くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

KAJIRAKUの家・電気配線計画

今週、上棟する小川のK邸打ち合わせ。
設計者、若杉さんの言葉。
a0156611_7441679.jpg

家事動線が短く、楽に動けると、わずかな時間の積み重ねで、時間に余裕ができる。
時間に余裕ができると、家での楽しい時間が増える。

家事が楽にできる家=家にいる時間が楽しい家=KAJIRAKUの家プロジェクト。

K邸は平屋の家にちょっと楽しいスペースを設けています。ご主人と奥様の為に。
この、ちょっとがポイント。

そして、日々の洗濯のこと、掃除のこと、料理のこと、かたずけ、収納のこと。
奥様の想いが、ぎっしり詰まった楽楽プランになっています。

ご夫婦共にお忙しい日々、そして可愛いHちゃんの成長も見守る日々。
家事が楽にこなせれば、小さな幸せを感じる時間が増えるということ。
a0156611_7184846.jpg

さて、昨日の打ち合わせは、電気配線計画と照明計画。
賃貸住宅や、分譲マンションの場合、最初からスイッチ、コンセントはついています。
そのスイッチを押して、照明をつける。
コンセントを使い、届かない所は延長コードを利用して使います。
a0156611_7194010.jpg

でも、我が家を新築するということは、そのスイッチ、コンセント、照明機器も考えて、選んで決めることができるということです。
これは、決めるのに大変だけど、とても重要で、日々の暮らしの中で快適さを感じることのひとつ。
建売住宅や企画住宅と称する家創りでは、自由度が少ない打ち合わせの箇所です。
でも、Kママにとって、この配線計画はとても重要だと思うので、提案から、決定までの時間に余裕をもって考えてもらうことにします。
現場での確認も必要です。
a0156611_7232738.jpg

照明機器に関しても、飽きのこない、掃除がしやすく、電球を変える手間も省くLEDにこだわっています。
これも、日々の暮らしにゆとりの時間を持つ、ひとつの工夫。


打ち合わせが進む中で、こちらも建設が追い込みに。
a0156611_726146.jpg

Hタワーです。
可愛いHちゃんのつくるカラフルタワー。
新しいおうちで、おもちゃ置き場はどこでしょうか?

今週、木曜日に棟上げが始まり、柱や屋根のカタチが見え、そして内部の動線が少しづつ分かってきます。
そうすると、ますます打ち合わせの内容が充実してきます。

ハウスメーカーの打ち合わせは、図面作成の段階で、配線、照明、壁紙、その他一式の打ち合わせを済ませて、現場工事が始まって変更になる場合は、変更手数料やオプション加算と聞いたことがあります。
数年前に、某ハウスメーカーに勤務している元同僚から聞いた話です。改善させていたらすみません。

どこに頼んでも、工事が始まる前に、すべて決め込んでいく家創りは、建てる側のことより、自分たちの段取重視、利益重視としか考えられませんね。


初めての家創りで、想像も出来ないこと、検討する時間が必要なこと、現場で考えたいこと。
工事過程で色々感じることがあります。

大幅な変更や施工済みのやり直しは、当然、施主の負担になり加算される部分は出てきますが、
ひとつ、ひとつ、「提案、検討、確認、決定」の繰り返しを、プロのアドバイスを受けながら進めていくのがベストだと思います。

さ~!!!
今週末は家のカタチが見えますよ!
Hちゃん、ビックリするかな?^0^
[PR]
by iepro | 2015-11-30 07:34 | 打合せ風景