くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

つくるdeつなぐ仲間(2)古民家と紙編

熊本地震後、お互いに気になりながら会う機会がなかった。
懐水集の福本さん。
「東さん!元気してますか?遊びに来て下さい」
と、電話を頂きました。
a0156611_21185183.jpg

不知火の古民家を再生してギャラリーにされています。
a0156611_2120797.jpg

おにぎり用意しておきます。
a0156611_21205036.jpg

の言葉通り、地元の野菜とお米の美味しいお昼ご飯を頂きました。
福本さんとは、感性が近いのです。
器の趣味も、古ものを楽しく再生するも。
紙作家の坂本さんの紙展があっていました。
a0156611_21234480.jpg

私も大好きで、以前何枚も買って、タペストリーにしたり、掛け軸にしたりして室内演出を楽しんでいます。
a0156611_21251390.jpg

真ん中が鏡、フレームは数種類の手すきの紙。かわいいですね。カフェに飾ってありました。
a0156611_2126521.jpg

古民家の敷地内に、小さな小屋を建て、娘さんがカフェを始められました。
a0156611_212917.jpg

a0156611_21335189.jpg

私のテーマは、「小さな家でおおらかに暮らす」です。そのテーマにピッタリの建物でした。
a0156611_21301471.jpg

この珈琲カップ、アートですね。

古いものと新しいものの融合スタイル。
懐水集さんは、紙作家の坂本さんの紙を貼る仕事もされています。
ふすまや壁やテーブル。
紙を貼ると、また素材感が違った楽しい表情の空間が出来ます。
a0156611_21371059.jpg

古い家の開放的な土間。
やっぱり落ち着きます。
何時間いても、心穏やかにゆったりと出来る空間です。

坂本直昭 紙展
5月30日まで  懐水集にて

熊本県宇城市不知火町浦上字居屋敷734
0964-32-2268

ナビで浦上公民館を探せば、その隣です。
[PR]
by iepro | 2017-05-25 21:41 | お宅訪問