くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

住宅密集地に建つO邸

分譲地最後の一角に建つO邸。
a0156611_7253585.jpg

今月末完成です。
a0156611_7264728.jpg

リビングの端から、全体を眺めている若杉さん。自称建築職人。
彼の素晴らしいところは、「押しつけの設計」をしないこと。
長く住み続ける暮らし人の心地よさを重視している。
「心地よさ」の言葉には、いくつもの設計要素が含まれている。
その足し算、引き算をわきまえて、シンプルに見える設計をする。
これは、センスと経験値の結晶のように感じる。
a0156611_7304659.jpg

「僕は料理はしませんよ」と言いながら、キッチンの水栓を真剣に操作しているご主人。
a0156611_732244.jpg

お子さんは、完成前からもうお友達を招いていました。
a0156611_7334825.jpg

動物は飼わないというご家族の想いで、「せめて照明に」の可愛い演出。
「家庭」という字は家と庭。
家は完成に近づいています。
今回は「庭」の植栽と家具の打ち合わせ。

いよいよO邸が完成します。
クラシカルな外観に比べ、中に入れば、一階は開放的なワンルームのような家。
キッチンからご家族、庭も一望できます。

O様
引っ越しの準備大変でしょう。
現在、使っている物はもちろんですが、「いずれ、使うだろう」の押し入れの番をしている物は、処分箱に入れて、引っ越しをしてみてはいかがですか。
どんなに収納場所を新しい家に設けても、「買う・捨てない」の日々は、ものが重なり合っていきます。
何処に何があれば良い。
ここにはこれを置く!

実際は図面上に書き込みをしてみると、「収納上手な暮らし」の予習が出来ると思います。

11月1日がお引越し。
新しい暮らしがいよいよ始まります。
[PR]
by iepro | 2015-10-13 07:44 | 打合せ風景