くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

家族で眺望を創る家・上棟式

前日まで寒い小雨の天気。
ストーブ持参かな?!と心配して、厚着して行ったら、汗が出てきた・・・。
a0156611_7594153.jpg

御船のS邸。全員集合で現場打ち合わせの後、上棟式をしました。
a0156611_811127.jpg

現場の要の首脳陣、右から現場監督坂本さん、設計者直理さん、大工棟梁神代さん。
a0156611_838950.jpg

コーディネーター坂梨さんも参加で、室内の配線等の打ち合わせを、施主と一緒に。
a0156611_86832.jpg

S様の建築地は、ご実家の土地を譲り受けたもの。
なので、その土地をどう活かすかは、とても重要でした。
買う土地だったら、購入前に、設計者と色々相談しながらの検討が出来ます。

でも、私達に相談が来るときに、建築地が決まっている時は、「考えます」

最大限にその土地を活かし、快適な暮らしができる設計プランを。
その土地、そのご家族だけのための家づくりを。
設計者、直理さんは、Sさんの土地に立って考えました。
どこに座の空間を?どこに光を?どこに開放の窓を?

まだ、見えない御船の高台から見下ろす甲佐の田園風景を想像しながら。
きっと、この場所に、この設計をしたら、こんな暮らしが楽しめるはず!の構想。

出来た設計プランに、Sご夫妻も大感激。
そして、長い打ち合わせの時間を経て、今日は、嬉しい楽しい、上棟式。
a0156611_813895.jpg

心も体も温まった、奥様のお母様手づくりの豚汁。
a0156611_814519.jpg

美味しくて、おかわりしました。そして、ご主人のお母様のお煮しめも絶品。
「食」にどん欲な私は、話すのも忘れて、食べることに集中の時間でした。

S家の皆様
上棟式での、温かく、美味しいおもてなし、ありがとうございました。
設計に関しては、直理さんの「土地を活かす設計」の工事過程を楽しく見守って下さいね。
プロ達にしか分からない、小さなこだわりの積み重ねが「経年美の家」にはとても重要です。

今だけのことを考えた設計ではありません。ご家族で作る眺望と共に、心地よさがわかってくると思いますよ。月日を重ねながら。

設計、施工、性能、費用と効果、そして住環境との融合。
暮らし始めて「なんか心地いいよね」としみじみ感じてもらえるのが「空楽の家」です。

完成をお楽しみに。
そして、これからもよろしくお願い致します。
[PR]
by iepro | 2015-03-08 08:24 | 建築日和