
a0156611_9244495.jpg

イタリア語で「おめでとう!」のメッセージを。

今、新築工事の着工時期は、予定を建てるのが難しいです。
職人さんの手しごとを敏速に把握しながら、動ける時に、動く!

N邸新築工事は地鎮祭、基礎工事までは流れが出来ました。

次の大工工事は、棟梁待ちになりそうです。

とにかく、今日はおめでたい日です。
現地に行けないので、祝辞だけ、贈ります。

「Nご夫妻、おめでとうございます。
これからも、楽しい打ち合わせは続きますよ。プロジェクトメンバー尽力でN邸創りを進めていきます。よろしくお願い致します。」
[PR]
by iepro | 2016-12-19 09:28 | 楽しみ

ゲストハウスで至福の美味しい時間を!

一日一組だけの宿泊客をもてなす計画で、南阿蘇に家創りを計画中のS様。
奥様の担当で一番大切に、そして重要なポイントが、夕食のおもてなし。

熊本の旬な食材を使い、日本料理の家庭料理を中心にして、四季折々の美味しいものを作っていきたい。という想いをお聞きしました。

私は、住まいりんぐサポータ―として家創りの全体の流れを見守る仕事をしていますが、地産知笑プランナーとして、衣食住に関わるものを、皆さんに知ってもらい、つくりびとも使う側、食べる側の人達も笑顔になる企画や応援もしています。

S奥様とは「食」に関する話で盛り上がります。

今日は、新屋敷にある「幸福論」へランチに。

お金を払い食する味に対して、感想を述べ合う。の時間。
a0156611_187362.jpg

いつも機敏に動かれるオーナー料理長。
a0156611_1882179.jpg

オープンキッチンで、次々に美味しい料理が運ばれてSさんも嬉しそう。
a0156611_1894426.jpg

女性が好きな小鉢盛り。
a0156611_18112290.jpg

前菜プレート、お刺身、お吸い物、豆乳鍋、魚の煮つけ、炊き込みご飯にお味噌汁、そして、デザート。
a0156611_1813825.jpg

今は、美味しい!と食べている立場ですが、近い将来は、つくる側になるSさん。

来年は、家創りを本格的に考えていく時期になります。

くつろげる空間で美味しい手料理。

みんなが笑顔になるゲストハウスの完成が楽しみですね。

幸福論 熊本市中央区新屋敷3-8-6
ランチは2000円から
096-366-6566
[PR]
by iepro | 2016-12-14 18:27 | 楽しみ

小さな倖せの積み重ね

家創りの打ち合わせから建築へと進み、家が完成します。
人生の大仕事を終えた感じもするでしょう。
新鮮な感動の日々も続くでしょう。

そして、暮らしが始まってから、大切なのは「小さな倖せ」の積み重ね。
a0156611_1442168.jpg

私の家の玄関のクリスマスの飾りつけ。

本当に小さなことですが、
「行ってきます」「ただいま」とトナカイ親子に声かけしています。
この人形は、手作り作家の友人が、チクチク縫ってくれたもの。

こんな小さなものや花の存在でも、倖せを感じます。

日本は四季の移ろいを楽しむことが出来る国です。

春夏秋冬の風景が、室内外で楽しめる「小さな倖せ」

窓から眺める風景。
心地良く日ざしを受けとめる空間。
季節の移り変わりを感じる風のにおい。

家が、完成した後は、平凡な毎日の中で小さな幸せを積み重ねながら、暮らしを楽しんでもいたいと、心から願っています。
[PR]
by iepro | 2016-12-03 14:51 | 楽しみ