くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

横の細道を活かす家・土地決済編

どんなに、家創りの夢を大きく膨らませても、建築地が定まらないと先には進めません。

どこに暮らす?どこで建てる?いくら必要?
「初めての家創り」には未知の不安がいっぱい。

そんな時、頼れるプロ達に出会えるのは、運命でしょうか?引き寄せの法則でしょうか?

それは、前向きに明るいご家族の想いが波動となって動く時に、分かることです。

なんか宗教家のようなことを書きましたが、
私は、無宗教者です。^0^
大事にしているのは、先祖供養のみ。

話しは元に戻し、土地を決めるためには、現金での土地購入でなければ、銀行に住宅ローン融資の相談をしてもらいます。

そして、銀行が求める資料の中には、設計図、配置図、建築見積書。
土地情報に関しては、不動産業者が動いて下さるはず。

でも、この土地を買っても良いのか?の不安な状態から身動きできない時に、登場するのが私。

建築予定地を確認して、資金計画を考え、設計者を決め、相談します。
その土地にどんな家が建つのか?を。
同時に、どんな敷地にどんな家が建って、どんな暮らしをされているのかもご紹介。
a0156611_1034628.jpg

疑似体験のような形で家を見学してもらいます。
a0156611_1051097.jpg

それから、ゾーニングプランを確認して、工務店に予算枠の見積もり書を作成してもらい、銀行に申し込んで、融資確定の返事を待つ!
a0156611_1062574.jpg

「横の細道を活かす家」の土地決済までの期間は、初めてお会いしてから5か月目です。

私にとっては、濃厚でわくわくドキドキで、短い時間に感じました。

S邸プロジェクトがここまで進むのには、多くの方のご協力がありました。
不動産会社の人達、銀行、そして、空楽で家を建てて下さった、Kさん、Tさんのお宅拝見、若杉さんの設計相談、見積り作成を直理さんに、そして銀行選定相談で万江さん。

限られた時間の中で効率よく動けたのは、皆さんのおかげです。

次は、土地決済。設計施工契約、着工までと流れを作っていきます。
プロジェクトメンバーも増えます。

S様
入学時期には間に合いませんが、夏休みにお引越しが出来るように皆で力を合わせて進めていきます。
気持ちは軽やかに、でも打ち合わせは丁寧に、と考えています。
これからもよろしくお願い致します。
[PR]
by iepro | 2015-11-20 10:07 | プロデュース