くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

カテゴリ:未分類( 18 )

建築地の理想的な広さ

街中では50坪位あれば家は建ちますか?と質問されることがあります。

答えは「一概に言えません」です。

地域によって、風致地区や商業地域、など様々な建築条件があり、広い土地でも家を建てる面積に制限がある所もあります。逆に、近隣との境界までぴったりとくっついている建造物も中心地にはあります。

まずは、その地域、その土地の建築条件がどうなっているかを調べます。

当然のことですが、広ければ価格も上がるはず。

土地探しの場合、おたずねするのが、
「庭の手入れや雑草取りは、苦になりませんか?」です。

雑誌やガーデニングの専門誌に出てくる庭の風景。素敵です。
でも、ご自分達の暮らしに置き換えてみてください。

誰が、いつ、どのような手入れをして庭がきれいなのか?
庭士さんを頼める方は、良いかもしれません。
でも、毎日、毎週は、無理でしょ。金銭的負担も考えます。

土地探しの場合、敷地面積から建築床面積、、駐車場面積とウッドデッキ等の面積を引いた残りをどう活かすか?活かせるのか?と考えてみます。

プランターに季節の花を植え替えるだけでも、楽しいかも。
逆に、植栽には時間をかけて楽しみたいとご家族が思えば、植栽計画も考えながら設計もしていきます。
「窓の位置」は大事です。

ちなみに、私は2時間刈払機を担ぎ敷地を回っても、きれいにならない土地を購入しました。
a0156611_8342011.jpg

先日は、区長さんにお願いして手伝ってもらい、何とかすっきり状態に。
かなりの出費でしたが、頼る所は周りに頼る。
そうしないと、時間と体力が持ちません。

田舎暮らしを楽しむ雑誌を見て、憧れて山林を買いました。
ですが、こんなに広くなくても良かったのです。

休みの日は、朝からびっしょり汗をかきながら敷地の草刈り。
そして近くの温泉に入り疲れを癒し、午後は、ビールを飲んで昼寝。
これも楽しいのですが、やはりほどほどの広さ。
これはポイントですね。

借景を愉しめれば最高です。

土地の広さはほどほどで、周辺の眺望、借景が窓から楽しめる暮らし。
これが良いのでは!と痛感しています。

なので、広いから良いですよ!の意見は私にはありません。

「どんな暮らしがしたいのですか?」から敷地面積も考えていきます。
[PR]
by iepro | 2015-08-11 08:40

ヒグラシカフェ

吉無田高原の何もない場所で30年前、Wご夫妻の暮らしが始まりました。
開拓民のような始まりです。
そして
a0156611_76357.jpg

月日の中で、家族で作り上げ、移築した家を増築しながら「蜩窯とカフェ」はとても心地よい空間になっています。
a0156611_79102.jpg

全てにおいて、おおらかで、自然体。
それは、W奥様の大きな大地のような愛情が源のような気がします。
a0156611_7105936.jpg

リノベーションのお客様からのご紹介で、W様のご自宅を御船に建てさせて頂きました。
そして、今回はカフェの一部改装のご相談。
a0156611_7133767.jpg

現在、カフェは二男ご夫妻が主に、美味しいピザを窯焼きで出されています。

そして、陶芸家のご主人の蜩窯の作品展が、現在伝統工芸館で30日まで開催。

2月には、私の大好きな奥様のイベントを街中で計画中。
器と料理の楽しく美味しい期間限定の企画。

また詳細はご案内いたします。

これから寒い時期に入りますが、遠くても、寒くても、美味しいピザは食べたくなります。

どうぞ、お出かけください。
ヒグラシカフェ 096-285-2426
事前に電話確認をお勧めします。
[PR]
by iepro | 2014-11-28 00:20

βカロチンのおすそ分け

今日、M様宅に伺い、契約書にサインを頂き、今後の打ち合わせ段取をして帰る時、玄関先に野菜の入った袋が置いてありました。
「良いですね、ご近状さんからのおすそ分けですか」と話すと
「東さんへですよ」
と言って、人参、さつまいも、里芋を頂きました。
a0156611_19353386.jpg

ご親戚が、今お住まいの隣に畑を作っていらして、その収穫物だそうです。

野菜大好き人間なので、非常に嬉しいです。

M邸新築工事場所は、現在お住まいの場所ではなく、ご主人の実家の苺畑の隣。

収穫時期には、商品として出せない、ふぞろいのおいしい苺が頂けるかも・・・。
と、非常にいやしい期待をしています。^0^

Mご夫妻へ

ストロベリースマイルハウスの打ち合わせ。
次は、展開図の説明とショールーム巡りが、始まります。

設備機器は、あくまでもスタンダードなものを見積もりに入れています。
これから、本格的に見て、触れて、考えて、決めて下さいね。

色々検討しながら、金額も意識しながら、進めていきましょう。
よろしくお願い致します。
[PR]
by iepro | 2014-11-23 19:55

マユミ

今マユミに魅かれています。
マユミと言っても、女性の名前ではありません。
a0156611_1895518.jpg

ピンク色の実がとてもかわいい木の名前。
松竹梅の正月花より、新春の色という感じ。
a0156611_1813363.jpg

ピンクの実が割れると中から赤い実がまた顔を出します。
好きな花や実を飾るだけでも、シアワセを感じますね。
[PR]
by iepro | 2014-01-02 16:08

