くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

親子を繋ぐ橋のある家

長嶺のH様から写真が送ってきました。
器季家でも個展をされたことがある、味府礼子さんの器を飾っていますと。
a0156611_9363672.jpg

刷毛目模様の中鉢。
シンプルで、何にでも使える器です。
a0156611_9381532.jpg

元気盛りのお子さんが二人のH家。
大切な器は、お子さんが手の届かない造作棚の一番上に。
好きな器を少しづつ集めたい!とおっやる奥様。

そうです。
何でも、楽しみながら少しづつが良いですよ。
家もそう。
季節の飾りつけや、好きな小物を少しづつ・・・。
物であふれる暮らしではなく、大切なものだけに囲まれる暮らし。
素敵ですね。
a0156611_9413296.jpg

親子を繋ぐ橋を、元気いっぱい走って渡るお子さん達の姿が目に浮かびます。

クリスマス、お正月の演出は?
楽しみですね。

Hママ、写真ありがとうございます。
私も子育て中は、器が好きで、でも、子供が割るので、の繰り返しでした。

色々な作家ものを見つける時は、直感は大事です。
「好き!」と思った器と出会ったら、まとめ買いではなく、1個か2個。
楽しみながら、揃えて下さい。

そして、お子さんが寝た後の、ホットひと息の珈琲タイムや晩酌時に、ご主人とふたりで器も楽しみながら楽しい時間を過ごす。

小さな幸せを大きく感じる暮らし。

良いですよね。
[PR]
by iepro | 2015-10-29 09:49 | 楽しみ