くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

壁面を飾る書

稲田春逕(しゅんけい)先生主宰の寧々塾の新年会が昨夜ありました。
寧々塾は、ねえ!ねえ!と色んなことを見聞きしながら、大人の知的好奇心を高める楽しい会です。
春逕先生は空楽の家の表札も書いて下さる方です。
文字にはそれぞれ意味があります。
名字になった字の意味から教えて下さいますよ。
a0156611_92432100.jpg

昨年末に書いた生徒と先生の書を壁にかけての新年会。
a0156611_9253262.jpg

万町の川上酒店で美味しいお酒とお寿司とお鍋。
そして、自分たちの作品に酔いしれる時間でした。
私が書い文字は「日新」
a0156611_9275710.jpg

パネルにしたので、洋間の壁にもかけられます。

「日新」という言葉は、中国の古代国家殷の湯王が毎朝、青銅器に水を張って顔を洗った。
その器に書いてあった文字だそうです。

日々新たなり。
王が政治の世界で、民を新たにする(活力を与える)ためには、政治をつかさどる人も「常に新たな気持ちで」と毎朝、顔を洗う時意識できるように書いた文字だそうです。

現代の私にも、ぴったりの文字です。
我が家に自分の書いた好きな文字を飾る。上手下手は別として。
とても嬉しく、素敵なことだと思います。

稲田春逕教室
呉服町電停前 專立寺
お問い合わせは 春逕先生まで 090-1925-7908
[PR]
by iepro | 2015-01-24 09:35 | 楽しみ