くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

家づくりの契約後は?!

先日、G邸請負契約が終わりました。
これから図面と見積書を添付した契約書を作成します。


「家を創る契約をする!」という事は、人生で何回もないはず。
どきどきですよね。

昨日は、見積もりに提示した設備機器を確認にショールームへG奥様と行きました

住宅会社の流れと違って、私たちの契約とは、全体の予算組を承諾した。というイメージです。

基礎工事は、地盤調査をして設計者がどう施工していくか決めます。
大切な構造部分や柱の位置も、契約の時はほぼ確定しています。

これからは、図面を確認しながら詳細な仕様決めと設備決めです。
契約の時に、全部が決まっている訳ではありません。

着工までに考えること。
工事が始まり、現場で広さ高さを確認しながら決めること。
色々あります。

ある住宅会社は、契約が2回あるそうです。
建てるかどうかの契約。そしていろいろ決めてからの契約。
そして、1年後に着工したとして、記憶が薄れて変更があれば、また追加の変更契約。

熊本地震後1年。
被災した方々も、平常心に少しづつ戻っているようにみえます。
でも、
あれこれ、日々の暮らしの不安もある中での家づくり。

時間がかなりかかる家創り。
工期の問題ではなく、職人不足、資材不足の価格高騰の中で急いで家を建てる。

とても不安でしょうね。

契約と聞くと、緊張するでしょうね。

私達が関わる家創りは木造住宅が多いです。

工期3ヶ月は無理です。

ゆっくり、考えながら、確認しながら想いを伝えあいながら家創りを進める。

あと数年は、建築ラッシュだと思いますが、この流れは変えられません。

スローハウジングの大切さは、自分の家は自分の意思決定で!

なにがなんだか分からないままに、契約していた。

となるのは、残念ですね。
[PR]
by iepro | 2017-05-13 06:50 | プロデュース