くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

プロデューサーを育てる

建築プロデューサーと名刺の肩書きで名乗っている方が熊本にも増えたかもしれません。
でも、私が望んでいる動きとはちょっと違うのかも。
仲間達との会話で次世代へ繋ぐプロデューサーを育てたい。存在を知ってもらいたい。
想いを建築家と一緒に家というカタチに創りたい。
そんな住建築プロデューサーをどうやって育てるのかが、これからの私の課題。
資格があるから出来るものでもなく、住宅営業の経験がないから出来ないものでもない。
創り手と住み手の間で自分も歓びを感じる家づくりのまとめ役。
特に女性に頑張ってもらいたい。
建築家も現場も男性が多いので、女性の立場で、奥様や子供さんのことも考えるポジション。

私もここまで来るのに紆余曲折でした。
苦労も笑顔に変えられる女性プロデューサーが育つことを夢みています。
[PR]
by iepro | 2010-01-26 19:20 | 想い