くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

南阿蘇は、ただの田舎じゃなかよ~!

土地から購入して家を建てる家創りのご相談を受けた場合、私は土地を探した時、依頼者より先に現地を見て、歩き、周辺の住環境を確認します。

それから土地自体の「気」も。

そして、暮らし始めてからの楽しみも、周辺で見つけもらうことをお勧めします。

土地が決まれば、家創りに入りますが、同時に近隣探索も。

小さな古い鳥居や神社、近くの自然の風景。
ミニミニ歴史探訪の旅。

まちなかだったら、散歩コースを幾通りも探すとか!
美味しいレストランやショップ探しも。

ゆっくり歩くと、普段見つけることの出来ない、小さな発見があり楽しいものです。


私が探した南阿蘇の土地は、山林で、ごみの不法投棄がしてある場所でした。
敷地内は、けもの道となり、普通はここに家を建てる?!と考え難い山奥。
a0156611_10293346.jpg

街中生まれの街中育ちの私には、未知の住環境。
好奇心旺盛なイノシシのような性格の私は、その山林が気に入りました。

「南阿蘇は、ただの田舎じゃなかよ~!」と感じたのです。
ここ数年は、日々の仕事に追われて、近所へ遊びに行く時間があまりなかったですが、
今年からは、暮らしている場所での楽しみをいっぱい見つけようと考えています。

昨年末30日はご近所の草千里へ。近すぎて、なかなか行くことがなかった場所。
a0156611_10323941.jpg

合成写真のような、真青の空。爽快でした。
a0156611_1135381.jpg

車で15分位でこの風景。

薪ストーブも自分で簡単に火をつける事が出来るようになりました。
a0156611_11201068.jpg


でも、野草の知識が全くないし、覚えられません。
野の花辞典は買っていますが、探すも大変。
ボケ防止で、楽しみながら調べていきます。

a0156611_11212098.jpg


さて、この草は?
敷地内にはえてきた葉っぱを見て考えました。

高菜?
ふだんそう?
食べられる?

答えは見つからないまま、数日が経ち、山を下りて西原を通っていたら、畑の隅っこに菜の花が。
もう、少し黄色い色の花が咲き始めていました。
葉っぱが似てる?!

そう言えば去年、菜の花咲いてたかな?
と、非常にレベルの低い知識しかない私。

敷地が広すぎて、ゆっくり野草を眺める時間も全くなかったと反省。

昨年末、ガーデンデザイナーのポール・スミザーさんが、
「自分の敷地周辺の野草の観察をしなさい。」と、講演で教えてくれました。
「その地に適してい草花は、野草が教えてくれますよ!」と。

家づくりは、暮らしを楽しくするスタート。

楽しく快適に暮らす「衣・食・住」情報も
今年から、「あそびとりんく日記」として、少しづつお知らせしていきますね。
[PR]
by iepro | 2016-01-14 11:29 | 楽しみ