くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

2017年 01月 07日 ( 1 )

地産知笑プロデューサー

家創りの名刺には「住まいりんぐプロジェクト」と書いています。
役目は、「暮らしを楽しくする住まい方」の家創りサポート。

そして、もう一つの名刺には
「地産知笑プロデューサー」と書いています。
私が作った造語。

その土地の「ひと・もの・建物空間」を多くの人に知ってもらい、皆が笑顔になる暮らし。
手仕事の作家や作品の紹介。
農林水産業の現場から届くものの紹介。
活かしたい空間のプロデュース。

「つくるdeつくる人」として、動いています。

昨年は、カフェとして活かしていた町家が熊本地震で被災し活動が止まっていました。
今年は「熊本ブランド発信町家」として再スタートさせます。
その空間プロデュースも、私の大切な仕事。

a0156611_17515267.jpg

今日は、古町新町の復興プロジェクトメンバーで運営する新年会に参加。
a0156611_1748404.jpg

「復興ベース」として、町家を借りて一年間活動するメンバーの代表が源三さん。
a0156611_17522857.jpg

老若男女の町家再生関係者が集まり、今年が本格的なまちなみ再生のスタートだという想いを再確認し合いました。
[PR]
by iepro | 2017-01-07 18:03 | プロデュース