くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

建築費の調整

家を建てるとき、建築家と打合せをして、これで見積もってみましょう!とひと区切りつけ建築会社に見積もりを依頼する。

でも、まず希望の金額は出ません。
希望とは資金計画で自己資金や住宅ローンを考慮した中での希望金額。
これなら、借りれる、返せるという根拠のない金額です。

希望金額と見積り金額の差をどうしたら近づけることが出来るのでしょうか?

我が家の阿蘇の家は頑張った結果でも、やはり建物本体で150万円ほどオーバー。
その上敷地が広いので外構工事費がかなりかかりそうです。

「あきらめる」とか「ケチる」という言葉はあまり使いたくないので、「工夫」してどう金額調整をするかが、これから建築業者と契約する方の乗り越えるところでしょうか。

何千万円もの金額を見慣れ、聞き慣れすると人間は麻痺してしまいます。

ゴミ袋の有料化で、大より中を使おうとか、スーパーで袋3円取られるくらいなら、必ずエコバックもって行くぞ!と小さな金額には敏感なのに・・・。

ここで、建築家と共に心強いのが私やインテリアコディネーターの存在だと自負しております。

本当に必要なものか!本当に理解されているのか?図面や施工内容、備品の確認などしながら、家を建てたい方の理想と現実の調整をフォローしていきます。

「高いものが良いとは限りません。でも安いものには理由があります」
費用をかけるところと省くところ。

これをご自分たちで納得しながら進めていけば、きっと選択したご本人たちにとっては満足の家になるはずです。

ちなみに私は薪ストーブの設置を今ではなく、今年の秋に延期しました。
わずかな金額ですが100万円位の支払いが先に延ばせます。(その間にまた貯金)

それより先に、ヒノキ林を駐車場に整備して、展望ウッドデッキを作る費用。家の周辺の外構工事、薪と洗濯物干し小屋など、建物本体以外の費用がかなりかかりそうです。

家を建てる。快適に暮らす。この為の費用は全体を良く見ながら進めてくださいね。
と自分にも言い聞かせています。
[PR]
by iepro | 2010-01-11 08:38 | プロデュース