くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

唐人町の町家再生

やっと、町家の家主と熊本市の景観課の方と修復工事をするメンバーがご対面。
a0156611_9215332.jpg

熊本地震から半年目に。
ながかった・・・。
これまでの時間が。
a0156611_923256.jpg

築百年の町家の外壁は、煉瓦で覆われています。
油、小麦粉、砂糖など当時の貴重品を売る商いをしていた町家。
耐火、防火の役目の煉瓦壁です。
2回の地震にもどうにか耐えてくれました。
でも土壁にダメージがあり、修復工事のメインは左官の仕事力も大きな要になりそうです。
a0156611_9265133.jpg

この町家は、熊本市の景観重要建造物です。
熊本市の職員の方とも確認しながら、修復工事が始まります。
a0156611_9285290.jpg

家主のNさんは、ご高齢で持病もあり、町家再生にかかる心身の負担は、かなり大きいはずです。
お金もかかります。
頼りは、ツブラホームの代表、直理さん。
時間は、かかりますが、職人の技と町家の歴史を、しっかり繋いでくださると思っています。
[PR]
by iepro | 2016-10-13 09:31 | 建築日和