くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

温故知新の暮らし方

先日、和水町の肥後民家村へ、書道家の稲田しゅんけいさんと行きました。
a0156611_9551450.jpg

3回目の訪問。
a0156611_10155085.jpg

民家を借りてアーティストたちが工房にしたり、カフェにしたりしている。
とても良いことです。
歴史ある建造物を移築して、保存し、活かす。
a0156611_9571770.jpg

ランチは。木彫作家の奥様が営むKINONで。
a0156611_9582955.jpg

春の日差しが嬉しい季節。
a0156611_9592850.jpg

椅子というよりアートですね。

土間と木と石と瓦。藁葺の屋根もあります。
古き良き時代の民家を残す。
素晴らしいな~と単純に感動していたら、
歴史おたくのしゅんけいさん曰く、「この場所から日本最古の文字が発見されたのよ!」と興奮して説明してくれました。

時代をさかのぼり古代からの暮らしを想像しながら、「温故知新」の家を眺めて回った一日でした。
[PR]
by iepro | 2016-02-25 10:15 | 楽しみ