DON・KUSAKOのお昼時

現在建築意中の音楽家のMご夫妻が、南阿蘇のZaZaでステンドグラスの打ち合わせをすると聞いて、
「それではその前にお昼ご飯を食べましょう」とお誘いしました。
場所と時間を決めて。
a0156611_929135.jpg

お昼時、店に着きました。
a0156611_930113.jpg

久木野庵へ。
a0156611_9314543.jpg

素敵なご夫妻と美味しいお蕎麦を食べてました。

と、きれいにまとめて書きましたが、
実はどんくさい女です。
自分で12時半に集合と伝えたのに、それを忘れて11時半からお店に入って、まだかまだかと待っていました。

自分で情けないと思いますが、これが私です。自称どん・くさこ。
しっかりしている自分と、どんくさい自分。
両方愛しいです^0^
[PR]
by iepro | 2013-07-23 21:12

ライフスタイル・ファイルを作ろう!

何度も書いてきたことですが、ご夫婦、親子間でも、「感性」は違うと思います。
生まれ育った環境も、独身時代の趣味も生活環境も違うでしょうから。

ご主人は畳の間が好き!
奥様は、モダンな洋風のリビングが好き。
お子さん達は走り回る大きな空間が欲しい。
ガーデニングが好きな奥様。
草むしりとかするのは嫌なご主人。
部活が忙しく、家にいる時間がないお子さん。
ご家族のライフスタイルはそれぞれに違って当たり前。
でも家は一軒しか建てられません。
誰が、何をこだわり、何を求めて、何が好きで、何が嫌いか!
a0156611_18541424.jpg

簡単にご家族の感性をまとめる手段としては、住宅専門誌などでそれぞれに気になる写真をご家族の色を決めて付箋紙を貼ってみることです。

以外に、「へえ~そんなキッチンが良いの!」
「あなたの本、こんな書斎だったら収まるわよね」
「子供たちのベット、ロフトでも良いかも」
等と、選んだ写真をもとに、それぞれの感性を確認し合う作業が出来ます。
そして、設計に取り入れてもらいたいイメージに似た写真をカラーコピーしてファイルしておくのです。
これがライフスタイル・ファイル。
ご自分達だけのオリジナル資料が出来ます。
それをもとに、箇条書きに「我が家のこだわりポイント文」を添えて、建築家との打ち合わせに臨みましょう!
とても、スムーズに打ち合わせが進むはずですよ!
[PR]
by iepro | 2013-06-13 19:15

風やもどき・・・。

〇〇風という表現は使いたくない。
もどきも。
偽物、物まねの類で、家創りのデザインを語りたくない。

既製品や規格品ならば、同じような外観デザインや内装仕様で双子、三つ子のような家創りも分かります。
ですが、
私が関わる家創りは、それぞれの「暮らし人」のこだわりや想いをカタチにした空間設計デザインを創りたい。
だから、いっぱい話しましょう!
a0156611_1625960.jpg
Tiger Man    
[PR]
by iepro | 2012-07-25 16:04

家を建てたい!と思ったら・・・。

まずどんな行動に出ますか?

何回も書きましたが、ほとんどの方が住宅展示場に行くのでは?
それも、間違いではありません。
しっかりと既製品を見ておくことも大事です。

その時、氏名住所を書いてしまうと、営業マンとのやり取りがスタートします。
熱心な住宅営業マンとの関わり方は家創り初心者の方には大変かもしれませんね。

個性的に家創りをしたい!とお考えの方は設計事務所のHPをリサーチすることから始まるのかな?
写真やHPのこだわりに魅了されるかもしれませんね。
でも、それもクールに見ておくこと。

誰でも、お見合い写真は実物以上にきれいに見せたいものです。

他にどういう行動にでるか?

そう!sumai建築プロデューサーに相談してみることも一つの手段です。
はじめのいっぽの選択肢は多いほど良いと思います。

それから、自分達家族にとって一番合う家創りを検討いして決める。
このくらいの余裕と時間は必要です。
一生に何回も建てることのない「我が家」を誰とどうやって創り上げるか!?

いつでも、お気軽のご相談ください。
お金の事、こだわり、夢、心配ごと、いろんな側面からもご相談に乗れるはずです。

「家創り相談室」は完全予約制。
096-312-0783 東まで
メールはフェーレルオーゴのHPのコンタクトから(色字クリック)

雑談から始まる家創りの話は楽しいですよ。(ご相談は無料です)
[PR]
by iepro | 2012-06-12 18:58