くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

憧れの人の暮らし方

家創りのスタートにお願いするのが、自分のライフスタイルブックを作ってほしいこと。
どんな家に住むか!も大事。
でも、どんな暮らしをこれから新しい家でしていくかはとても大切なことです。

生き方に感銘する人の本から抜粋した写真や文章や暮らしている写真なども、ライフスタイルブックに納めておくと、後々非常に参考になります。
家創りに関しても。

「つくるdeつなぐ」が私のライフワークです。
家創りの仕事が今は一番大きなことです。
でも、今後は、「町家を守る」から発展して、器季家カフェで「マイブランド」をサポートして商品まで販売する仕事をする予定。

「マイブランド」とは、一次産業の農林水産業や個人工房の手仕事作家の「モノ」をブランド化していく仕事。

その仕事を模索中の時に出会ったのが、デザイナーの梅原真さん。
そして、奥様は裂き織作家。
暮らし方も素敵。
地方の自然環境の中から、デザインを発信しています。
a0156611_108996.jpg


勝手に憧れているご夫婦の暮らし方。
自分の故郷の田舎を中心に、仕事を全国で手掛ける。
これに、憧れます。

そして、一番きつい現場で頑張る小さな工場や工房の人達の「モノ」を「物語のあるパッケージデザイン」で息を吹き返らせる仕事に憧れます。

それから、奥様の暮らしに対しての美的センス。

「空間の美学」が分かる方。
暮らし方のこだわりを、ちゃんともっているご夫妻。

単なるファンなので、会ったことも話したこともありません。
でも、良いのです。
共感できることを真似から始めれば良いのです。

真似しているうちに、自分スタイルが確立出来てくると思っています。

これから家を建てたい方へ。

家は、固体のカタチです。
でも、土地や、周辺環境、設計者の力量や施工者の技で、何色にでも変わっていきます。

まずは、自分スタイルの暮らし方を考えておいて下さいね。
難しいことではありません。

憧れの人の暮らし方、考え方、家の写真などを、目に見える様にしておくと必ず参考書として役に立ちますよ。

「ニッポンの風景をつくりなおせ
一次産業×デザイン=風景」  

著者 梅原 真    発行所 株式会社 羽鳥書店
[PR]
by iepro | 2015-05-03 10:18 | 想い