くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

町家が消える・・・。

古町、新町の町家や、町並みを残す。

これは、言葉で書く程簡単なことではありません。

自分で経験してよく分かります。
築100年の町家を再生しながら活かしている現状で、色々な事を考えます。

先日、歩いて銀行へ行く途中、町家の解体の現場を見ました。
a0156611_16193057.jpg

残念です。
しばらくはカフェになっていた町家です。
維持管理には、お金がかかります。

解体される町家を見ると淋しくなりますが、その正面には、再生して賃貸店舗になった町家もあります。
a0156611_1622247.jpg

これは、とても嬉しいことです。
交通センターの中で何十年も営業されていた老舗のお茶屋さんです。
偶然にも、この町家の元の商いも、お茶屋。

引き寄せられて来たのでしょうか。

町家を守る、活かす、町並みを大切にする。

現実に、持主や管理人にとっては、お金のかかること、不便なことも多々あります。
でも、マンションと駐車場だけの城下町は、淋しすぎます。

行政に言いたいことはありますが、私に出来ることは、今、若い人達が、町家を拠点に色々活動をされていることを、応援して、
器季家を出来る限り運営し、町家創生&地産知笑プロジェクトをやり続けること。

個人力は微力でも、守る、活かす。を、コツコツやるしかありません。

「壊さず活かす」も私のライフワークです。
[PR]
by iepro | 2015-12-02 16:29 | 想い