くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

器季家の夜ごはん

新築の家創り以外に、熱い想いでやっているのが町家再生。
後継者のいない歴史ある建築物を守りたい!活かしたい!と、
築100年の町家を再生してカフェにしたのが4年前。
4月からは、熊本の「地産知笑」をコンセプトに、夜ごはんも始めました。
a0156611_2028179.jpg

40年以上シャッターが閉まったままの町家。
油、小麦粉、砂糖などの小売業をしてにぎわっていた商店。
店内の油が引火して火事になったとしても、近隣に燃え移らない様に、立派な耐火煉瓦の壁が綺麗に積み上げてあります。
ずっと魅せられていた町家を自分が活かしていることが、まだ夢のように感じることもあります。
最近は、観光客の方も多いので、熊本を知って喜んでもらうために、熊本のお酒や熊本の野菜料理なども夜ごはんのメニューに入れています。
a0156611_2034039.jpg

お酒がすすむ牛すじの煮込みや、熊本産の蒸し野菜。ちまきボール入り。
a0156611_20354124.jpg

おでんに、季節のお惣菜。すべて、手作りの家庭料理。
a0156611_20513322.jpg

a0156611_20522235.jpg

おもてなしは
a0156611_2043152.jpg

高校時代からの親友、ゆかりさんが。
私は、もっぱらカウンターでおいしい時間を楽しんでおります。

熊本城下町の町家を再生し、活かす。
明治、大正、昭和の原風景を守る。
やりがいのあることの、ひとつです。
[PR]
by iepro | 2015-04-01 20:45 | 楽しみ