くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

家具作家の想い

南阿蘇のご近所に住む兼丸さん。
家具作家である。
彼が、昨年病気で倒れ、左手がマヒして治らない。
リハビリのつもりで、簡単な椅子を作っているけど、以前のようなわけにはいかない。

お見舞いも兼ねて、ステンドグラス作家の塩田さんと工房へ伺った。
a0156611_1433877.jpg

ロッキングチェアーや創作椅子。
a0156611_14342725.jpg

小さな丸テーブル。
a0156611_14351545.jpg

今年中に、この展示場も閉めるそうです。
購入希望の方は、ご連絡下さい。
椅子は15万円前後にしてくれます。
使って下されば、家具も嬉しいはず。

熊本県伝統工芸賞も受賞したことがある家具作家。

手が動かないのは致命傷です。

私にお金があれば、買い取ってあげたいのですが、我が家も椅子だらけ。
お尻は、ひとつなのに・・・。

南阿蘇、兼丸工房のテーブル、椅子、小物にご興味ある方は、ご連絡ください。
a0156611_1443725.jpg090‐5937‐8767(兼丸)
[PR]
by iepro | 2015-09-09 14:43 | ひと