くまもとの家to暮らし                              ファーレ通信 

iepro.exblog.jp

家創りの想いを伝える!

家族が暮らす家。
でも
家族それぞれの想いが同じとは限りません。
なので、最初は、その違いや共通点を確認することから始めてもらいます。
a0156611_19534977.jpg

住宅の専門書は買えば高いです。
「図書館で借りて色々見た中で、気に入った写真があったら附箋をしてみてください。
そして、コピーして「ライフスタイルブック」を作成すると、設計打ち合わせがとてもスムーズにいきます。」
と、Kご夫妻に伝えました。
そして、持参されたのがこの本たち。
キッチンやリビング、造作家具や照明、庭の風景。
Kご夫妻にとって「暮らす」のイメージが湧いてきたのではないでしょうか?!
a0156611_1958195.jpg

空楽の家創りは、既製服のような家を創るわけではありません。
住むご家族の想い、建てる場所をよく読みとって、そのご家族だけの設計プランを考える。
世界に一軒の家づくり。
なので、「会話」は重要です。家族と、設計者と。
初めての家創り。
何をどうしたら良いか?の質問も難しいはずです。
だから、雑談のような会話からで良いので、話しましょう!
a0156611_2032337.jpg

空楽の打ち合わせ室にある模型は、同じものがひとつもありません。
当たり前のことです。
「どこで、どう暮らしていきたいのですか?」
の質問からスタートした想いが、カタチになっています。

Kご夫妻へ
あの場所で、周辺の視線を気にしないで、くつろげる室内外の設計プランを直理さんに考えてもらいます。
しばらくお待ちくださいね。
2月は内覧会もあります。
そちらもご案内致します。

ご主人のビールを飲む椅子。
奥様の小説を読む椅子。
息子さんのアニメを読む椅子。
それぞれの椅子がリビングの各箇所に点在し、家族の気配を感じながら
個の時間も楽しむ空間。

どんな設計プランが出来るのか!私も楽しみです。
「個の椅子と集の居場所を楽しむ家」
[PR]
by iepro | 2015-01-19 20:09 | 打合せ風景