くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

2017年 06月 28日 ( 1 )

感性は磨くもの!

家づくりには、色々と「決める」場面がある。

私は、即決に近いスピードで自分の家づくりは進めてきた。
なぜなら
「好きなもの」がはっきりしているから。

でも、私みたいな人間ばかりではない。
やはり、考え悩み、そしてプロの意見を聞き、最後に納得して「決める」が良いと思う。

感性を磨く!
これが大事。

味覚と同じ。
食べ歩きが趣味の方は、屋台から高級レストランを食べ歩き、自分の味覚を磨いてる。

家に関して大事なのは、暮らしが豊かに感じる!を常に意識できるか?!
今だけではなく、3年後5年後、10年後の自分達の暮らしが変化する中で美しさが増していく家。
経年美の木の家。

小さく建てた家で、おおらかに暮らす!
これが、私の提案したい家。

色、素材、空間、家具、暮らしの道具など、日々の生活の中で感性を心地よく刺激してくれるのもを
セレクトする。

これは大変な作業ですが、楽しいですよね。

東京在住の学生時代からの親友Sさん。
先日、東京に遊びに行った時、久しぶりに会いました。
a0156611_6402523.jpg

今、浅草のマンション暮らし。
ご主人が賃貸ビルや賃貸店舗の運営をしています。
彼女自身は、ご主人の会社の事務担当でした。

でも、私が熊本で家づくりのプロ達と仕事をしている話をすると、とても興味を持ち詳しく質問してきました。
それは、10年前位でした。

そして、今は
a0156611_645945.jpg

自社経営のマンション賃貸店舗のインテリア担当をしています。
a0156611_6462518.jpg

とにかく、素材選びは足で探すのよ!語ってくれました。
a0156611_6473177.jpg

今、鎌倉の賃貸アパートのリノベーション工事中だそうです。

彼女は、インテリアコーディネーターの資格も建築士の資格も持たない主婦でした。

でも、センスが良いのです。
そして、暮らし方も素敵。

同じマンションにご主人と彼女と2室を使っています。
階が違います。
大人の愛ある距離感の暮らし方。

食事を済ませ、家事が終了したら、彼女は自分の部屋に戻って自由な時間を過ごしているのです。
仕事も自分の部屋で。

学生時代から、彼女の部屋のインテリアは違っていました。
ベットの横には、大小のキャンドルがあり、レースのカーテンの刺繍がきれいでした。

「暮らしのインテリアにこだわる感性」を10代の頃から磨いてきた彼女は
50代から感性がカタチを開花させて、活躍しています。

先日は彼女が手掛けた家の写真本が、出版されていました。
生活雑貨の女性オーナーの家を担当した家の本。

凄いな~!と思います。

でも、本人は、「好きなことが仕事になるなんて倖せ」と言っています。

それは、私も同感。

自分の家づくりの体験が、誰かのためになっていると思うと倖せです。

資格や肩書きも大切ですが、経験値と感性は「年の功」もありますよね・・・。


時間があれば、私は工芸館、美術館、ギャラリー、家具店、生活雑貨の店をみて歩きます。
これも感性磨きのひとつかもしれませんね。

好きな時間を過ごして楽しいことが、家創りに繋がっていく日々です。

[PR]
by iepro | 2017-06-28 06:58 | コーディネート