くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

庭師の想い

友人が、全壊した実家を再生すると覚悟を決め動き出しています。
家の修復工事が、やっと始まります。
震災後、空き家になって一年待ちました。
家も待ち長かったでしょうね。

そして、庭づくりの相談をしたいというので、桜木の村上造園さんへ伺いました。
a0156611_1865425.jpg

友人も村上さんもお互いの感性が合うのかの雑談から。
a0156611_1874759.jpg

でも、私は語らずとも感じるものがあります。ご自宅の庭を見て。
a0156611_1893458.jpg

遊んでみました。の小屋。
a0156611_18102480.jpg

苔庭に散った花がきれいです。光模様も。
a0156611_18111326.jpg

そして、友人宅へ。
江津湖の前に建っています。
a0156611_18121180.jpg

家と庭造りは切り離せないものです。
熟練庭師の熱い想いが、言葉のひとつ、ひとつに伝わりました。
亡くなられたお父様が好きな樹木が多くある庭。
どこに視線を向けるかで、村上さんは、樹木の「引き算の美」を提案されました。
秋には、修復工事と庭の手入れが終わる予定。

今は誰も愛でることのない庭の椿の小枝を、少しいただき自宅で活けました。
a0156611_18162930.jpg

お父様が大好きだった椿の花。
a0156611_1817277.jpg

開花するのが楽しみです。
[PR]
by iepro | 2017-03-11 18:23 | 打合せ風景