くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

家創りの情報

テレビ、ラジオ、雑誌、フェイスブック、色々な情報が一方的に送られてきます。
今の家創り情報が。

その情報をどう整理して、何を取り入れて、どのように自分の家創りに反映させるか?

住宅会社が良いのか?
設計事務所へ依頼して、工務店まで選んでもらうのか?
工務店に依頼して、すべてを頼むのか?

ラジオから流れてくる工務店や設計事務所の代表の話に耳を傾けながら、私が初めての家創りをするとしたら、誰に相談するだろう?と考えた。

家創りに精通して、経験豊富で、設計施工までの流れを熟知し、尚且つ長い年月つき合っていける人、集団、会社。

悩みますよね。

そんな時は、一回すべての情報をシャッフルしてはいかがでしょうか。

シャッフルというより、人間の五感に任せてみる。
分かりやすく言えば、実際に暮らしが始まる完成見学会や、建築途中の家を見せてもらう。
築5年位の家に伺って話を聞いてみる。

広告や、情報より、自分の五感が「心地よい」と感じる家を探してみる。

営業マンや会社のブランドより、「自分に問いかける」をやってみることをおススメします。

現在の建築事情で、悪質な施工はほとんどないと思います。
バブル時代と違って、施工に関する品確法も浸透してきました。

曖昧な表現ですが、家と人との出会いを感じて下さい。
完成見学会は、色々行ってみることをおススメします。

但し、来場アンケートを書いた後の、熱心な営業マンに押し進められて、「何が何だか分からなくて
契約した」だけは、避けて欲しいです。

多くの情報を収集しすぎて、頭でっかちの「性能おたく」も困りものです。

営業マンの「熱心」「しつこさ」と「心地よい家」は違います。
それを、しっかりわきまえて、何十年も暮らす家のパートナーを探しましょうね!
[PR]
by iepro | 2015-06-16 11:05 | プロデュース