くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

個々地良い平屋。

ご家族三人が、心地よく暮らす平屋の家創り。
土地を見て、どこを開放的にするか?
風の通り道をどこにするか?
収納と動線の考え方。
家族が集まる場所と、個人の空間。
初めての家創りは、わくわくの楽しみと、どきどきの不安の入り混じる想いからスタートします。
a0156611_16264683.jpg

パパとママが、平面、鳥瞰図等で、設計のイメージを確認している時、Hちゃんも建設的なことを。
a0156611_162809.jpg

真剣にブロックを積み上げていました。
a0156611_16293686.jpg

いつも若杉さんが語っている言葉。

「質の高い空間設計」

図面では分かりませんよね。
壁、天井の高さ、量、窓の開口部、室内の採光、素材の質感、色々な事の積み重ねで、仕上げていく設計の質。

足し算より、引き算の美学が大切かもしれません。
a0156611_1633199.jpg

前日まで、発熱で苦しんでいたHちゃんの笑顔が見れて良かった。

ご家族、個人個人の笑顔が絶えない暮らしを「適設適地」の家で出来ることが、私達の想いでもあります。
a0156611_1635452.jpg

個々地良い平屋。
パパも、ママも納得した設計ができたら、次は見積もりです。
その前に、詳細な図面を書かないと進みませんが・・・。
[PR]
by iepro | 2015-04-11 16:37 | 打合せ風景