くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

横の細道を活かす家・階段編

江津の細長い分譲地の端に建つK&S邸の現場。
a0156611_12351553.jpg

この家のこだわりのひとつ。
「階段」
この階段には、色々な思いがあります。
S様のご要望で「少し幅の広い階段」になりました。
a0156611_12374160.jpg

一階から二階までの「遊びのスペース」に、階段は大きな存在。
a0156611_12391668.jpg

大工さん達にモデルになってもらい、座ってもらいました。
階段は椅子にもなり、好きな小物を置くギャラリーにもなるのです。
そして、階段下は収納力抜群のクローゼットに。
「たかが階段!されど階段」なのです。

階段の取材の為に、大工さんの手を止めたわけではありません。
休憩時間をうかがって「冷たい差し入れ」持参です。

ひと休みに階段に座っている風景が、私の想いの通りだったので。

階段からもキッチンからも見渡す中庭の存在。
次はそのことを書きます。


S様

木工事の期間は長く感じるでしょうね。
カタチは見えても、素材や色が分からない時期。
工事が進んでいるのかも、あまり感じ取れない時期。
でも、この時間が、本当はとても大切で重要な職人技が必要な時期です。
この時期の工事が丁寧かどうかで、細部の仕上げが違ってきます。

k&S邸着工後から始まった、お隣さんの工事。まだ工事途中なのに、もう完成に近いお隣さんの工事。
この違いは、何なのでしょうね。

答えは、お互いの家が完成した時に分かると思いますよ。

もう少しお時間をいただきますが、丁寧に仕上げていくので、ご安心くださいね。

完成まで待ち遠しいと思ますが、今は年末年始の室内外の演出を考える時間にも・・・。
[PR]
by iepro | 2016-08-18 13:01 | 建築日和