くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

平面図から現実のカタチに!

明日、O邸の上棟の日。
柱が組み上がったら、目の前に現実の「家」が見えてきます。
a0156611_644276.jpg

家を建てる相談の前に、この土地を買って良いと思いますか?
の相談から始まったO邸計画。

かなり広い敷地に、大きな家が建ちます。

でも、設計としては、まったく無駄がない「家族の想い」を平面図に。

お金のこと。
日々の暮らしのこと。
性能のこと。
ご夫婦の仕事のこと。
子供さん達の成長に大切な環境のこと。

多くの枠で考えながら、小さなことの積み重ねで、設計打ち合わせは進んできました。
これからは、カタチが見え、素材の質や色が感じられる現場ができます。
完成するまでは、O邸新築工事現場。

でも、日ましに「我が家」の実感が出てくるはずです。
打ち合わせや、現場へ足を運ぶ回数が増えるごとに、「我が家」になっていくはず。

お子さん達にも、どんどん職人さん達が働いている様子を見てもらいたいと思います。
手間暇かけてつくり上げる家の様子は、目に焼き付けて欲しいものです。

多くの人の力で家は完成していきます。
それを知れば、暮らし始めて、更に喜びと感謝と愛情が「我が家」に生れるはずです。

明日、大安吉日の上棟。
平面図から現実のカタチが見てきます。
[PR]
by iepro | 2015-05-24 06:57 | 建築日和