くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

見せる家、住む家

この10年で熊本の住宅業界も大きく変わった。
私が目標にしていた「手創りの家」が多く出回っている。

出回っているという表現に、ちょっと違和感がある人も、いるかもしれない。

たとえば、「建築家と創る家」「有名デザイナーの設計した家」などの言葉が多く出回った。

外観も「近代建築」など斬新な建築物が雑誌から飛び出たようなものが街並みに出没し始めた。

関東や関西の設計事務所へ依頼して熊本で家を建てる人も増えた。

大きな枠で考えて、「自由な発想をカタチにする」家創りが熊本でも定着してきた。

それは、とても嬉しい。

でも、ここで重要なことは
「見せる家と住む家」の違いをしっかり把握して欲しいこと。

誰に設計を頼むか?誰に施工を頼むか?

住宅会社の企画住宅、標準仕様で決めればよい家?!でもなさそう・・・。

設計事務所に依頼すれば、自由という「選択肢」も増える。

カッコイイ!斬新!パースに感動!これまでに設計された家が気に入った。などなど

色々設計者を選ぶ時の動機は様々。

家を創りたい人は「暮らし人」

見た目と住み心地は違いも出てくることを、しっかり確認してくださいね。

設計者の説明義務も確認してくださいね。

空楽は、チームを創り、設計、施工、インテリア、その他資金計画なども含め、担当者それぞれがの立場からの視点で家創りを「暮らし人」と一緒に考えながら進めていきます。

見た目も大事ですが、暮らしが始まってからの何十年を快適に暮らしてもらいたい!の想いで、皆が前向きにぶつかることもあります。

これが大事!

人の手間ひまが、家というカタチになって、家族の笑顔が見える暮らしが始まるのです。

「カッコイイ家を売る」とは大きく違います。

今から、家を創りたい方へ

「違い」の意味はゆっくりご説明いたしますよ。

家創りのはじめのいっぽの相談は遠慮なく。

雑談から始めましょう・・・。

東 久美子 090-9070-8168
[PR]
by iepro | 2015-04-29 09:45 | 建築家