くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

南阿蘇にゲストハウスを!

熊本地震後は、被災の話ばかりが続きます。
それに関連して、修復工事、建替えの話。
これも、建築業界にいる者として、何とか出来ることはしていきたいことです。
過去に嘆くより、未来を明るくするために。

でも、どんな時でも、「わくわく感」は大切。
これからの暮らしに夢を持つこと。
そこから始まる会話は楽しいものです。
小さな幸せの積み重ねを「夢」として語って頂くと、笑顔が広がります。

人が笑顔になる仕事。
それが大事であり、私自身も元気になります。

1年前、お会いしたSファミリーの皆様。
「私のブログを読んで」と言って、県外から会いに来てくださいました。
わざわざ、南阿蘇の山小屋まで。

これから、南阿蘇に土地を探し、家を建て、宿泊業と料理教室もしたい!の夢を語って下さいました。

そして、昨日久々の再会。
空楽の事務所に来て下さいました。(色字クリックで空楽HPへ)

前回お会いした時に、「この家付きの土地を買おうと思っています。」
と写真を見せてくれました。
そして、購入後、その家で地震にあったそうです。

「南阿蘇に来なければ、こんな怖い思いはしなかったのに」と寂しい顔をされたらどうしよう。
と心配していました。
その心配は、ご夫妻、お子さん達の笑顔を見て一瞬で消えました。


ゲストハウス創り構想を楽しそうに話してくれました。
息子さん達も一年で顔つきもしっかりして、身長も伸びて元気な様子。

南阿蘇村の村民として、楽しく暮らしていらっしゃる事が分かって、嬉しかったです。

これからの夢を、色々お聞きしました。

共感、同感の気持ちで。

なぜなら、私がしたかったことなので。

自然を満喫して、季節の素材を味わってもらゲストハウスは、私の近い将来の夢でもありました。

なので、自分のことのように楽しいです。このプロジェクトは。

こだわりと、予算と現実。
その調整がこれから始まりますね。

ゲストハウス建築のご縁があるかどうかは、これから次第ですが。

Sファミリーの皆様

次回は、S家に伺いますよ。建築職人と。
そして、いつか奥様の手料理も味わってみたいです。

外輪山の眺望と風と光と、自然の恵みの果樹や野菜たちに囲まれた暮らし。
ブラボー!ですね。
a0156611_11203680.jpg

我が家から見た、久木野の風景も私は好きです。
やはり、大自然に包まれると、心の深呼吸が出来ます。

昨日は、とても楽しい時間でした。
ありがとうございました。

[PR]
by iepro | 2016-08-28 11:27